Search

検索したいワードを入力してください

猫が叫ぶように鳴くのはなぜ?猫の鳴き声から読み取れる猫の感情

更新日:2020年09月23日

猫は叫ぶように鳴くときがあります。なぜ、猫は叫ぶように鳴くのか、それには様々な理由があります。猫が鳴くことも様々な理由があります。先ずは、なぜ猫は叫ぶように鳴くのかを知り、理由から猫に対しての向き合い方も知りましょう。猫の気持ちに触れられるでしょう。

猫が叫ぶように鳴くのはなぜ?猫の鳴き声から読み取れる猫の感情

猫が泣き叫ぶように鳴くのはなぜ?

猫が泣き叫ぶように鳴く場合は、体調の何らかの変化のサインなので注意が必要です。

普段は大人しかった猫が、叫ぶように鳴くようになった場合は何らかの要因があるので、注意しましょう。

ストレスを感じている

猫は、ストレスを感じている際に叫ぶように鳴くことがあります。

生活環境が合わなかったり、飼い主との接し方や、自分の縄張りである圏内に他の猫が入り込むなどで、ストレスを感じ、猫は叫ぶように鳴きます。

例えば、トイレが不衛生であったり、部屋の芳香剤やアロマが猫に合わないなどのことがあると、猫はストレスを感じてしまいます。

また、性格が甘えん坊の猫は、自分が相手されないと叫ぶように鳴きます。猫のストレスにならない環境作りと、ストレスになる原因を無くすことが重要です。

発情期

猫は発情期になると叫ぶように鳴くようになります。

メス猫は、発情期を迎えると自主的に叫ぶように鳴くことが増えますが、オスはその鳴き声を聞くと触発されて叫ぶように鳴くようになります。

発情期に叫ぶように鳴くのをやめさせる方法はありませんが、去勢手術を行なっている場合は発情しなくなります。

例えば、去勢した猫と去勢してない猫では、同じ発情期の時期でも行動も変わります。ただし、稀に去勢後も発情することはありますが、大抵は去勢後叫ぶように鳴く事もありません。

