Search

検索したいワードを入力してください

これで完璧犬と新幹線に乗る5つのマナーと注意点席ご紹介

更新日:2020年09月12日

ペットや愛犬と一緒に、新幹線で出かけたいと思ったことはありませんか。ペットや愛犬と一緒に新幹線を利用するためのマナー、必要なもの、料金、席などをまとめてみました。大切な家族とともに楽しい旅行を過ごすため、ぜひ参考にしてみてください。

これで完璧犬と新幹線に乗る5つのマナーと注意点席ご紹介

ペットは一緒に新幹線に乗せられる?

ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始など、ペットと一緒に新幹線を使って帰省や旅行をしたいけれど、どうしたらいいのかわからず、不安に思ったことはありませんか。

電車や新幹線への動物持ち込みは、規定で定められた小動物に限り許可されています。さまざまな規定はあるのですが、指定料金を払えば、一緒に新幹線に乗車することが可能です。

ペットカートだけではNG

ペットカートに乗せてさえいれば、愛犬と新幹線に乗ることができるかというと、そうではありません。

一般的なペットカートの寸法では、規定のサイズを超えてしまうため、利用できない可能性が高いです。ただし、ケースとカートを分離できるタイプのものであれば、利用できる場合もあります。

ペットカートを利用したい場合は、仕様を十分確認するようにしましょう。

犬と新幹線に乗る時の5つのマナー

性別や世代を問わず、さまざまな人が駅や新幹線を利用します。

動物やペットが好きな方ばかりではありません。また、体質的に動物に対して拒絶反応を示してしまう方への配慮も必要になります。

せっかくの楽しい旅行が、悲しいものになってしまってはよくありません。愛犬が他の方に危害を加えたり、迷惑を掛けたりすることのないように、しっかりとマナーを守りましょう。

犬と新幹線に乗るマナー1:乗車する前にトイレを済ませておく

愛犬と一緒に新幹線に乗車する際は、必ず事前に愛犬のトイレを済ませておきましょう。

長時間トイレを我慢していると、人間と同じように膀胱炎などの病気になってしまう恐れがあります。可能ならば新幹線に乗車する直前に、トイレを済ませることができれば理想的です。

不安な場合、愛犬にマナーパンツを着用させるという方法もあります。

犬と新幹線に乗るマナー2:ペットだけで座席に置かない

たまたま空いているからといって、ペットの入ったキャリーケースなどを隣の座席の上に置いたり、ペットだけで座席に置いたりしてはいけません。

支払ったのは手回り品としてケースにかかる手荷物料金だけで、座席料金ではありません。また、JRの規定では、1人で2人分の切符を購入して使用することはできないと定められています。

あまりに目にあまる場合、乗車拒否されてしまってもおかしくありません。まわりに迷惑となる行動はやめましょう。

犬と新幹線に乗るマナー3:愛犬をケースから出さない

愛犬と新幹線での移動中、ずっとケースの中にいれておくのはかわいそうだからといって、ケースから出してはいけません。

車内には、老若男女さまざまな方がいらっしゃいます。動物が苦手な方、体質的に受け付けられない方もいらっしゃるでしょう。そんな方たちへの配慮を忘れてはいけません。

愛犬が誰かに迷惑をかけることを防ぐためにも、ケースから出すことは絶対にやめましょう。
次のページ:新幹線に乗る時の必要なグッズ4選

初回公開日:2019年08月06日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related