Search

検索したいワードを入力してください

暴れる子猫のしつけ方とは?やんちゃな子猫を落ち着かせるコツを紹介

初回公開日:2019年08月07日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

猫は人気の高い生き物のため、家で飼っているという人も多いです。しかし、子猫から飼育始めると、その子猫が元気すぎて、暴れて困ってしまうという飼い主もいます。子猫が暴れることには原因があるため、その原因に合わせた対処方法が必要となります。

暴れる子猫のしつけ方とは?やんちゃな子猫を落ち着かせるコツを紹介

子猫が暴れるのはなぜ?

猫は人気の高い生き物のため、家で飼っているという人も多いです。しかし、子猫から飼育始めると、その子猫に元気がありすぎて、困ってしまう飼い主もいます。

中には、初めて猫を飼う人が、想像以上に子猫が暴れることで、一緒に生活していくことを諦めてしまうこともあります。しかし、子猫が暴れることには理由があり、しつけによって暴れることを抑えることもできます。

狩猟本能によるもの

本来、猫は狩りによって獲物を捕まえます。そのため、家で生活をしている猫であっても、狩猟本能を持っています。その狩猟本能は子猫にもあります。

家で飼育されていて、大人になった猫であれば、家での中でしても良いことと、してはいけないことが判断できるようになってきます。しかし、子猫の場合はその判断ができません。

そのため、子猫は本能のままに、動いている物や興味が惹かれた物に対して飛びついてしまうことがあり、風で揺れるカーテンに飛びついたり、動いている飼い主に飛びついてしまったりなどしてしまうこともあります。

ストレスがたまっている

子猫が暴れてしまうからと、ケージの中で飼育をする人もいます。しかし、これは逆効果となってしまうこともあります。

子猫も運動をしないとストレスが溜まってしまいます。また、ケージの中では動く物に飛びつたりなどできないため、本能的な行動もできない状態にされてしまっています。

そのため、ストレスを発散できずに、エネルギーを溜め込んでしまった子猫は、たまにケージから出すと、その溜まったストレスを発散するため、余計に暴れてしまいます。また、ケージ内で大暴れしてしまうこともあります。

野生の名残がある

先に述べた通り、子猫が家の中で暴れるのは、狩猟本能が原因の場合もあります。狩猟本能はブリーダーやペットショップなどで今まで生活をしてきて、外の世界を知らなくても野生の名残のため、どのような猫も持っています。

また、野良猫を家族として迎え入れるという場合もありますが、野良猫の場合は外の過酷な環境で生活をしている分だけ、狩猟本能が強くなっている場合もあります。

しかし、これら狩猟本能が原因で困る猫の行動はしつけである程度は解決することができます。

子猫が暴れる際のしつけ方法

子猫と生活をして、家の中で暴れることに困ってしまうという飼い主もいます。子猫が暴れることは狩猟本能が原因となっている場合もあるため、ある程度は仕方のないことでもあります。

しかし、子猫が暴れて、いつも家の中を荒らしてしまうと大変なため、暴れることのないようにしつけておくことも重要です。

ただし、しつけの方法はいくつかあり、猫にいろいろ性格があるため、猫の性格に合わせてしつけの方法を選ぶことも重要です。
猫の暴れ方しつけ方法難易度
興奮しやすい子猫の場合興奮して暴れたら手を鳴らす
噛み癖がある子猫の場合子猫の目をみて短く叱る★★
いたずら好きな子猫の場合臭いにおいで対処する★★★

1:興奮しやすい子猫の場合

好奇心の強い子猫は興味が惹きつけられるものを見つけると、興奮して周囲が見えなくなほど熱中してしまうことがあります。

その際に、家の中を走り回ったり、物に飛びついたりなどして、暴れてしまうこともあります。

そのようなタイプの子猫が暴れることをやめさせるためには、熱中してしまっている状態から、冷静さを取り戻させる必要があります。

興奮して暴れたら手を鳴らす

上記で述べた通り、興奮しやすい子猫は熱中すると周囲が見えなくなり、家の中で暴れてしまうことがあります。子猫の冷静さを取り戻させるためには、子猫を驚かせることが効果的です。

子猫が興奮して暴れるようであれば、手をパンと叩いて大きな音を鳴らしましょう。音に驚いた子猫は、暴れることをやめて、音の鳴った方を確認しようと視線を向けます。

おとなしくなったら褒める

手で大きな音を鳴らして驚かせることで、暴れる子猫を止めることができることもあります。

しかし、何度も手を鳴らして暴れることを止めるだけでは、子猫が音に慣れてしまい、効果がなくなってしまうこともあります。

そこで、手で音を鳴らして、子猫が暴れることをやめたら、すかさず褒めるようにしましょう。暴れることをやめると飼い主が褒めてくれると子猫が理解をすることで暴れる回数が減ることもあります。

