Search

検索したいワードを入力してください

きゅうりを見ると驚く猫の行動はなぜ?驚愕反応が起こる理由4つ

初回公開日:2019年08月20日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

きゅうりに驚く猫の動画が話題になっています。驚く猫の姿は見ていて楽しいものですが、あまり猫にとっては良くない事です。驚く猫の姿を見たいと考え、わざと猫を驚かすような行動は、できればしない方が良いです。ここでは猫の習性や注意点などをみていきましょう。

きゅうりを見ると驚く猫の行動はなぜ?驚愕反応が起こる理由4つ

きゅうりに驚く猫の動画が話題

猫の背後にきゅうりをそっと置くと、振り返った時きゅうりに驚く猫が話題になっています。その驚き方もかなり激しく、高く体を飛び跳ねさせています。

きゅうりに驚く猫の動画が話題になっていますが、どうしてただのきゅうりに猫は驚いてしまうのでしょう。

きゅうりに驚く猫には、猫なりの理由があります。ここからその理由についてお話していきましょう。

猫がきゅうりに驚くのはなぜ?

きゅうりを見ると驚く猫の行動はなぜ?驚愕反応が起こる理由4つ
※画像はイメージです
どうしてきゅうりに驚く猫の動画がこれほどまでに話題になるのでしょう。猫はきゅりがこわいのでしょうか。一説には、きゅうりが蛇に似ているからと言う考えがあります。蛇に驚く猫は容易に想像です。

猫は蛇を捕食者と捉えます。その蛇が床に居ればかなり怖いでしょう。一般的にきゅうりを床に置いておくということがありません。初めて見る光景に驚く猫の気持ちも理解できます。猫もかなり恐怖を感じているでしょう。

驚く猫の飛び上がる行動は驚愕反応

きゅうりを見て驚く猫の姿は、見ている側は滑稽で楽しい気持ちになりますが、猫にとってはかなり残酷な体験です。

床に置かれたきゅうりを捕食者のへびと勘違いし、驚愕反応お起こした猫は、すぐにその場を立ち去ろうとします。

そして距離を十分置いたところで、再度確認します。このように驚く猫の驚愕反応を見たいがためにきゅうりを置くこういは、猫を混乱させるだけです。猫の気持ちになってみましょう。

きゅうり意外に驚くものはあるのか?

きゅうり以外でも驚く猫動画はとれるのでしょうか。例えば普段では考えられないようなものが床に置いてあることで、驚くと考えられます。

しかし、きゅうりのように蛇に似ているものだと言うことから考えると、細くて長い形をしているものに驚くと考えられます。

単に細長いものではなく、クネッと曲がっているものであれば驚く猫の動画は撮れるのではないでしょうか。猫に一度試してみてもおもしろいですが、やはり可哀そうです。

驚く猫の驚愕反応が起こる理由

きゅうりを見ると驚く猫の行動はなぜ?驚愕反応が起こる理由4つ
※画像はイメージです
どうして猫は床に置かれたきゅうりを見て驚愕反応を起こすのでしょう。見ている側はきゅうりに驚く猫の姿を何度も見たいと言う気持ちになります。

驚愕反応お起こした猫の心理状態はどんなものなのか、どうしてきゅうりにそこまで驚愕反応を起こしてしまうのか、驚く猫の姿を見たくて何度も驚かせることは猫にとっていい事なのか、ここからさまざまなことを見ていきましょう。

驚く猫の驚愕反応が起こる理由

  1. きゅうりの形状が苦手
  2. きゅうりは通常床に置かれていない
  3. きゅうりを蛇と誤認識
  4. きゅうりから身を遠ざけるために大きくジャンプ

驚く猫の驚愕反応が起こる理由1:きゅうりの形状が苦手

驚愕反応を起こす理由の一つには、きゅうりの形状が捕食者であるへびに似ていることが考えられます。

へびのように形がくねっているため床に置かれたきゅうりを見たとたんに驚愕反応お起こしてしまいます。

驚く猫を見るのは、おもしろいですが猫にとってはかなり厳し心理状態になります。動画にアップされているようなきゅうりに驚く猫を見たいのはわかりますが猫にストレスを与えるだけですので注意しましょう。

