Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターの散歩の仕方は?散歩時間とサークルの作り方とは?

更新日:2020年09月24日

ハムスターを飼う時は「正しい知識を知り、安全に散歩させる」必要があります。では「散歩の仕方」とはどんなものでしょうか、また「してはいけないこと」があることをご存知でしょうか?散歩時間とサークルの作り方などを、例を挙げてご紹介いたします。飼う前に必見です。

ハムスターの散歩の仕方は?散歩時間とサークルの作り方とは?

そもそもハムスターは散歩しなくても大丈夫?

小さな動物である「ハムスター」は大きめのケージがあれば、散歩する必要はないと思われます。

しかし「ハムスター」にとっては、ケージの外に出て毎日散歩するということは、特別な意味があります。

ハムスターを散歩させる理由

「ハムスター」には散歩をさせる必要がなぜあるのか、その理由を考えてみますと、そこには生存をかけた理由がありました。

現在、動物学で考えられている理由をできる限りあげてみましょう。そこには彼らなりの都合があります。

ハムスターを散歩させる理由1:ストレス解消のため

ハムスターを散歩させる必要のある理由は一番に挙げられるのは「ストレス解消のため」です。

なぜストレスがたまるのかというと、「運動不足」でイライラするのではありません。別の理由からです。

彼らの習性がその理由です。彼らは「テリトリー」の奪い合いを絶えずやっていて、自分の「縄張り」が脅かされるという「警戒心」を持っています。

そのために常に「散歩」をして自分の生存に必要な「テリトリー」を確認しなければなりません。

このように「見回り」をして確認をしていれば、彼らは安心し「安らかな毎日」を送れるからです。

ハムスターを散歩させる理由2:恐怖心を減らすため

ハムスターを散歩させる理由の2つめは「恐怖心」を減らすためです。「恐怖心」というものはこの小さな動物の命をも脅かします。私達よりもダメージが大きいです。

そのため、特に「敵の攻撃」には敏感です。この「恐怖心」はからだをブルブルと振るわせるところからもうかがえます。

これが固体を殺すには至らなくとも「生命力」を弱らせるには十分な力であることは明白です。

ハムスターを毎日散歩をさせることは、ストレスを減らし「健康維持」のためでもあります。

このように「散歩時間」というのは大切なものであることが解ります。

ハムスターを散歩させる理由3:危機管理や防御反応のため

そうすると「危機管理や防御反応」を維持することが、彼らの「心の健康」に良い影響を与えることが解ります。「不安を与えるような生活」をさせないことが大切です。

そうして「自己」を守る「防衛反応」が正常に培われ「一人前」の個体が養われます。

成長するにはたくさんの経験が必要です。ハムスターを囲いに閉じ込めて、散歩させないのは天の摂理に逆らうことになります。

ハムスターの散歩の前に確認したいこと

ハムスターの散歩の前に、確認しておくべきことがあります。知っておかないと、思わぬ事故やハムスターのストレスの原因になることがあります。

それさえ知っておけば、あとはそれを習慣的に守ればいいだけです。

ハムスターの散歩の前に確認したいこと1:散歩時間・頻度は?

ハムスターの散歩の前に確認したいことの第一は「散歩時間」と「散歩の頻度」です。時間については諸説ありますが、おおむね「30分前後」がよいです。

長すぎてもハムスターが疲れますので、注意が必要です。「散歩の頻度」は一日一回で十分ですので、やはりこれもあまり多すぎてはいけません。

散歩を行う時間帯はこれも「定時刻」がよく、朝なら朝、夜なら夜と一日のリズムを作ってあげましょう。

人間と同じで決まった習慣が、ハムスターの一日のスケジュールを作り、健康的な生活を維持します。

ハムスターの散歩の前に確認したいこと2:散歩の場所は?

普段いる所から違う環境に行くのですから、急激な「変化」に気をつけます。特に「寒い所」での散歩は禁物です。

一度「寒い目」に合うと「散歩そのもの」に恐怖を感じ、散歩したがらなくなります。

してがって、ハムスターの住処と同じ温度の「部屋の中」や室温と変わらないような季節を選んで「囲いのある庭など」で散歩させます。温度としては「15度~20度」くらいがよいです。

基本的には「野生のハムスター」は巣穴より15メートルくらいが勢力範囲なので、部屋の中でも十分です。
次のページ:ハムスターの散歩の仕方

初回公開日:2019年07月30日

記載されている内容は2019年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related