Search

検索したいワードを入力してください

猫がお腹見せる理由とは?お腹を見せる行動の意味と気持ち|お腹の撫で方

更新日:2020年09月23日

猫のは高まるばかりですが、その行動パターンを把握していない人も多く、間違った接し方をすることで猫との関係悪化を招くことがあります。その中でお腹見せる行動を猫が行った場合の意味を知ることで、その関係が素晴らしいものになるでしょう。

猫がお腹見せる理由とは?お腹を見せる行動の意味と気持ち|お腹の撫で方

猫がお腹見せる理由とは?

猫は自由奔放な性格が受け入れられ、とてもが高い動物の一種ですが、飼ってみて初めてその動作の可愛さに気付く場合があります。

猫がお腹を見せて横になることがありますが、どのような意味があるのでしょうか?

猫がお腹を見せる理由

  1. 信頼ある人に甘えている
  2. 今いる場所の居心地が良い
  3. 体温を下げようとしている

猫がお腹を見せる理由1:信頼ある人に甘えている

動物というのは本来、お腹見せるように横になることはありません。それは自分の体で一番弱い部分がお腹であることを知っているからです。

また猫は獲物を捕らえる習性があるので、お腹見せる姿では敵に襲われると瞬時に動けないことを知っていて、危険予防の意味も持っています。

人間に飼われると警戒心が薄れていくので、表情も穏やかになってお腹見せるように甘えるのですが、全ての猫がお腹見せるわけではありません。

猫がお腹見せるようになるには近くにいる人に強い信頼感を抱き、警戒する必要が無いと判断したからです。

猫の愛情表現

猫はクールで自分勝手な動物という印象を持っている人がいますが、実際には人間に飼われると周囲の状況を観察し、それを受け入れようとします。

猫の場合は人間を自分と同じ猫だと認識しているので、そこには同じ仲間に向ける感情を抱くようになり、当然に親近感や嫌悪感などの意識を持つようになるでしょう。

猫がお腹見せるのは相手を信頼して敵意を全く持っていないことを示しているからであり、強い好意を感じている愛情表現だと言えます。

猫がお腹を見せる理由2:今いる場所の居心地が良い

猫は暑さにも寒さにも弱い動物であり、ペットであれば環境的にはいい条件で生活していて、その中でも特に居心地のいい場所を探して寛ぐという習性を持っています。

猫は温度変化に敏感な動物であり、場所を決めて横になっても気に入らなければ移動してしまい、うろうろと動き回っている時は寛げる場所を見つけられないからです。

猫が居心地のいい場所を見つけて動き回ることを止めて座り込んだ場合、どのような行動をするようになるのでしょうか?