体の不調

猫は体の不調によって叫ぶように鳴くことがあります。

体のどこかに不調がある場合、猫は叫ぶように鳴くことがあります。ただ叫ぶように鳴くのではなく、泣き叫ぶように鳴くので、そういったなき声の場合は要注意です。

例えば、高齢の猫の場合は体の不調により叫ぶように鳴くことがあります。もし、こういった泣き叫ぶように鳴くようになった場合は、かかりつけの病院で見てもらいましょう。

猫が低い声で鳴く理由

猫が普段より低い声で鳴く場合は、叫ぶように鳴くときとは違って、ある理由があります。

威嚇や警戒、不安など、そういった気持ちが現れています。不安定な気持ちのとき、猫は低い声で鳴きます。

理由

  1. 威嚇
  2. 警戒
  3. 不安

猫が低い声で鳴く理由1:威嚇

猫が低い声で鳴くとき、威嚇をしている事もあります。他の猫がいる場合などに、その猫に対してどいて欲しいときに低く鳴きます。

威嚇をしているために低く鳴いている場合、触れない方が良いでしょう。もし、この威嚇をしているときに触れてしまうと、攻撃され怪我を負うことがあります。

もし、威嚇のために低く鳴いている場合は、そっとしておきましょう。また、猫同士の喧嘩をしている際もこの鳴き方をします。

猫が低い声で鳴く理由2:警戒

猫は、警戒しているときも低く鳴きます。何か猫にとって、得体の知れないものが近づいてきたときなど、体を低くかがめて低く鳴きます。

叫ぶように鳴く訳ではわりませんが、唸るように低い声で鳴きます。例えば、警戒からパニックになったり痛い思いをすると、叫ぶように鳴くことがあります。

その際は、優しく接してあげましょう。優しく接することで、猫が落ち着くことがあります。

猫が低い声で鳴く理由3:不安

猫は、不安になると低い声で鳴くことがあります。不安になると、信頼する飼い主を探すように低い声で鳴くことがあります。

信頼する大好きな飼い主が近くにいないために、不安になり、低い声で鳴いて大好きな飼い主を探していることがあります。

また、他猫にとって不安なことがあっても低く鳴くことがあります。その際は、優しく接してあげましょう。

パニックになってしまうと、強いストレスを受けてしまうので、ストレスを受けないように優しくしてあげましょう。

猫が高い声で鳴く理由

猫が高い声で鳴くにも理由があります。

その際、叫ぶように鳴くことがあるので、病気などと勘違いしてしまう事もありますが、病気じゃないとは言い切れませんので、猫の様子に気をつけましょう。

理由

  1. 要求
  2. 甘え
  3. 危険信号

猫が高い声で鳴く理由1:要求

猫は何かを要求する際に、高い声で鳴くことがあります。そして、要求が満たされないと声も大きくなっていくので、叫ぶように鳴く事もあります。

例えば、ご飯を要求するときに高い声で叫ぶように鳴くことがあります。

もし、エサの時間ならばエサをあげても問題ありませんが、鳴けばご飯をもらえると覚えれば、エサを求めるために叫ぶように鳴くようになるので、不定期にあげるよりも決まった時間にエサやりをして、それ以外の時間帯にはあげないようにした方が良いでしょう。

猫が高い声で鳴く理由2:甘え

猫は甘えるときも高くなくことがあります。甘える時は、叫ぶように鳴く訳ではなく静かに鳴くので分かりやすいです。

飼い主に寄り添いながら高い声で鳴くのは、甘えているときです。例えば、喉をゴロゴロ鳴らしながら高い声で鳴きながらすり寄ってきたら、飼い主を信頼していて甘えている証拠なので、是非愛猫を可愛がりましょう。

猫が高い声で鳴く理由3:危険信号

猫は危険信号として高い声で鳴くことがあります。助けを求めている際に、高い声で鳴いて飼い主に助けを求めていることがあります。

例えば、飼い主が外出をしていて家にいないときや、飼い主の姿が見えないときに、高い声で叫ぶように鳴いて飼い主を探している時があります。

もし、愛猫が心配ならば、ペットを確認するための遠隔カメラの設置などをすれば、どこに居ても家の中での猫の様子を見ることができるので、必要ならばつけるのも良いでしょう。

かすれた声で鳴く理由

猫がかすれ声で鳴くのにも理由があります。よく、SNSなどでも見るサイレントニャーも意味があっての鳴き方です。

ただし、状況によってはかすれ声で鳴く場合に注意が必要なので、猫がどんな状態にあるのか注意しましょう。

理由

  1. 甘え(サイレントニャー)
  2. ストレスを感じている

かすれた声で鳴く理由:甘え

猫がかすれ声で鳴く理由の一つが、甘えているからです。SNSなどでもよく見る、サイレントニャーと呼ばれる聞こえない声で鳴くのも、甘えている鳴き方の一つです。

母猫には聞こえるぐらいの声で鳴くため、人の耳には聞こえにくい声ですが、信頼している相手に対しての鳴き方なので、サイレントニャーは飼い主を信頼しているからこそ見せる鳴き方の一つになります。

