Search

検索したいワードを入力してください

猫が毛布を噛む4つの意味と対処法|猫の行動から気持ちを知ろう!

初回公開日:2019年08月07日

更新日:2019年08月07日

記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

猫が毛布を噛んでしまうのは、毛布の繊維が猫の腸に詰まってしまう可能性もありますし、毛布自体が痛んでしまいますし、なるべくやめさせたいですよね。今回は、猫が毛布を噛んでしまう理由と、毛布を噛むことを辞めさせられる方法をご紹介します。

猫が毛布を噛む4つの意味と対処法|猫の行動から気持ちを知ろう!

毛布を噛む意味

猫が毛布を噛む4つの意味と対処法|猫の行動から気持ちを知ろう!
※画像はイメージです
猫を飼っていると、毛布に噛みついている姿を見たことがある人も多いでしょう。

毛布を噛んでいる姿はかわいいですが、でも、お気に入りの毛布を噛まれてしまうのも、毛布がダメになってしまいますし、ちょっと困ってしまいます。

では、猫はなぜ毛布を噛むのでしょうか。今回は猫が毛布を噛む理由についてと、噛むのをやめさせられるような方法をご紹介します。

毛布を噛む意味

  1. 離乳が早かった
  2. 遺伝
  3. オスに多いマウンティング行為
  4. ウールサッキング

毛布を噛む意味1:離乳が早かった

特に子猫が毛布を噛む理由の一つに、離乳が早かったことがあげられます。

本来、猫は生後4週間ほどで離乳をするのですが、それより前に離乳してしまうと、お母さんの母乳を吸う行為の代わりに毛布を噛んでしまうという場合があります。

これは、お母さんにもっと甘えたかったストレスで起こっているのではないかとも考えられています。

毛布を噛む意味2:遺伝

特定の品種に多い行為なので、遺伝的な要因があるとも考えられています。

毛布やクッションを噛んだり、なめたりする行為はウールサッキングともよばれていますが、この行為はシャムやヒマラヤン、日本猫などのアジア系の品種の猫に特に多くみられる行為でもあります。

そのため、なんらかの遺伝的要因が関係しているのではないかと言われています。

毛布を噛む意味3:オスに多いマウンティング行為

オスの場合はマウンティング目的で行っている可能性があります。

マウンティングとは交尾の練習としての役割があり、生後4か月以降のオスが毛布を噛んだりしている場合は、マウンティング目的で行っている場合があります。

マウンティング行為は、去勢済のオスでも行うことがあります。マウンティングの場合は、毛布を吸うだけではなく、噛んだり、腰を押し付けるような行動をしているのが特徴です。

毛布を噛む意味4:ウールサッキング

猫の中にはウール(羊毛)の匂いに反応して毛布を噛んでいる場合があります。

人間にはわからない程の匂いですが、羊毛でできた毛布には、ラノリンという羊の脂の成分がしみ込んでいることがあります。

このラノリンという成分の匂いは、人間の汗の匂いや、母猫の母乳の匂いにも似ていると言われているため、その匂いをかぎ取って毛布を噛んでいるとも考えられています。

噛む以外の猫が毛布に対する行動と意味

猫が毛布を噛む4つの意味と対処法|猫の行動から気持ちを知ろう!
※画像はイメージです
猫が毛布にする行為には、毛布を噛む意外にも、踏んだり吸ったり、いろいろなものがあります。

毛布の上でふみふみ足踏みをしたり、ちゅうちゅうと吸ったり、揉んだり、ただ噛んだりするだけではなく毛布に執着する猫ちゃんも、それぞれの行動に意味があります。

噛む以外の猫が毛布に対する行動と意味1:ふみふみ足踏みする

猫が毛布をふみふみしているのは甘えている証拠です。

生まれたばかりの子猫は、母乳の出を良くするために、母猫のおっぱいをふみふみしながら飲みます。

そのため、毛布などのあたたかくて柔らかいものに触れると、その時の感触や気持ちを思い出してふみふみ足踏みする猫がいます。

こんなときは、赤ちゃんのときを思い出して幸せな気持ちで甘えている証拠なので、静かに見守ってあげましょう。

噛む以外の猫が毛布に対する行動と意味2:吸う

毛布を吸っているのは、人間でいうおしゃぶりと同様の意味があります。

猫が毛布やタオルなどを吸うのは、ふみふみ足踏みするのと同様に、お母さん猫のおっぱいを吸っていたことを思い出して、リラックスして甘えている証拠です。

人間で言うところの赤ちゃん返りに近い行為ともいえます。飼い主に甘えたくて毛布を吸っている可能性があります。

噛む以外の猫が毛布に対する行動と意味3:揉む

猫が毛布をもむのは、ふみふみ足踏みするのと同様、甘えている表現の場合があります。

猫が毛布をもむのは、ふみふみと足踏みするのと同様、子猫時代に母猫のおっぱいを出す行動を再現している場合があります。

この行為は、離乳前から人間に育てられた猫や、離乳時期が早く、もっと甘えたかった猫が多く行う傾向にあります。

毛布だけではなく、飼い主の体に対しても同じことを行って甘えてくる場合もあります。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法