猫のリラックス時の行動

猫は感情表現が豊かな種類の動物であり、その行動を知ることでどのような状態であるのかわかるようになっていきます。

猫は自分で居心地が良くて安心できると感じると、その場所で横になって毛繕いを始めだしますが、いずれは眠り込んでしまってお腹見せるような猫もいます。

緊張状態にある猫は眠ろうとせず、顔や耳を盛んに動かしてお腹見せるようなことは絶対に無いので、眠ってしまえばリラックスしていると考えていいでしょう。

猫がお腹を見せる理由3:体温を下げようとしている

人間は暑くなれば薄着になりますが猫の場合は体毛が前身に纏っていて、夏場になれば体毛の量を減らして対策を講じますが、脱ぐことは当然ながらできません。

犬などは水の気化熱を利用して暑さ対策を行いますが、猫は体が水に濡れるのを極端に嫌う動物であり、水を使う以外の方法を取るしかないでしょう。

猫は体温調節が苦手な部類に入り、気温が高くなると人間と同じで熱中症などで体調不良を起こすこともあり、暑さによって上昇した体温を下げることはとても重要です。

気温が高い時の猫の行動

猫は最適な場所を探すことが得意であり、自分にとって不快に感じるようなところに長く滞在はせず、すぐに別の場所に移動します。

移動を続けていい場所を見つけると、まず毛繕いを行った後で横になり、そこに居続けてお腹見せるようになれば、最適なところを見つけたことになります。

猫は長居を決めなければお腹見せるまではしないため、ただ横になっているだけでは最適と感じているとは言えません。

猫の上手なお腹の撫で方

猫でも人間に信頼感を持っていると撫でることができますが、撫でるにも適切な方法があります。

猫が触って欲しい時はお腹見せるので、この時に毛を鋤くように優しく撫でてあげると、気持ちよくなって寝たりします。

猫のお腹を撫でる時の注意点

お腹は猫にとって最も弱い部分であり、内臓に近く神経も多いため、強く触ったり押したりしてはいけません。

飼い主であってもお腹を撫でられて嫌な体験をすると、以後は撫でることを拒むようになります。

猫がゴロンとする姿がかわいいと感じるのはなぜ?

猫は外見の可愛らしさでが高く、横になっていることが多く目撃しやすいため、その姿を見ると愛しさを感じる人は少なくないでしょう。

ただ横になっているだけなのに、どうしてかわいいと感じるのでしょうか?

動物のお腹は無防備

動物は背中には体を守る機能が備わっていることが多いのですが、お腹には何も無く無防備であり、お腹見せる行動が相手を信頼している時に行うと言えます。

動物のお腹は他の部分と比較すると体毛が薄いのが一般的ですが、猫の場合はお腹にも他と同じように体毛があり、それが猫の可愛らしさを引き立てているでしょう。

お腹にも体毛が多いので子猫はお乳を飲む時が大変なのですが、このお乳を探す行動が前足で揉むような動作になり、猫の可愛らしさを増すという結果になっています。

動物のお腹の特徴

動物はお腹を下にして横になることが多く、地面によって保温効果があり敵からも攻められにくいので、体毛が薄いのが一般的になっています。

動物にとっての体毛は保温効果が最大の理由ですが、他にも外的から襲われた場合に自身を守るために役立ていることが多いでしょう。

ペットとして飼われていると外的から襲撃される可能性は極めて低いのですが、野生では街中にいても多くの外的が存在します。

体毛が多いと歯や爪が肉体に届きにくくなり、身を守ることに貢献してくれます。

お腹を見せるのは弱点をさらすこと

動物にとってお腹は体毛が薄く内臓が近くにあるので、そこを攻撃されると大きなダメージを受けてしまうでしょう。

お腹見せるのは動物にとって非常に危険であるのは間違いなく、そのために野生ではお腹見せるような行動はほとんど行いません。

またお腹見せるまで横になるとすぐに立ち上がることができず、逃げることを最大の危険回避方法と選択している種類の動物では、瞬時に動けないのは致命的です。

そのため、草食動物は立ったまま眠るものも多くなっています。

お腹を見せる時の猫の気持ち

猫は他の動物からは襲われにくい種類の動物ですが、相手が警戒していたり縄張りを荒らしたりすると攻撃を受ける可能性があります。

また普段から警戒心の強い動物でもあり、自分の弱点を晒すお腹見せるような行動は、周囲に外敵が完全にいないことを確認しなければ行わないでしょう。

猫が自らお腹見せる行動を取るのは撫でて欲しい場合が多く、これは子猫の頃に親からお腹を舐められて気持ち良かったことに由来します。

また猫から信頼を受けていなければお腹見せるような動作はしないので、その姿を見られたら慕われている証拠と言えるでしょう。

猫のお腹を見せる時の気持ちを理解しよう

猫がお腹見せるのは親愛の証であり、これは親から愛情を受けていた時から受け継いでいる感情でもあります。

猫は犬ほど愛情表現は示さないクールな動物と考えている人は少なくありませんが、実は猫は相手の行動や表情から感情を読み取ることができます。

愛する猫から求愛を示しているのですから、それに答えることこそ本当の家族と言えるでしょう。

初回公開日:2019年08月08日

記載されている内容は2019年08月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related