Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターを飼う際の初期費用はいくら?飼育に必要なグッズ紹介

更新日:2020年09月24日

ハムスターを飼育する際の発生する初期費用は比較的安い特徴があります。初期費用が安くなる原因は生体代が安いからです。ここでは、ハムスターの初期費用を詳しく紹介しているため、ハムスターを飼育するためにはどのくらいの費用が必要なのか知りたい人は参考にしてください。

ハムスターを飼う際の初期費用はいくら?飼育に必要なグッズ紹介

ハムスターを飼う際どんな費用がかかる?

ハムスターを飼う際にかかる費用を把握しておくことで購入後に後悔してしまうリスクを下げることができます。初期費用と継続してかかる費用に分けられているため、把握しましょう。

ハムスターを買う際にかかる費用1:生体代

ハムスターの生体代は他のペットと比べるとかなり安く、初心者でも手軽に飼うことができるペットでもあります。

犬や猫などの場合は100,000円することも珍しくありませんが、ハムスターの場合は1,000円から3,000円程度の値段で購入することができます。

しかし、レアなハムスターを購入する場合はより多めの初期費用を用意しておく必要があります。レアなハムスターでは、10,000万円を超えることもあるため、覚悟しておきましょう。

ハムスターで有名なジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターも3,000円程度あれば購入できます。

ハムスターを買う際にかかる費用2:グッズ代

ハムスターを飼う場合は、さまざまなグッズを購入することでハムスターを喜ばせることができたり、快適な空間で過ごしてもらうことができます。

そのため、さまざまなグッズを購入する必要があり、初期費用が多くなってしまう原因にもなります。

グッズの幅は広いため、全てのグッズを購入してしまうと高額になってしまいます。一つ一つにグッズの値段は決して高くはなく、数百円の物から数千円の物まで幅広く販売されています。

必要なものだけ購入することで初期費用を少なくすることができます。

ハムスターを買う際にかかる費用3:餌代

ハムスターを飼育する際に初期費用のことを考えることも大切ですが、継続的にかかるエサ代のことも把握しておくことをします。

ハムスターの一か月のエサ代は200円から500円あれば十分です。そのため、他の動物と比べるとかなり安いエサ代になっています。

高級なエサも販売されていますが、さほど値段に大きな違いがあらわれることがありません。おやつ用とエサ用は大きな袋で販売されている場合が多く、一袋500円程度で購入することができます。

しかし、一匹だけに与える場合は一か月は余裕で持つ量になっています。

ハムスターを買う際にかかる費用4:砂代

ハムスターを飼育する際に砂代を忘れないようにしましょう。砂代はトイレの砂のことを示しており、清潔な状態を維持するためには必要不可欠なアイテムでもあります。

また、ハムスターは匂いが強い動物であるため、砂を使用しないと排せつ物の匂いが悪臭になってしまいます。

砂は毎日交換することが基本であるため、一か月の費用も多くかかるイメージがありますが、一か月300円程度と考えれば問題ありません。

上記でも紹介したエサ代と比べても1,000円以下で飼育することができ、初期費用だけではなく、維持費も安くすむ特徴があります。

ハムスターの初期費用はいくら?

ハムスターを飼育する際に初期費用がどのくらいかかるのか気になる人も多くいるのではないでしょうか。初期費用を把握しておくことで実際に飼うか諦めるかの判断材料にすることも可能です。
ゲージ代生体代グッズ代
購入した場合3,000~6,000円2,000~10,000円2,000~5,000円
自作した場合1,000~3,000円2,000~10,000円数百円~2,000円

初期費用は13,000円〜20,000円程度

ハムスターを飼育する際に初期費用は13,000円から20,000円程度用意していれば問題ありません。

レアな種類のハムスターを購入する場合は数万円アップしますが、一般的なハムスターの場合は上記に紹介した値段で十分たります。

初期費用で最も高い値段なものが生体代とゲージ代です。ゲージ代といってもピンからキリまでありますが、2,000~5,000円程度します。

ハムスターにかかる初期費用は他のペットと比べると安く、子供でもお小遣いをためることで用意することも可能です。
次のページ:ハムスターを飼うために必要なものや価格は?

初回公開日:2019年08月02日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related