Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターが「うんてい」するのはなぜ?その理由とやめさせる方法

更新日:2020年09月24日

うんていはハムスターにとって怪我の原因になりますので注意が必要です。飼っているハムスターがうんていをしていたら、うんていをやめさせるようにしましょう。本記事ではハムスターがうんていする理由とやめさせる方法をご紹介します。

ハムスターが「うんてい」するのはなぜ?その理由とやめさせる方法

ハムスターがケージでうんていをする理由4つ

ハムスターがうんていする主な理由は以下の4つとされています。うんていは重大な怪我の危険もある行為なので、うんていをしているのを見たらやめさせる対策が必要です。

うんていをする原因がストレスや運動不足にある場合もあります。

うんていが直接の怪我の原因にならなかったとしても、ハムスターの健康状態をよく観察して適切なケアをすることが大切です。
  1. お腹が空いているから
  2. 運動不足だから
  3. ストレスが溜まっているから
  4. ハムスターの習性だから

ハムスターがケージでうんていをする理由1:お腹が空いて餌が欲しい

ハムスターはお腹が空いていると、餌を欲しがってうんていをすることがあります。飼い主に対して餌がほしいというアピールをしている時なので、満腹になれば自然にうんていをやめさせることができるでしょう。

餌を与えようとするたびにうんていをするのが習慣化してしまうと危険なので、うんていをさせないよう早めに対策を取ることが必要です。

ハムスターがケージでうんていをする理由2:運動不足で運動しようとしている

運動が不足していると感じると、ハムスターはうんていをすることで運動不足を解消しようとすることがあります。ケージの中にいてもハムスターが適度に運動できるよう、環境を工夫してあげることが大切です。

ハムスターは頻繁に動き回りたがる動物なので、ケージを置く場所の都合で小さなケージになる場合は、ハムスターが遊べるようなおもちゃを設置すると良いでしょう。

ハムスターがケージでうんていをする理由3:ストレスが溜まっている

ハムスターはストレスが溜まると、限られたケージの空間から逃走しようとうんていをし始めます。うんていをしながらケージをかじる行動が見られる時もストレスに要注意です。

回し車や移動用のパイプなどの設備を整えてあげると、ハムスターがケージを広く感じられるようになり、ストレスが軽減されます。ハムスターが退屈しないようなケージを整えましょう。

ハムスターがケージでうんていをする理由4:ハムスターの習性

ハムスターの習性として、外に出ようとする気持ちが強いということがあります。ハムスターは砂漠も近い乾燥地帯が原産であることも多く、適度に広い場所を好みます。

広すぎる場所では警戒心が勝りますが、基本的には十分走り回れる環境が必要です。ケージが狭いと感じるとうんていをして外に出ようします。天井まで登れるケージや、一度脱走に成功したケージだと、うんていを繰り返すこともあるでしょう。

ハムスターがうんていをすることで起こる危険性とは

ハムスターがうんていをすることで起こりうる危険性にはどのようなものがあるでしょうか。金網に手足を挟んだり、高い位置まで登りすぎて落ちたりする危険性が考えられます。

ケージの高さや金網の幅によっては、うんていが原因で大怪我になることもありえますので、ハムスターに何か危険が及ぶ前に対処しましょう。

ハムスターがうんていをすることで起こる危険性1:ケージに手足を挟んで怪我

ケージはうんていすることを前提に作られているわけではないので、ハムスターがうんていをしてしまう場合は飼い主がきちんと対策を取らなくてはなりません。

ケージの金網に挟まって抜けなくなると、ハムスターは身動きが取れなくなってしまいます。ケージに手足がひっかかって、骨折といったひどい怪我を負うこともありますので注意が必要です。

ハムスターがうんていをすることで起こる危険性2:高い場所から落下して怪我

ハムスターは足掛かりになる場所があると天井まで登ってしまうこともあります。ハムスターは高いところに登れても下りるのが得意ではないので、うまく下りられずにいるうちに落下してしまう危険性が高いです。

ハムスターの骨はデリケートです。人間から見たら高くない場所でもハムスターにとっては重大な怪我の原因になりかねません。高いところまで登ってしまうようであれば、早急な対応が必要です。

ハムスターにうんていをやめさせる方法3つ

次のページ:ハムスターにうんてい対策ケージ2選

初回公開日:2019年07月30日

記載されている内容は2019年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related