Search

検索したいワードを入力してください

スコティッシュフォールドの値段とは?特徴や相場価格を徹底解説!

更新日:2022年09月08日

スコティッシュフォールドは垂れた耳がチャームポイントの猫ですが、すべてのスコティッシュフォールドが折れた耳をしているわけではありません。スコティッシュフォールドの値段を決定しているのか耳の他にもいろいろな要素がありますが、それらを把握して飼ってみましょう。

スコティッシュフォールドの値段とは?特徴や相場価格を徹底解説!
スコティッシュフォールドの購入手段としては、ペットショップで購入するほかにも、スコティッシュフォールド専門のブリーダーで探す、里親になるという方法があります。3つの方法はどれも一長一短があります。

ペットショップで購入する

スコティッシュフォールドを購入する方法として、一般的なのがペットショップから購入する方法です。可愛いスコティッシュフォールの子猫を見ると、思わず衝動買いしそうになりますが、猫の様子をしっかりと観察して、疑問に感じることはスタッフに質問してみましょう。

ペットショップで猫を購入する場合は衝動買いは避けて、信頼できるお店を選ぶようにしましょう。

ブリーダーにお願いする

スコティッシュフォールドを購入するのに方法は、専門のブリーダーを探して希望の子猫を譲ってもらえるようにお願いすることです。スコティッシュフォールドはの猫種なので、子猫を希望する場合はしばらく待たなくてはならないことがあります。

また劣悪な環境で猫を飼育しているブリーダーもいますので、信頼できるブリーダーを口コミなどで探すことも必要になります。

里親になる

もう一つの購入方法は、スコティッシュフォールドの里親になる方法です。里親になるには里親募集サイトをインターネットで検索したり、猫の譲渡会に参加したりすると、スコティッシュフォールドの保護猫に出会えることもあります。

また保護猫カフェにもスコティッシュフォールドがいることもあります。里親になるには基本的には費用はかかりません。しかし年齢や家族構成など、厳しい条件がつけられることがあります。

スコティッシュフォールドを安い値段で入手する際の注意点

スコティッシュフォールドをペットショップやブリーダーから購入するとき、値段が相場よりも安いことがあります。その場合は何らかの事情があって安くなっていますので、その理由をしっかりと確認してから購入するかどうかを決めましょう。

血統書つきか確認する

スコティッシュフォールドを購入するときは、必ず血統書がついているかどうかを確認するようにする必要があります。血統書とはその猫が高級であることを証明するものではなく、両親がどういう猫なのか、猫の毛色や目の色、生年月日などが詳しく記載されています。

そして、もちろん猫種も記載されていますので、値段の高い安いに関わらず、血統書がないとスコティッシュフォールドであると証明するものはありませんので、しっかりと確認することが必要です。

飼育環境をチェックする

スコティッシュフォールドを購入するときは、できればその猫がどういう環境で育っていたかをチェックするようにしましょう。中には粗悪な環境で育ってきた猫もいますので、できるだけ両親や兄弟たちとのびのびと育ってきた猫を選ぶようにしましょう。

長い間一緒に暮らすことになる猫ですので、たとえ値段が安くても、ペットショップやブリーダーでスコティッシュフォールドを購入する場合は、可能な限り飼育環境を確認して納得してから購入するようにしましょう。

飼育している人に専門知識があるか様子をみる

安い値段であってもスコティッシュフォールドを扱っているペットショップやブリーダーで、猫に関する専門知識に乏しいところから猫を迎えることがないようにしましょう。こちらが疑問点にしっかりと答えてくれて、納得できた場合のみ、子猫を迎えるようにしましょう。

スコティッシュフォールドはなかなか安い値段では手に入りませんが、安く販売されているときには値段だけで決定せずに、その理由に納得してから購入するかどうかを決めることが大切です。

スコティッシュフォールドの値段を把握して飼ってみよう

スコティッシュフォールドはとてもがあって可愛く飼いやすい猫です。折れた耳がトレードマークの猫ですが、実は耳が折れている確率はそれほど高くありません。

スコティッシュフォールドの値段を決定しているのは、垂れ耳かどうか、長毛か短毛か、子猫かどうかなどがポイントとなって決定されています。スコティッシュフォールドの子猫を迎える場合、どうしてその値段になっているのかを把握してから迎えるようにして、可愛いスコティッシュフォールドと長く一緒に暮らしていくようにしましょう。

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related