猫が毛布を噛む4つの意味と対処法|猫の行動から気持ちを知ろう!
※画像はイメージです
猫が毛布を噛むのは、かわいいですが、やりすぎは止めてあげる必要があります。

猫が毛布を噛んだり吸ったりするウールサッキングは見ていてとてもかわいいですが、毛布がダメになってしまったり、場合によっては毛布の繊維が猫の腸につまってしまう場合もあり危険もあるで、あまりにも行為がひどい場合は、やめさせてあげる必要があります。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法1:毛布より満足するおもちゃを与える

毛布より魅力的なおもちゃを与えてあげましょう。

猫が毛布よりも興味をもつような、魅力的なおもちゃを与えて遊んであげることで、毛布を噛むことに対しての執着を断ち切らせることができる場合があります。

おもちゃの好き嫌いは猫それぞれの個体差にもよるので、いろいろなおもちゃで、何が気に入るか試してあげると良いでしょう。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法2:満腹にさせる

餌を与えて満腹にしてあげることで、毛布を噛むことをやめる場合があります。

食事が足りなくて、お腹が減っていたりすると、布を噛むことや、吸う行為が悪化することがあります。そのため、常に満腹感を与えてあげることで布を噛んだりしなくなることがあります。

ただし、常にエサを与え続けてしまうと、今度は肥満になってしまう可能性があるので、エサの与えすぎには十分注意しましょう。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法3:毛布をしまう

猫がよく噛んでしまう毛布をしまってしまうというのも手です。

猫が気に入って噛む毛布をしまってしまうのも一つの手です。猫が毛布の質感や匂いに反応している場合は、ぴたっと止む可能性があります。

しかし、気に入った毛布をしまっても、他の布や段ボール、洋服などの他のものを噛み始めてしまう可能性もあります。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法4:高繊維フードを与える

高繊維フードを与えることで、毛布を噛むことをやめられる猫もいます。

毛布を噛む猫が、その繊維を好んで噛んでいる場合に効果が期待できます。食物繊維を多く含んだエサを食べることで、毛布の代わりを果たすという考えです。

食物繊維がたくさん含まれたフードは固くかみごたえがあるため、毛布を噛む代わりになると考えられています。ロイヤルカナンや、ヒルズコルゲートなどから食物繊維入りのフードが販売されています。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法5:飼い主とたくさん遊ぶ

甘えたがっているのが原因の猫の場合は、飼い主がたくさん遊んであげましょう。

毛布を噛むのは、飼い主に甘えたい欲求を表している場合があります。そんな猫の場合は、一緒にたくさん遊ぶ時間を確保してあげましょう。

たくさん遊んで、たくさん甘えさせてあげることで、毛布を噛むのをやめてくれる場合があります。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法6:毛布に猫の嫌がるにおいを付ける

毛布に嫌がる匂いを付けることで、噛んだり吸ったりしなくなる効果が期待できます。

毛布に猫が大好きな飼い主のにおいが染みついていて、それも毛布を噛んだり吸ったりする原因になっている可能性があります。

猫の嫌いな匂いを毛布につけることで、噛んだり吸ったりするのをやめさせることができる可能性があります。
 
柑橘系やミントやハッカなどのスース―する匂い、香辛料やコーヒーの匂いを苦手とする猫は多くいます。

なので、こういった香りのするスプレーを毛布に吹きかけておくことで、猫が毛布に近づくのを阻止することができます。

毛布を噛むのをやめさせる方法・対処法7:毛布から人の匂いをとる

猫の好きな飼い主のにおいをとることで、毛布から興味をそらしましょう。

毛布から大好きな飼い主の匂いがすることで毛布を噛むことに執着している場合、そのにおいを摂ることで、毛布から興味をなくすことができます。

また、洗剤の香りは猫が嫌う場合が多いので、洗剤を使ってきちんと毛布を洗うことで、毛布に対して近づくのを阻止することができる可能性があります。

猫が毛布を噛まないようにたくさん遊んであげよう

猫が毛布を噛む4つの意味と対処法|猫の行動から気持ちを知ろう!
※画像はイメージです
猫が毛布を噛まないためには、飼い主がたくさん猫と遊んであげましょう。

猫が毛布を噛む理由はいろいろありますが、最も多い理由は飼い主に甘えたいからという可能性が高いです。

甘えたい愛情表現で毛布を噛んでいる猫に対しては、毛布を噛んだりすることがないように、たくさんかまってたくさん遊んであげるようにしましょう。

Related