Search

検索したいワードを入力してください

猫があなたを噛む・蹴る理由とは?しつけの方法や注意点を紹介

更新日:2022年08月10日

飼い猫が噛んでしまう、蹴ってしまうときはありませんか。猫があなたを噛む・蹴る理由にはなにがあるのでしょうか?本記事では猫が噛んだり蹴ったりしてしまうときのしつけの方法や注意点をご紹介します。興味のある方はぜひ参考にしてください。

猫があなたを噛む・蹴る理由とは?しつけの方法や注意点を紹介
猫に噛まれると痛いし、蹴られると悲しいですよね。猫を怒ったとしてもわかってもらえずになかなか噛むことや蹴ることをやめてくれないのでどうしたらいいのか困ってしまうことも多いですよね。

なぜ、猫は噛んだり蹴ったりしてくるのでしょうか。飼い猫と仲良くしたいと思っているのに、猫が噛む・蹴るなどの問題行動を取ってしまうのにはなんらかの理由があります。

そこでこの記事では、猫が噛む・蹴る理由について紹介していきます。記事を読むことで、猫の問題行動を起こす理由が理解できるでしょう。

猫が噛む・蹴るときの対処法や、猫が噛むことや蹴るという問題行動の理由を知って、直していきましょう。問題行動を直していくことで良好な関係を築いていきましょう。

猫が噛む・蹴る理由

猫はなぜ飼い主を噛んだり蹴ったりしてしまうのでしょうか。

ここでは、なぜ猫は飼い主を噛んだり蹴ったりしてしまうのかの理由を解説していきます。猫が噛んだり蹴ったりしてくる理由は主に4つあります。これらは蹴られることや噛まれる前に猫から何らかのサインを出しているのです。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

猫の狩猟本能

猫が噛む・蹴る理由の1つは、猫の狩猟本能です。

猫の狩猟本能には、おもちゃにじゃれたり、高いところに登ったり、狭いところに隠れたり、忍び足で近づいたり、爪を研いだり家に獲物を持ち帰る、毛づくろいをすることなどがあります。

猫は動いているものに飛びついていく習性があるので、飼い主を想像の中で獲物に見立てて手や足に飛びついて噛んでくるときがあります。外で狩りをすることができない分、家でおもちゃなどで遊んであげるとスキンシップにもつながりますし、とても喜びます。

遊んでほしいときの合図

遊んでほしいときの合図も理由の1つです。

飼い主が他のことをしているときに、噛んだり蹴ったりしてくるときは、遊んでほしいという合図です。かまってほしいと思ったときや、甘えたいときには甘噛みをしたり蹴ったりしてきます。

猫はじゃれあいをする中で自然と噛む加減を覚えていくので、たくさん猫と遊んであげるとよいでしょう。

機嫌が悪いときの合図

猫が噛む・蹴る理由に、機嫌が悪いときの合図というのもあります。

猫が機嫌が悪いときには八つ当たりをして噛んだり蹴ったりしてくることがあります。黒目が大きくなったり、シャーとうなったり、耳が顔の横まで下がっていたりするサインを見逃さないようにしましょう。

猫が機嫌が悪い時は、触らずに落ち着くのを待ったり、他のことに目を向けることができるように猫の好きなことで誘って気を紛らわせるようにしたり、おもちゃを使って遊んだりしてみましょう。

やめてほしいときの合図

猫が噛む・蹴る理由は、やめてほしいときの合図でもあります。

飼い主が猫を構いすぎたときや、気分が変わったときに噛んだり蹴ったりしてきます。そういう場合は、イライラや警戒しているサインである尻尾をたたき続けるように振る動作からもわかります。

猫をしつこく撫でてしまうことはよくありません。猫が自分で毛つぐろいができないような場所や、顔の周りを撫でてもらうのが好きなので、おでこや後頭部、あご回りを中心に撫でてあげるようにしましょう。

猫が噛む・蹴るときの対処法

猫が噛む・蹴るとどうしたらいいのかわからず困ってしまいますよね。

猫が噛む・蹴るときの対処法にはなにがあるのでしょうか。それには2つの対処法があります。まずは、下記の2つの対処法から試してみましょう。

子猫のうちに遊ぶことを通して噛む癖や蹴る癖を直しておくと、大人の猫になってから飼い主がけがをすることが少なくなるので猫を飼うことがとても楽になります。
次のページ:猫が噛む・蹴るときの注意点は?

初回公開日:2022年08月10日

記載されている内容は2022年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related