Search

検索したいワードを入力してください

オオヤマネコの価格とは?種類やペットとして飼えるのかなども紹介

更新日:2023年09月11日

オオヤマネコに興味はあるけれど、オオヤマネコのことをよく知らないという人もいることでしょう。この記事ではオオヤマネコにはどのような種類がいるのか、オオヤマネコは飼うことができるのかについて解説しています。オオヤマネコに興味がある人は、参考にしてみてください。

オオヤマネコの価格とは?種類やペットとして飼えるのかなども紹介
「オオヤマネコってどんな動物?」
「オオヤマネコにはどんな種類がいるの?」
「ペットとしてオオヤマネコを飼うことはできる?」
ペットを飼いたいと考えている人や動物に興味がある人の中には、オオヤマネコについてこのような疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、オオヤマネコという生き物の性格や生態などの特徴や様々なオオヤマネコの種類を紹介するとともに、ペットとしてオオヤマネコを飼うことができるのかどうかについて解説しています。

この記事を読むことで、オオヤマネコについてわからなかったことが理解できるようになり、動物への知識を深めることができます。

オオヤマネコについて詳しく知りたいという人は、この記事をぜひ参考にしてみてください。

オオヤマネコとは?

オオヤマネコの価格とは?種類やペットとして飼えるのかなども紹介
オオヤマネコとは、どういった生き物なのでしょうか。

まずはオオヤマネコの生息域や身体の特徴、生態などを解説していきます。

生息域

オオヤマネコは主にユーラシア大陸北部や北アメリカの草原や森林地帯に生息しています。

日本で見ることのできるヤマネコの仲間には、イリオモテヤマネコやツシマヤマネコがいます。名前からもわかる通り、それぞれの生息地は沖縄県西表島、長崎県対馬です。

体の特徴

オスの体長は76~148センチメートル、メスの体長は85~130センチメートルというように、オオヤマネコは大型のネコ科の動物です。毛色は茶色や灰色で、黒色の斑点が多数ある個体もいますが、斑点がはっきりとしない個体もいます。

性格の傾向

敵が近づいてきたとき、オオヤマネコは岩陰や木の枝などに身を潜めることはあっても、遠くへ逃げていくことはありません。オオヤマネコは一般的に気性が荒いと言われています。

生態

オオヤマネコは草原や森林のほか、ツンドラや岩場や半砂漠などの環境にも生息しています。毛が長く、寒さに耐性があります。成長すると単独で行動し、主に夜行性です。寿命は野生で10~15年ほどです。

オオヤマネコは幅広い行動域を持っており、相当な距離を歩くこともあります。また木登りや泳ぎが得意で、さらに跳躍力もあるなど身体能力に優れています。視力も良く、70メートル先の小さな獲物を見つけることも可能です。

主な獲物はリスやウサギなどの小動物です。それ以外にも、鳥類、魚類、両生類なども食べます。シカやトナカイなどの大型の動物を襲うこともあります。その際には単独ではなく、小さなグループを作ることが多いです。

オオヤマネコの種類

オオヤマネコにはどんな種類があるのでしょうか。

オオヤマネコの仲間は全部で4種類いることが知られています。それらを1つずつ紹介していきます。

カナダオオヤマネコ

最初に紹介するのは、カナダオオヤマネコです。後で紹介するボブキャットと近い特徴を持っています。その特徴を1つずつ見ていきましょう。

生息域

次のページ:ボブキャット

初回公開日:2022年11月15日

記載されている内容は2022年11月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related