驚く猫の驚愕反応が起こる理由2:きゅうりは通常床に置かれていない

普通の生活の中で、きゅうりを床に置いてあることはありません。もちろん猫の生活の中でも床にきゅうりが置かれている状況は、そうそう考えられません。

実際そうした状況がないため、床に置かれたきゅうりをみて驚く猫の姿があります。驚く猫の気持ちは、捕食者の恐ろしいへびとしか考えられていません。

驚く猫を見たいからといって、へびに似たきゅうりを置くのはやめましょう。

驚く猫の驚愕反応が起こる理由3:きゅうりを蛇と誤認識

上記でも言いましたが、猫はきゅうりを捕食者のへびと間違えて異常な驚きを見せます。

へびに狙われたら命がないと言う恐怖があります。また、床にあることのないきゅうりが振り返った時にあれば、普段とは違う状況なのでなおさら恐怖を感じて驚きます。

このようなこういは、猫を驚かせるだけではなく、混乱させ大きなストレスを与えるだけです。人間はおもしろおかしく見ていますが、猫にとっては大迷惑な話です。

驚く猫の驚愕反応が起こる理由4:きゅうりから身を遠ざけるために大きくジャンプ

驚くことで身体をジャンプさせているだけではありません。きゅうりを見て、大きくジャンプするのは、できるかぎり自分の身をきゅうりから遠ざけるためでもあります。

おそろしい蛇のようなものが、側にあることで一刻でも早く身を遠ざけて逃げ出したいと言う気持ちがあります。そして身を遠ざけたあと、再度今のものが何だったのか遠くから観察します。

色々な音や動きに驚く猫もいる

きゅうりを見ると驚く猫の行動はなぜ?驚愕反応が起こる理由4つ
※画像はイメージです
猫の五感の中で、一番発達しているのは聴覚です。聴覚が勝っていることで、猫はいろいろな音に敏感に反応し、驚きます。

ここでは猫がどのような音に反応して驚くのか、聴覚についてみていきます。日常生活の中で猫が怖がったり驚く音もありますので参考にしてみてください。

驚く猫

  1. 大音量に驚く猫
  2. 電化製品に驚く猫
  3. 動く光に驚く猫

大音量に驚く猫

大音量で音楽などを聴いても、その場にいる猫もいます。少しすれば音に慣れてしまう場合もありますし、あまり耳障りだと自分からその場を離れていきます。しかし大音量で驚く場合は、突発的に出た音です。

例えば人間のくしゃみや咳など、急に大きな音を聞いた場合は驚きます。

驚いただけではなく、猫の性格にもよりますがその場から一目散に逃げて行く猫もいます。日常の中で突発的にでる音には敏感だと言うことです。

電化製品に驚く猫

家の中にある家電製品の音にも驚くことがあります。例えば、ドライヤーや洗濯機、掃除機など音が比較的大きいものは猫は嫌います。今では音が小さく改良されているものもありますが、長く続けて使うと嫌がります。

電化製品から出る独特の音は、猫にとってかなり耳障りです。掃除をするときなどは、前もって猫を他の部屋に移すかして対応しましょう。

電化製品の音も、猫にとっては大きなストレスになってしまいます。

動く光に驚く猫

よく動画サイトなどで、動く光を負う猫がありますが実は猫にはこの光が良く見えます。そこで光るものが動く様子をきになって追いかけているだけです。また、急に光ったものが動き出すことで驚きます。

猫の習性として早く動くものに反応してしまうところがありますので、光るものには特に反応し、その動きに合わせて猫も動きます。確かに光に驚きを見せますが、恐怖とかではないので安心です。

脅かしすぎに注意

猫の驚く姿が面白くて何度も驚かしてしまうことは、猫にとって良くないことです。 人間は猫の驚きに楽しさを覚えますが実際こうした行動をしてはいけません。

どうして驚かせすぎはよくないのか、続けて何度も行った結果どうなってしまうのか、やってはいけない理由をこれからお話ししていきます。可愛い愛ネコを苦しめるようなことだけはしないでおきましょう。

慣れると本物を見たときに防衛本能が働かない

きゅうりを床に置き、あまり脅かしすぎてしまうと実際そうした事態に遭遇しても防衛反応が働かなくなってしまうことがあります。本物のへびだったとしても、またいつものやつかと、猫も慣れてしまい危険だとは思わなくなります。

身の危険を察知し、身を守ることができなくなってしまいます。面白がって何度も猫を驚かせるのは、猫にとってよくないことですので、やめましょう。 驚かすことは猫の気持ちも不安定にさせます。

ストレスやトラウマになることも

猫を驚かせることは、猫にとってストレスやトラウマになることがあります。猫自身もあまり衝撃的な場面に遭遇すると、記憶してトラウマになってしまう可能性もありますし大きなストレスを感じてしまいます。

実際ただのきゅうりで何の危害もくわえられなくても猫自身は一時強い恐怖を味わいます。

精神的なストレスが強くかかれば、これまでの状態よりも悪くなってしまうこともあります。心地よい生活が必要です。

きゅうりに驚く猫の行動は習性によるものだった

床に置かれたきゅうりに驚くのは、きゅうりを捕食者のへびと勘違いしての行動です。クネッとした形のきゅうりに身の危険を感じてジャンプしてしまうほど驚きを見せます。

猫の習性とも言えるこの行動で、私たちは楽しませてもらいますが猫にはストレスと恐怖でしかありません。

また大きな音や動くものに過剰反応してしまうことがありますので、飼い主は猫の習性をしっかり認知し日常生活を安定した環境にしてあげることが大事です。

Related