例えば、飼い主のあなたに猫がすり寄ってきて、サイレントニャーをすれば、あなたを信頼していて甘えていることになります。

かすれた声で鳴く理由:ストレスを感じている

猫はストレスに敏感な動物のため、ストレスによって声がかすれることがあります。鳴き声がかすれるようになったなら、何か環境に変化がないかチェックしてみましょう。

もし、引越しをしたり新しい動物を飼ったりアロマをつけ始めたということがあれば、そのことが猫にとってのストレスの原因になっている可能性があります。

アロマの場合は、その香りをやめたり、他の動物を飼い始めた場合は、なるべく猫と引き離したりして、猫のストレスの原因を無くしていきましょう。

なるべく、猫のストレスの原因になることを避け、猫にとっても暮らしやすい環境作りをしましょう。

猫がゴロゴロのどを鳴らしてくる理由

猫といえば、喉をゴロゴロ鳴らすのも特徴の一つです。撫でたりすると、喉をゴロゴロ鳴らしたりすることが多々あります。

どういった意味で喉をゴロゴロ鳴らすのかを知りましょう。

猫がゴロゴロのどを鳴らしてくる理由1:安心している

猫が安心しているときに、喉をゴロゴロ鳴らすことがあります。飼い主のあなたと一緒にいる時、リラックスしていると喉をゴロゴロ鳴らすことがあります。

喉をゴロゴロ鳴らすのは、母猫に自分の居場所を伝える役割もあるため、飼い主のあなたにそばにいることをリラックスした状態で伝えていることになります。

もし、自分の膝の上でこの喉を鳴らす音が聞こえたら、猫はあなたに安心感を感じているでしょう。

猫がゴロゴロのどを鳴らしてくる理由2:甘えている

猫がゴロゴロ喉を鳴らす理由は、他にも甘えている場合もあります。飼い主のあなたに寄り添い、甘えたいときに喉を鳴らしてすり寄ってきます。

安心している時と同様、母猫に自分が居ることを伝えるためにあなたに喉を鳴らして自分の存在をアピールしています。

例えば、撫でて居るときに喉をゴロゴロ鳴らし始めたら、あなたに甘えながらリラックスして居ることになります。

母猫と一緒にいるとき落ち着くように、あなたと一緒にいる空間に安心感を得ています。

猫がゴロゴロのどを鳴らしてくる理由3:眠い

猫が喉をゴロゴロ鳴らす時は、他に眠い時でもあります。完全なリラックス状態で安心しているとき、眠くなって鳴らしていることもあります。

例えば、猫を撫でているときに、まぶたをやっと開けている状態で喉を鳴らしていたら、眠い状態にあります。

大好きな飼い主も近くにいて、無防備に眠れるとき、喉を鳴らして眠気をアピールします。リラックス状態で甘えている状況ともいえます。

飼い主のあなたに触れられることによって、猫は安心して眠くなっているのでしょう。

猫がゴロゴロのどを鳴らしてくる理由4:気持ちがいい

猫は気持ちが良いときにも喉をゴロゴロ鳴らします。総合的に、中低音で喉をゴロゴロ鳴らす時はリラックス状態にあるといえます。

なので、撫でられたりしているときに喉をゴロゴロ鳴らし始めたら、気持ちが良くてリラックスしているときといえます。

例えば、首元や喉元など撫でているときに、嫌がらずに喉を鳴らして目を瞑り始めたら、気持ちが良い状態と言えるでしょう。

猫が長く鳴く理由

猫が叫ぶように鳴くというよりも長く鳴く時があります。

叫ぶまではいかなくても、猫が飼い主に何かをアピールしていることになるので、大きな声で長く鳴くことがあります。

猫が長く鳴く理由1:外に出してほしい

猫は、外に出して欲しいときに長く鳴く時があります。窓際やドア越しに長く鳴く時は、外に出して欲しい時です。

それを無視し続けたりすると、鳴き声が叫ぶように鳴く声になることもあります。一度でもその要求に答えると、猫も鳴けば開けてもらえると覚え、よく鳴くようになります。

例えば、当たり前のように猫の要求に答え続け、わがままになってしまった猫は、鳴いても開けてくれないと、叫ぶように鳴くこともあります。

猫が長く鳴く理由2:おなかがすいた

猫は、おなかがすいて餌を要求するときに長く鳴く時があります。決まった時間に餌がない場合など、その際に長く鳴いて飼い主に餌を要求することがあります。

猫が長く鳴く際には、どういった意味で鳴いているのかを考えてあげましょう。窓際やドアの近くならば、外に出して欲しいとき、餌がなくなっていたら餌が欲しいときなど、様子を見て要求に答えてあげましょう。

ただし、叫ぶように鳴く場合、長く鳴くにしても様子がおかしい場合は、何かにストレスを感じている場合があるので注意しましょう。

猫が短く鳴く理由

猫は、様々な鳴き方の一つに短く鳴く場合もあります。勿論、その鳴き方にも理由や意味があります。ただ単に、条件反射で声が出てしまうように短く鳴くときもあります。

猫が短く鳴く理由1:あいさつ

猫が短く鳴く理由に一つは、あいさつの意味があります。人と人が挨拶をするように、猫にも挨拶があります。なので、もし自分を出迎え短く鳴いた場合は、挨拶ととらえて良いでしょう。

猫の挨拶の仕方も色々な方法があり、お尻を見せると敵意がない友好の意味になります。更に、匂いを嗅ぐ行為も挨拶の一つです。

猫は、尖ったものに鼻を近づける習性があるので、指などに鼻を近づけて匂いを嗅ぐこともあります。

これも挨拶の一つで、そのあと顔を擦り付けてくるのは、自分の匂いをつけて自分のものにしようとしている意味があります。

猫が短く鳴く理由2:反射

猫は反射的に短く鳴くことがあります。触れたりした際に、人が反射的に声が出るのと一緒で猫も反射的に短く鳴き声が漏れてしまうことがあります。

例えば、猫に驚かせない程度に優しく触れると、反射的に短く鳴くことがあります。また、元々猫は匂いを嗅ぎあうことで挨拶になっていましたが、人間社会で生きている中で、鳴き声で挨拶した方が伝わり易いと考え、短く鳴くようになったといわれています。

話しかけた際に、短く鳴いて反応してくれるのも、反射の一つです。

猫が泣くときは発情期なのか?

