Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターとの夏をエアコンなしで乗り切る方法|旅行中の暑さ対策

更新日:2022年06月30日

ハムスターがエアコンなしで夏を乗り切る事ができるのかどうか、ハムスターをはじめて飼う方にとって、ハムスターの生活環境を整えてあげる事は重要なポイントです。エアコンは夏の暑さを乗り切るためにハムスターとって必要かどうか、夏を乗り切るアイテムもご紹介します。

ハムスターとの夏をエアコンなしで乗り切る方法|旅行中の暑さ対策

ハムスターはエアコンなしでも生活できる?

ハムスターはエアコンなしで夏を乗り切る事ができるのか、長期休暇の間に家を留守にする場合も想定し、どのようにしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ハムスターが夏にエアコンなしでも生活できるのか考えていきましょう。

ハムスターは体温調節が苦手

野生のハムスターとは違い、飼育環境にあるハムスターは体温調節が苦手なため、夏は寒暖差にも気をつけなければいけませんし、エアコンなしではハムスターが弱ってしまう可能性もあるでしょう。

人間の赤ちゃんが体温調節が苦手なように、飼育下にあるハムスターも体温調節ができないため、夏や冬には飼い主がエアコンなどで快適な室温を保ってあげる必要があります。

エアコンなしで夏を乗り切る事ができないわけではありませんが、熱中症になってしまう危険性も考えられるのではないでしょうか。

扇風機は要注意!

夏を乗り切るために、エアコンではなく扇風機でもよいのではないかと考える方もいらっしゃいますが、扇風機の風は直接あたりすぎる事で体温を急激に下げてしまう事があります。

扇風機でも夏を涼しく過ごせる事は過ごせますが、直接風にあたりすぎる事は人間にとってもハムスターにとっても良い事ではありません。

体温が急に下がるだけではなく、直接風があたり続ける事によってストレスを感じる事もありますので、扇風機を使う時はあくまでも空気を動かす換気の意味でおこなってみて下さい。

エアコンなしでも工夫できることはたくさんある

暑すぎる夏を快適に過ごすためには、エアコンが必要不可欠ですが、エアコンなしでもハムスターの生活環境を工夫して過ごしやすくしてあげる方法はたくさんあります。

エアコンを付けないのであれば、ケージを通気性の良いタイプに変えてみる事や、涼しさを感じさせてくれるようなグッズを活用してみても良いでしょう。

ハムスターがエアコンなしでも長く快適に暮らせるようにさまざまな工夫をして、ハムスターにストレスを与えないように細心の注意をした環境を提供してあげてください。

夏にハムスターがエアコンなしで生活する方法

ハムスターと夏にエアコンなしで生活するためにできる事を考えてみましょう。ハムスターは寒暖差に弱い動物ですので、エアコンなしで夏を乗り切るのは難しい部分もありますが、夏の生活にエアコンなしでできるだけの対策をしておく事はできます。
エアコンなしで生活する方法費用涼しさの度合い
涼しい場所にケージを置くかからない日当たりの良い場所よりは涼しい程度
保冷剤を使う購入する場合は1,000円前後かなり涼しい
ペットボトルを凍らせる購入する場合は150円前後かなり涼しい
陶器素材のハウスにする2,000円前後熱がこもらず涼しい
大理石を使う2,000円前後ひんやりして涼しい
グッズを使うグッズによってさまざま何もしないよりは涼しい

夏にハムスターがエアコンなしで生活する方法1:涼しい場所にケージを置く

ハムスターのケージはいつもどのような場所においているでしょうか?エアコンなしで生活するための対策として、ケージの場所を涼しい場所に設置する事も大切です。

直射日光の当たらない涼しい場所へ移動させ、風のとおりを良くすることで、エアコンなしでもハムスターが暮らしていける温度を保つ事ができる可能性があります。

日が当たる場所に比べてもひんやりとした場所にケージをおく事は、冬の寒い日をのぞいても、ハムスターが体調を崩すことなく過ごす事ができる場所です。

夏にハムスターがエアコンなしで生活する方法2:保冷剤を使う

エアコンを使わずに夏を乗り切るための方法として、保冷剤を活用する事もです。ケーキやアイスを購入した時についてくる保冷剤ではなく、ホームセンターなどで購入する事ができるアウトドア用の四角い保冷剤がいいでしょう。

保冷剤をハムスターが齧ったり食べたりしないようにするしなければいけません。ケージの上に置いておけば冷気が下へと移動しますが、水滴が滴らないようにタオルなどを巻いておく事も必要です。

夏の時期は溶けやすくなりますので、溶けてしまった保冷剤はすぐに別に凍らせておいた保冷剤に交換するようにしましょう。

夏にハムスターがエアコンなしで生活する方法3:ペットボトルを凍らせる

使用済みのペットボトルに水を入れて凍らせて保冷剤替わりに活用する事もできます。ペットボトルの場合、結露などに注意しなければいけません。

ペットボトルの水は保冷剤とは違い、溶けやすく結露を起こしやすい素材となっています。そのためタオルで巻いて結露を防ぐ事も大切になるでしょう。

他にもペットボトルの場合、溶けたまま放置しておくとペットボトルの水が温まってしまい、冷やすつもりが逆に温めてしまう事にもつながりかねませんので、ペットボトルを使って冷やそうとする場合注意が必要です。

夏にハムスターがエアコンなしで生活する方法4:陶器素材のハウスにする

次のページ:夏に旅行に行くとき、ハムスターを置いて留守にしても大丈夫?

初回公開日:2019年08月07日

記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related