2:噛み癖がある子猫の場合

子猫も猫のため、狩猟本能があります。そのため、興味が惹きつけられたものに飛びついて、噛んでしまうこともあります。

また、飼い主に遊んでいてもらっているうちに興奮してしまい、飼い主の手を噛んでしまうこともあります。

大人に慣れば噛む力は強くなるため、人に大怪我をさせてしまう危険性もあります。そのため、噛み癖は子猫のうちに改善しておかないといけません。

子猫の目をみて短く叱る

猫もある程度は人の言うことを理解したり、表情から感情を読み取ったりすることはできます。

そのため、子猫が人や物などに噛み付いたときには叱るようにすると、子猫も噛むことはしてはいけないことと理解してくれることもあります。

また、しっかりと目を見て、飼い主の怒っている表情を子猫に見せましょう。叱る際の言葉は、さすがに猫でも会話は理解できないので、「こら」や「ダメ」などのような短い言葉で叱りましょう。

撫でていて噛まれたらかまうのをやめる

飼い主に遊んでもらっているうちに、興奮してしまった子猫が手に噛み付いてしまうこともあります。

もし、子猫と遊んでいて、噛まれてしまうことがあれば、そのときはかまうことをやめましょう。

噛まれてすぐにかまうことをやめることで、子猫は噛むとかまってもらえなくなると覚えて、噛まなくなることもあります。

また、噛まれても痛くない場合は、かまい続けることで甘噛みの力加減を覚えたりもします。

3:いたずら好きな子猫の場合

単純に、いたずらが好きで、家の中にある物に飛びついたり、家の中を走り回ったりなどする子猫もいます。

これは猫の本能もありますが、その猫の性格でもあるため、飼い主に叱られたりなどしても、いたずらをしたいという欲求をなかなか抑えられない子猫もいます。

そのような場合は、子猫がいたずらをしたくなくなるようにして、強制的にいたずらを止める必要があります。

臭いにおいで対処する

子猫がいたずらをするのであれば、そのよくいたずらをする場所に子猫が近寄りたくなくなるように仕向けることが効果的なので、猫が嫌がる臭いをいたずらをする場所に撒いておきましょう。

猫は嗅覚が鋭いので、嫌いな臭いがしている場所には近づかなくなることがあります。猫が嫌う臭いで、人が気にならない臭いには、柑橘系のやコーヒーの出がらしなどがあります。

しつけ用スプレーを使う

上記で述べた通り、猫は柑橘系やコーヒーの臭いを嫌います。猫は嗅覚が鋭いので、人にとっては少しの臭いでも、猫にとっては強烈な臭いとなります。

そのため、柑橘系の果汁を少し混ぜた水や、コーヒーの出がらしを入れた水などをスプレーボトルで子猫がいたずらをする周辺に撒いておくと効果があります。

また、ペットショップなどでは、人にとっては無臭で猫にとっては嫌な臭いがするしつけ用スプレーも販売されています。

暴れるのをやめないときの子猫を落ち着かせる方法

しつけをすることで、子猫が暴れる頻度を下げることはできます。しかし、猫も動物なので、どれだけしつけをしても暴れるときもあります。

もし、子猫が暴れたときには、できるだけ早く子猫を落ち着かせておとなしくさせたり、事前に暴れることの内容に対処をしておく必要があります。

ただし、暴れる子猫を落ち着かせたり、事前に対処したりなどする方法はいくつかあり、それらの方法は子猫が暴れる原因や、性格に合わせてあげる必要もあります。

暴れる子猫を落ち着かせる方法

  • 子猫とたくさん遊ぶ
  • ストレスの原因を除いてあげる
  • 無視する
  • 昼行性の生活リズムにかえる
  • 首の後ろをつかむ

子猫とたくさん遊ぶ

子猫が暴れるということは、遊び足りなかったり、元気が有り余っている可能性があります。そのため、子猫が自分だけで遊び始めたり、溜まった元気を発散するためなどに暴れることを事前に防ぐため、飼い主が遊んであげましょう。

飼い主が子猫とたくさん遊んであげることで、子猫は遊びに満足して暴れなくなったり、たくさん遊んだことで疲れておとなしくなることがあります。

ストレスの原因を除いてあげる

子猫も人と同じで、ストレスが溜まると暴れてしまうという性格をしている猫もいます。ただし、子猫は人よりもストレスに弱く、溜まったストレスを飼い主への迷惑おかまいなしに暴れて発散してしまうこともあります。

そのため、ストレスの原因自体を取り除かないと、定期的に暴れてしまうようになることもあります。

もし、暴れることがしつけで改善されない場合は、子猫の飼育環境を見直して、ストレスの原因がないか、確認するようにしましょう。

無視する

頻繁に暴れる子猫の中には、暴れることで飼い主がかまってくれると覚えてしまっている場合もあります。そのため、子猫が飼い主にかまって欲しいと思ったときに暴れるようになってしまうこともあります。