猫が鳴く時は発情期なのか、鳴き方を知れば分かります。

叫ぶように鳴くようになり、それが発情期だからなのかを鳴き方で知ることで分かります。雄と雌の鳴き方の違いを知りましょう。

雄猫の鳴き方

雄猫は、発情するとしゃがれた声で叫ぶように鳴きます。雄猫には、発情期がなく、雌の発情期の鳴き声を聞いたり発情期のフェロモンを嗅ぐことによって発情し鳴き始めます。

なので、雌の発情期の鳴き声を聞くと、答えるように叫ぶように鳴くようになります。もし、昨日まで大人しかった雄猫が、しゃがれた声で叫ぶように鳴くようになった場合は、どこかで雌猫のフェロモンを嗅いだり鳴き声を聞いてしまったことが原因でしょう。

雌猫の鳴き方

雌猫の発情期は、雄猫よりも激しく吠え叫ぶように鳴きます。赤ちゃんの泣き声にも似た鳴き方なので、発情期の時期に独特な鳴き声で叫ぶように鳴くようになります。

例えば、夜中にホラー映画にありそうな赤ちゃんが泣くような不気味な叫ぶような鳴く声が聞こえたら、発情期の雌猫の仕業でしょう。

鳴きやまない猫への対策・対処法

叫ぶように鳴く猫にストレスを感じないために、鳴き止まない猫への対策があります。

特に、発情期の猫は叫ぶように鳴くために、近所迷惑にもなります。対策を知り、叫ぶように鳴く猫の対処しましょう。

鳴きやまない猫への対策・対処法1:猫が鳴いても無視をする

猫が鳴いても無視することが対処法の一つです。発情期で叫ぶように鳴く猫を止めることは、出来ません。

発情期は猫の習性なので、習性には逆らえません。なので、叫ぶように鳴く猫を無視するのも対処法の一つです。

例えば、猫が叫ぶように鳴くために近所の迷惑になることを考慮し、近所の人たちに理解を求めるために挨拶に回ることも対策の一つです。

理解がある人ならば、猫の発情期であることを理解し、叫ぶように鳴くことも容認してくれるでしょう。あらかじめ、猫を飼う際は近所の人たちに挨拶しておくと良いでしょう。

鳴きやまない猫への対策・対処法2:たくさん遊んであげる

猫が叫ぶように鳴くことをやめさせる対策の一つして、たくさん遊んであげるのも対策の一つです。

猫は、発情期以外でもストレスや不満で叫ぶように鳴くことがあります。叫ぶように鳴くことを抑えるために、たくさん遊んで猫を満足させることも対策の一つです。

例えば、猫じゃらしなどで猫と遊んであげると、猫は満足して夜もぐっすり眠るでしょう。猫は、持久力がそこまで高くないために、10~15分ほどで満足してくれるでしょう。

猫と遊ぶためのおもちゃもたくさん種類があるので、猫に合わせたおもちゃを選ぶと良いでしょう。

鳴きやまない猫への対策・対処法3:避妊・去勢をする

対策法として、避妊・去勢をする方法もあります。避妊・去勢をすることによって発情しなくなります。

そうすると叫ぶように鳴くことがなくなります。ただし、発情期の期間中に去勢手術を行うのはリスクがあります。手術での出血量が増えるために、猫への負担も増えるのでなるべく発情期になる前に去勢手術を行うと良いでしょう。

猫の鳴き声で気持ちを理解していこう

猫のなき声で気持ちを理解することは大切です。叫ぶように鳴くことにも意味があるように、どのような意味で鳴いているのかを考えてあげると、猫と一緒の生活がよりお互いに過ごしやすいものになります。

例えば、発情期以外で叫ぶように鳴く場合は、病気であったり、餌がなくておなかがすいているアピールであったり様々です。

猫の気持ちに寄り添うことで、鳴き声の意味を知ることができるでしょう。

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related