Search

検索したいワードを入力してください

子猫の飼い方|初心者/ケージ/室内/2匹以上/マンチカン

更新日:2022年09月08日

空前の猫ブームの中、猫との暮らしに憧れている方は多いでしょう。猫を飼育することは、ひとつの命を預かることです。とくに子猫の飼育には、最前の注意を払わなければなりません。子猫を飼育するために、必要な心構えを確認しておきましょう。

子猫の飼い方|初心者/ケージ/室内/2匹以上/マンチカン

子猫の飼い方

いま、日本には過去に例を見ない程の、空前の猫ブームが到来しています。流行の猫動画をウォッチしたり、猫カフェに通ううちに、猫と暮らしてみたいと考えるようになった方もおられるのではないでしょうか。

これから猫を飼育したいと考えている方は、猫の飼育方法や心構えを確認しておきましょう。そして、自分の生活環境を照らし合わせて、よく検討することが大切です。

子猫の室内での飼い方

子猫が外出をすると、事故に遭遇したり、病気にかかるリスクが高まります。万一の場合には、命を失ってしまうこともあり得ます。これから新しく子猫を迎える方は、完全室内飼いをすることを心がけましょう。

猫は狭いエリアでも生活できる

完全室内飼いは、狭い場所に閉じ込めているようでかわいそうだと感じる方もおられます。しかし、猫はテリトリーを決めて生きる動物です。広い場所を移動することよりも、自分のテリトリー内を自由に動き回れることの方が、猫にとってははるかに重要なことなどです。

ワンルームマンション程度の広さでも、自由に動き回れて運動ができるスペースを確保すれば、問題はないとされています。人間にとっては手狭なワンルームマンションでも、子猫にとっては十分な広さです。

猫のテリトリー意識を大切にする

家の中のどの部屋でも自由に歩き回れるようにしていたのに、飼い主の都合で、突然、入ってはいけない部屋を決めると、子猫が飼い主の目を盗んで忍び込むというようなことが起こってしまいます。そんな時、子猫を叱るのは筋違いでしょう。

猫はテリトリーを決めて生きています。それは、大人の猫でも子猫でも同じです。これまでは自分のテリトリーだと認識して暮らしていたエリアが、突然、子猫にとって関係のない事情で狭くなることは、子猫にとっては理不尽なことです。これまでと同じように、自分のテリトリーのエリアに入ろうとするのは、自然な行動です。

飼育エリアを決めておく

猫のテリトリー意識に関する混乱を防ぐためには、子猫を飼い始める前に、子猫が入って良いエリアをよく検討しましょう。同居の家族が居る場合には、猫アレルギーの家族の寝室や、大切な物が保管されている部屋には入れないなど、家族でルールを話し合っておくと良いでしょう。

事故防止のために部屋を片付けよう

子猫は走り回ったり、高い場所に登りたがる習性があります。子猫の安全と事故防止のために、部屋は片付けておきましょう。

本や雑誌を机の上に平積みにすると、子猫が登って崩れ落ちてしまうことがあり、大変危険です。脱いだ洋服は、すぐにクローゼットにしまいましょう。子猫の爪が引っかかり、大切な洋服の生地を痛めてしまいます。使用したものはすぐに収納して、整理整頓を心がけましょう。

ケージでの子猫の飼い方

子猫の月齢が若すぎる場合や、怪我や病気の治療のために、一時的にケージに入れて飼育する場合もあるでしょう。ケージから出られないことが、ストレスになるのではないかと心配する方もおられますが、元来、猫には狭い場所を好む習性があります。

一般的に、室内飼育用として販売されているケージの大きさがあれば、問題はありません。飼い猫のサイズに適切なケージを選びましょう。横幅だけでなく、上下に移動が可能な高さのあるケージを選ぶことがです。

年齢別子猫の飼い方

子猫の飼育には、細心の注意を払います。人間に置き換えると、乳幼児にあたる時期です。体調の変化があれば、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

本来であれば、母猫や兄弟猫と過ごし、生きていくための習性を学ぶ時期です。飼い主は、母親代わりのような気持ちで子猫に接しましょう。
次のページ:初めての人に子猫の飼い方

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related