また、暴れる子猫を飼い主が追いかけたり、捕まえたりなどすることを、子猫は飼い主に遊んでもらっていると勘違いしてしまっているという場合もあります。

これらの勘違いを子猫にさせないように、子猫が暴れても無視しましょう。暴れても飼い主にはかまってもらえないと理解すると暴れる頻度が下がることもあります。

昼行性の生活リズムにかえる

猫は基本的に夜行性に近い生活リズムを持っています。そのため、明るいうちは猫はゆっくりと寝て過ごし、人がゆっくりしたい夜になると、元気になって遊びたい欲求が強くなってしまいます。

飼い主が夜で疲れていると、猫を十分にかまってあげられないこともあります。

すると、飼い主にかまってもらえず、余った元気を暴れて発散してしまいます。ですが、猫は人と一緒に生活をしているうちに、人の生活リズムに合わせることもあります。

人の生活リズムで過ごす猫は、お昼に活発に動くため、夜に暴れることが少なくなります。

首の後ろをつかむ

猫は首の後ろを掴まれるとおとなしくなるという習性を持っています。これは、母猫が子猫を運ぶ際に咥える場所です。

子猫は母猫に咥えられて移動している際には、動くと危ないということを本能で理解しています。その名残として、猫は大人になっても首の後ろを掴まれるとおとなしくなることが多いです。

首の後ろを掴むと皮膚が伸びて痛そうと思う人もいますが、猫は首の後ろであれば、よほど強い力を加えない限りは痛みを感じないようになっています。

暴れる子猫にやってはいけないこと

子猫が暴れないようにしつけをしたり、暴れたときにはできるだけ早く子猫に落ち着いてもらうための対処をしたりなどすることは大切です。

しかし、暴れる子猫を止めようとしたときに、やってはいけないことがいくつかあります。

もし、暴れる子猫へのしつけや対処方法を誤ってしまうと、猫との信頼関係が築けなくなってしまうこともあるので、子猫に対して、やって良いこと、やってはいけないことを事前に把握するようにしておきましょう。

暴れる子猫にやってはいけないこと1:近寄る

暴れる子猫はそのままにしておくと、家の中のあちこちを荒らしてしまいます。そのため、暴れ始めたときに、家の中を荒らされないように、即座に子猫を捕まえようとして近寄ってしまう人もいます。

しかし、先に述べた通り、暴れる子猫は何かに熱中して興奮状態であったり、溜まったストレスを発散している状態なので、飼い主が近づいても飼い主と気がつかずに、ひっかいたり、噛み付いたりしてしまう危険性があります。

また、興奮状態になっていることで、攻撃的な性格になってしまっている可能性もあるので、近寄る際には、まず様子を伺うようにしましょう。

暴れる子猫にやってはいけないこと2:騒ぐ

暴れる子猫を止めようとして、大声を出しながら近くと、子猫は身の危険を感じてしまう可能性があります。

もし、大声を出して追いかけてくる飼い主に恐怖心を持ってしまうと、子猫が暴れていない冷静な状態であっても、飼い主に対して恐怖心を持ってしまう可能性もあります。

子猫のうちに恐怖心を持たれてしまうと、信頼関係を築いていくことが難しくなってしまうこともあるため、子猫を叱る際には、必要以上に怖がらせないように注意しましょう。

暴れる子猫にやってはいけないこと3:叩く

上記で述べた通り、子猫に恐怖心を持たれてしまうと、その後に信頼関係を築いていくことが難しくなってしまう可能性があります。そのため、子猫が悪いことをしたとしても、叱り方には注意が必要です。

特に、悪いことをしたからと叩いてしつけるようなことはしてはいけません。

子猫にとっては、単に遊んでいたり、ストレスを発散したりなどの理由で暴れているため、自分では悪いことをしていると思っていないことも多いです。

何も悪いことをしていないのに、急に叩かれたことで、飼い主が子猫から要危険人物として認識されてしまうこともあります。

暴れる子猫にやってはいけないこと4:おやつで釣る

暴れる子猫を止めるために、熱中しているものから興味をそらすという方法があります。手を叩いて音を鳴らすこともその方法の1つです。

しかし、子猫の興味をそらすために、おやつなどを与えることはやめましょう。もし、暴れる子猫を止めるために毎回おやつを与えていると、子猫は暴れるとおやつがもらえると勘違いしてしまう可能性があります。

そのため、おやつが欲しくなると、おやつがもらえるまで暴れ続けるという悪い状況に陥ってしまうことがあります。

子猫が暴れる原因を知って上手に対処しよう!

子猫は何が悪いことか判断することができません。また、本能が原因で暴れてしまうこともあります。しかし、家の中でいつまでも暴れられてしまうと大変なことになってしまうため、飼い主はしつけをしてあげる必要があります。

しつけの方法はいくつかありますが、子猫が暴れる原因や性格に合わせたしつけの方法を選択する必要もあります。

そのため、まずは子猫が暴れている原因を把握してあげなければなりません。

Related