Search

検索したいワードを入力してください

犬が喜ぶ撫で方を紹介!リラックスできる部位と嫌がる撫で方

更新日:2020年08月08日

「犬が喜ぶ撫で方をマスターしたい」という方、必見です。この記事では犬の喜ぶ撫で方や、触られて気持ちよいと感じる体の部位についてご紹介しています。また併せて、犬の嫌がる撫で方やスキンシップを取る際の注意点についても解説しているので、ぜひご覧ください。

犬が喜ぶ撫で方を紹介!リラックスできる部位と嫌がる撫で方

犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性

愛犬とのスキンシップは飼い主さんにとって至福の時間であると同時に、犬にとっても必要不可欠なことでもあります。

ここではまず、犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性についてチェックしておきましょう。

犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性1:愛犬がリラックスできる

犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性としてまずご紹介したいのが、愛犬をリラックスさせることができるからということです。

犬の気持ちいところやツボを知り、それらをマッサージするように撫でてあげれば犬はストレスや緊張から解放され、リラックスして幸福感を得ることができます。

飼い主さんが犬の喜ぶ撫で方を知っていれば、それだけで愛犬にもっと幸福感と安心感を与えることができるでしょう。

動物病院など犬の緊張する場所に連れて行った時でも、気持ちよい撫で方を心得ていれば、愛犬の不安をうまく和らげてあげられるはずです。

犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性2:健康チェックができる

健康チェックができるというのも、犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性のひとつに数えられるでしょう。

普段から犬がうっとりするような撫で方をしてあげれば、犬は飼い主さんに触られても嫌がることはなくなるため、スキンシップを兼ねながら体に異常はないかのチェックができます。

たとえば毎日スキンシップをしているなかで、小さな傷やしこりなどに気づき、その状態が悪化する前の早い段階で動物病院に愛犬を連れて行くことが可能です。

つまり、病気を未然に防いだり悪化を防ぐことができるというのも、犬の喜ぶ撫で方をマスターしておくことの効能だと言えるでしょう。

犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性3:愛情表現ができる

犬が喜ぶ撫で方を知っておく必要性のひとつとして、愛情表現ができるということも含まれます。

大好きな飼い主さんにたくさん撫でられたいと思っている犬がほとんどですので、喜ぶ撫で方をマスターして犬にスキンシップをすることで、犬に「大好きだよ」「あなたのことが本当に大切だよ」という愛情をきちんと伝えることができるでしょう。

飼い主さんに愛されていることを日々のスキンシップを通して実感することで、犬は心身ともによりよい状態になれます。

犬を撫でるときの注意点

犬との距離をもっと縮めて愛情や絆を育むためには、正しい撫で方を知っておかなければなりません。

ここからは犬の撫で方で注意したいポイントをピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ以下を参考にしながら正しい撫で方をマスターしましょう。

犬を撫でるときの注意点

  • 寝ている時は睡眠の邪魔をしない程度で控えめに撫でる
  • ご飯を食べている時は撫でないようにする
  • おもちゃで遊んでいる時は顔回りを撫でない
  • 甘えてきた時は思いっきり撫でてあげる

犬を撫でるときの注意点1:寝ているとき

犬の撫で方の注意点としてまずご紹介したいのが、寝ている時にはあまり撫でないように心がけるということです。

添い寝をしながら犬がうとうとしている状態で優しく頭などを撫でてあげる分には問題ありませんが、犬がひとりで気持ちよさそうに寝ているところを「可愛いから」と言って撫でてしまうと、睡眠の邪魔をしてしまうことになります。

睡眠中に何度も人から触られると、犬は人に対する苦手意識を持ってしまいかねません。寝ている時はそっとしておきましょう。

犬を撫でるときの注意点2:ご飯を食べているとき

寝ている時だけでなく、ご飯を食べている時も犬を撫でるのは控えるというのも犬の撫で方の注意点のひとつです。

私たち人間が食事中に髪の毛や体を触られると嫌なように、犬も食事中に人に撫でられると不快に感じるからです。

よっぽど飼い主さんとの信頼関係ができていないかぎり、食事中に撫でられると犬は「ご飯を食べたいのに邪魔をされている」と感じてしまうでしょう。

犬を撫でたいからと言って犬の都合を無視して一方的に自分の気持ちを押し付けるのではなく、犬の気持ちを考慮した撫で方をしたいものです。

犬を撫でるときの注意点3:おもちゃで遊んでいるとき

犬を撫でるときの注意点のひとつとして、おもちゃで遊んでいる時は口回りはあまり撫でないようにするということも挙げられるでしょう。

まだしつけが完了していない子犬などの場合、おもちゃで遊んで興奮している時に撫でようとして口元に手をやると「おもちゃを取られる」と警戒してうなったり、最悪の場合にはこちらに噛みついてしまう可能性もあります。

おもちゃで遊んでいる時には頭や背中など、犬に警戒されない場所を撫でるようにしましょう。

また、上から手を持っていくと犬に警戒されてしまうので、横や下から手をゆっくり近づけるのが正しい撫で方です。

犬を撫でるときの注意点4:甘えてきたとき

次のページ:犬がリラックスできる撫で方

初回公開日:2019年08月26日

記載されている内容は2019年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related