Search

検索したいワードを入力してください

フルーツコウモリをペットにしよう|飼い方や値段なども紹介

更新日:2022年08月03日

みなさんはコウモリをペットにできることを知っていますか?フルーツコウモリはコウモリの中でも飼育が可能な種になります。この記事ではフルーツコウモリの体長や寿命などの基礎知識から飼育方法まで詳しく解説しています。コウモリをペットにしたい方は是非一読ください。

フルーツコウモリをペットにしよう|飼い方や値段なども紹介
みなさんはフルーツコウモリをペットにできることをご存じですか?コウモリは吸血鬼のモチーフとして使われ、血を吸う印象があり怖いなと感じる方も多いのではないでしょうか?しかし、そんなコウモリの中でもフルーツコウモリという種類は主食が果物です。

この記事では、フルーツコウモリを飼うために必要な基礎知識を解説しています。フルーツコウモリの生態から、値段、飼育に必要なアイテムまで、飼育にまつわる情報が詰まっています。

この記事を読むことでフルーツコウモリに詳しくなるため、ご自宅で適切に飼育をすることが可能になるでしょう。

ぜひ変わったペットを飼ってみたい、コウモリに興味があるといった方は最後までご覧ください。

フルーツコウモリの生態

フルーツコウモリはオオコウモリの一種で、フルーツコウモリではなくオオコウモリと総称して呼ばれることもあります。

ここでは、フルーツコウモリの体長・生息地・寿命などの基礎知識だけでなく、オオコウモリの歴史についても触れていきます。

体長

フルーツコウモリの体長は約80~90cm、体重は約400~550gになります。

大きさの割に体重が軽いのは、空を飛ぶために体が軽量化されているからです。

日本でよく見られるアブラコウモリなどのココウモリと比較すると、かなり大きなサイズになります。ココウモリのサイズをイメージして飼うと、かなりギャップが感じられるでしょう。

生息地

フルーツコウモリは世界各地の亜熱帯地方に生息しています。

日本にも生息しており、小笠原諸島や沖縄で見られるようです。小笠原諸島のオガサワラオオコウモリは絶滅の危機に瀕しており、現在保護活動が行われています。

ペットショップにいるのは外国種のフルーツコウモリということになりますが、現在コウモリの輸入が禁じられているため、ペットとして流通するのは国内で繁殖した個体になります。

歴史

「分類学の父」とも呼ばれるスウェーデンの学者、カール・フォン・リンネはコウモリを分類しました。

脳と視神経の接続の違いから、「オオコウモリは霊長類、ココウモリはネズミから進化した」と提唱し、コウモリは2系統に分けられたのです。

現在では調査が進み、コウモリはオオコウモリもココウモリも同じ系統で進化したと判明したため、分類がやり直されました。

寿命について

野生のフルーツコウモリの寿命は10年ほど、飼育されている個体は約15~20年生きるとされています。

飼育環境が適切で、餌の与え方など理解していればとても長生きする生き物です。

最長で31年生きたコウモリもいるため、飼育の際にはそれだけ長い間ペットのお世話をできるかどうか考える必要があります。

オオコウモリとココウモリの違いとは?

フルーツコウモリはオオコウモリですが、私たちが日本で目にする野生のコウモリはココウモリです。オオコウモリは大翼手亜目、ココウモリは小翼手亜目と分類も異なります。

ココウモリは音の反響によって周囲の位置関係を把握するため、視覚に頼らず聴覚が発達しています。

オオコウモリは逆に視覚で周囲の状況を把握するため、ココウモリと比較すると耳は小さめで、目は大きめのサイズになっているようです。

フルーツコウモリはペットにできるのか

フルーツコウモリの基礎知識を解説してきましたが、本当にペットとして飼うことができるのでしょうか。

野生のコウモリはペットとして飼育するのを禁止されていますが、ペットとして販売されているフルーツコウモリは飼育することができます。

ペットとして飼育できるのはオオコウモリの一部の種類で、ココウモリは飼育できません。

ペットにするメリット

フルーツコウモリをペットにするメリットは、人間になつくという点です。

犬や猫ほどまでなつくのは難しいですが、毎日お世話をしてコミュニケーションをとることを繰り返していると、飼い主だと認識してくれるようになります。

オオコウモリは視覚が優れているので、飼い主の顔を見て近寄ってくれたり、撫でるなど体に触れることも許してくれます。
次のページ:フルーツコウモリの販売場所と値段

初回公開日:2022年08月03日

記載されている内容は2022年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related