Search

検索したいワードを入力してください

犬は涙を流して泣くの?悲しいときの犬の気持ちがわかる仕草6選

更新日:2020年09月09日

人間が悲しいときに涙を流して泣くように、犬も涙を流して泣くことがあります。犬も喜び、悲しみ、怒りなどの感情を持ち、それを表情や尻尾を振ったりすることで表現します。犬が悲しいときに涙を流すことも犬にとってはごく自然な感情表現です。

犬は涙を流して泣くの?悲しいときの犬の気持ちがわかる仕草6選

犬は悲しい時に泣くのか?

犬は涙を流して泣くの?悲しいときの犬の気持ちがわかる仕草6選
犬が涙を流してなく画像や動画を目にすることがあります。犬が涙を流すのはかわいそうな光景です。犬も人間と同じように悲しい時に泣くと考えている飼い主はたくさんいます。

どんな時に犬は泣くのか理由をまとめてみました。悲しい時にだけ泣くのか、他の理由はないのかこの機会に確認してみてください。

目の保護のために泣く

犬が泣くのは、目の保護ためです。埃っぽい場所や目にゴミが入ってしまったときは泣くことで目からゴミを洗い流しています。

このほかにも、空気が乾燥している時には泣くことはなくても、涙の量が増えて涙目になることがあります。犬が泣くときは犬にとっては過酷な環境になっている可能性があるので、屋外にいるのであれば屋内に入れてあげましょう。

悲しみと涙は関係がない

犬が泣くのを見るのは心が痛む光景です。ですが、悲しみと泣くのは関係がありません。犬が泣くのは目を保護するのが目的ですので、犬の気持ちを心配する必要はありません。

犬が泣いているのは悲しいからと考えてしまうと対応を間違えてしまう可能性があります。

涙目になる時には、環境が犬にとってか国になっている証拠のため、場所を移動してあげる必要があることを覚えておきましょう。

悲しいという感情はある

犬にも悲しいという感情があることを覚えておきましょう。

泣くのと悲しみは関係ありませんが、悲しいという感情が無いわけではありません。悲しそうに見えた時には、何か理由があります。

犬が悲しいと感じるポイントの多くは、飼い主と家族に関わることです。コミュニケーションを十分にとり、幸せに暮らせるように配慮することが大切です。

他の方法で感情表現をする

犬にとって、泣くと悲しいという感情は関係ありませんが、他の方法で感情表現をします。

犬は感情表現をするときには、体全体を使って表します。遊びに誘いたい時には上半身を倒してお尻を持ち上げた半分伏せをしたような体制を取ります。

怖い時には尻尾を内またに挟んで、縮こまってしまいます。

悲しい時にも動作を使って、表現をするので見落とさないようにしてあげましょう。

犬が悲しいと感じる時

犬は涙を流して泣くの?悲しいときの犬の気持ちがわかる仕草6選
犬は悲しい時に泣くわけではありませんが、悲しいという感情はあります。犬が悲しいと感じる時はどんな時なのか、まとめてみました。

人間よりも短い寿命を幸せに過ごしてもらうためにも、できるだけ悲しませないようにしましょう。

悲しくなる場面について理解して、対応してください。

悲しいと感じる場面

  1. 期待外れのことが起きた時
  2. 喪失感を味わった時
  3. お留守番させられる時

期待外れのことが起きた時

犬が悲しいと感じる場面の一つが「期待外れのことが起きた時」です。

散歩に連れて行ってくれそうだったのに、何か用事ができていけなくなったり、おやつをくれそうだったのになしになったりすると、「期待外れのことが起きた」と犬は感じてしまします。

期待外れのことが起きると犬は悲しいと感じてしまいます。期待していたことが楽しみであればあるだけがっかりします。

喪失感を味わった時

犬は喪失感を味わったときに悲しいと感じます。

お気に入りのおもちゃやぬいぐるみがなくなってしまったとき、隠していた宝物が見当たらなくなってしまったとき、大好きな家族がいなくなってしまった時に喪失感を感じます。

いろいろな事情で喪失感を味合わせてしまうことはありますが、できるだけ減らしてあげたいです。

お留守番させられる時

次のページ:泣く以外で悲しさを表現する犬の仕草6選

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related