Search

検索したいワードを入力してください

犬が吠える理由と心理とは?吠え方別のしつけ対策法を徹底解説

更新日:2020年09月09日

犬が吠えるのには必ず理由があります。犬の気持ちがわかることで、さらに犬とコミュニケーションがとれるようになります。この記事では、犬の吠え方の特徴としつけ方法をご紹介します。これから犬を飼うという方はもちろん、すでに飼っている方もぜひチェックしてみましょう

犬が吠える理由と心理とは?吠え方別のしつけ対策法を徹底解説

吠え方別!吠える犬の理由や心理とは?

犬にとって吠えることはコミュニケーション手段の一つで、感情を表すための大切な行動です。しゃべることができない犬にとっては、言葉の代わりです。

犬が吠えるのには必ず理由があります。この記事では、鳴き声でわかる犬の気持ちを解説します。

なぜ吠える?犬の心理とは?

  • 嬉しい/楽しい/大好き
  • 怖い/不安
  • 寂しい
  • 嫌だ/近寄るな
  • 痛い
  • 遊んでほしい/おやつが欲しい

高い声で吠える:自分の弱さをアピール

基本的に、犬は嬉しい時や興奮している時に高い声で吠えます。飼い主さんが外出先から帰ってきた時など、尻尾を振って高い声で吠えながら駆け寄ってきたりすることがあるでしょう。

これには、飼い主が帰ってきて嬉しいという気持ちと、寂しかったと訴える気持ちが込められています。

ただし、高い声で一回だけ「キャン!」と鳴く時には、身体の痛みや辛さを訴えていることもあります。

身体を触ったり抱き上げたりした時に鳴くようであれば、どこか身体に異変がないかを確認し、異常があればすぐ病院に連れていきましょう。

低い声で吠える:自分の強さをアピール

低い声で吠えるときは、警戒心や敵意の意味があります。来客があった時や見知らぬものに気づいた時などに低い声で吠えることがあります。

また、散歩中にほかの犬に対して自分の強さをアピールするために低い声で吠えたり、人や犬などから嫌なことをされた時に「やめて!」という気持ちを伝えるために吠えます。

注意したいのは、低い唸り声を出す時です。「あっちに行け!攻撃するぞ!」という威嚇や警告の意味があります。この時には実際に攻撃行動に移らせないよう注意が必要です。

大きい声で吠える:相手に強がっている

大きい声で吠える時は自己主張が強い時です。「こんにちは!」「遊んでよ!」「ちょうだい!」「ビックリした!」など、自分の気持ちをはっきりアピールする時に大きい声で吠えます。

また、楽しく遊んでいる時に興奮して大きい声で吠えることがあります。

他にも、インターホンが鳴った時や不審な人や苦手な犬に会った時、聞いたことのない音や異変を感じた時にも大きな声で吠えます。

小さい声で吠える:それほど強がってはいない

小さい声で吠える時は、飼い主さんに甘えたい・服従・寂しい・不安などの気持ちが込められています。

「ク~ン」というかすかな鳴き声で飼い主さんに寄っていく時などは、特に甘えたかったり寂しがっている時でしょう。

もしも、弱々しく「ク~ン」と鳴きながら尻尾が下がりきってガタガタ震えているようであれば、極度の恐怖を感じている可能性があります。何が原因かを確認したほうがいいでしょう。

速いテンポで吠える:興奮している

速いテンポで連続して吠えるのは興奮している時です。楽しく遊んでいたり、好奇心で夢中になっている時に速いテンポで吠えます。

その他に、警戒している時にも速いテンポで吠えます。明らかに外敵と思われる不審者や侵入者を発見した時には、危険を察知して比較的低い声で連続して吠えます。

犬が必要以上に興奮している状態の時は、落ち着かせる必要があります。

遅いテンポで吠える:落ち着きながら要求している

遅いテンポで吠える時は、比較的落ち着いている状態で何かを要求している時です。

あまり急を要する状態ではないので、犬が何を要求しているのかを、飼い主さんがしっかり観察してあげましょう。

飼い主さんが愛犬としっかり向き合うことで、要求している内容がわかるようになります。

常時吠える:吠え親分だと思っている

吠え親分になるのは子犬の時期に要因があります。子犬を迎えられるのは早くて生後2ヶ月からです。迎え入れてすぐに始めることが「犬の社会化」です。

犬の社会化とは、いろいろな人と触れ合ったり車や自然の音を体験させるなど、人間社会に慣れさせることです。この社会化がうまくできていないと、常時吠える犬になってしまいます。

いろいろな人や物と触れあうようにし、「大丈夫だよ。怖くないよ」ということを教えることで、警戒心や恐怖心が減り、無駄吠えをすることがなくなります。

留守番中に吠える:縄張りを守る

犬が留守番中に吠えるのは、自分の縄張りを守るための行動です。聞きなれない物音がしたり異常だと思った時に「誰だ!来るな!」という意味で吠えます。

住宅密集地やマンションに住んでいる場合は、近所迷惑になってしまうので、できる限り吠えないようにしつける必要があります。

留守番をさせる前に、散歩に連れて行ったりいっぱい遊んであげたりして、犬をぐっすり眠らせるという方法も有効です。
次のページ:犬が吠えるのをやめさせる方法

初回公開日:2019年08月20日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related