Search

検索したいワードを入力してください

猫がまとわりつく7つの意味とは?猫の愛情表現7つご紹介!

更新日:2020年09月23日

猫がまとわりつくのは、愛情を求めているからです。猫から愛情表現としてまとわりつく行動をとっていますが、猫は優しくなで返してほしいから、まとわりつきます。猫が望むことは、飼い主と愛情を分かち合う事です。猫は寂しがり屋だから、いつでも飼い主にまとわりつきます。

猫がまとわりつく7つの意味とは?猫の愛情表現7つご紹介!

猫のまとわりつきは信頼する相手への行為

猫をペットにしている人が経験するのは、猫がまとわりつく行動とるという事です。猫は足にまとわりついて、自分の飼い主であることを確認しています。

猫は独占力が強いから、まとわりつく行動を取ると考えても良いです。他の猫より、自分を可愛がってほしいからまとわりつきます。

愛情表現としても、猫はまとわりつく表現をします。猫は好きな人に対して、本能的にまとわりつきます。

猫の気持ちがわかる動画を見てみよう!

猫がまとわりつく7つの表現

猫は飼い主に構ってほしい時や遊んでほしい時に、まとわりつくことが多いです。また自分の存在をアピールする時にも、飼い主にまとわりつきます。

猫は自分自身をアピールして、愛情を注いでほしい時に、表情まとわりつきを実行すると言えます。遊び相手に」なってほしい時や愛情を伝えてほしい時に、猫は人にまとわりついて離れないと考えられます。

猫が飼い主と会いたかったと感じる時や寂しいときも、飼い主にまとわりつき始めます。まとわりつくことで、安心感を得ています。

猫がまとわりつく理由は?

  • 親と勘違いして
  • 不安を解消するため
  • かまってほしいとき
  • ご飯のおねだり
  • 簡単な挨拶
  • 縄張りをマーキングする
  • 寂しいと思っている

猫がまとわりつく意味1:親と勘違いして

猫の親子はとっても仲良しです。お互いを愛しあって大切にします。ですから、親離れしない猫は多いです。猫が飼い主やそばにいる人を、親と勘違いして懐くことがあります。

親の代わりに人にまとわりつきます。まとわりついて甘えたいからです。猫はとっても優しい動物ですから、孤独を嫌います。

親を懐かしむ気持ちが強い時、猫が人に寄り添いまとわりつくと考えられます。

猫がまとわりつく意味2:不安を解消するため

猫は犬と仲良くなれる仲間意識が高い動物です。一匹で過ごす猫は、心細くなり人に対して表情まとわりつきます。まとわりついて、安心感を得たいからです。

猫は集団で生活することが好きです。猫の仲間がたくさんいる時は、猫同士でまとわりついています。仲間の猫がいない時、飼い主やそばにいる人を仲間として受け入れているから、まとわりつくと思われます。

猫がまとわりつく意味3:かまってほしいとき

猫は自分の存在を知ってっ欲しい時に、表現まとわりつきます。人に遊んでほしい、かまってほしいと伝えるために、目を細めたり表情まとわりつくをします。

猫が暇をもてあそんでいると人にまとわりつき始めます。一緒になって遊んでほしいから、まとわりつく行動を始めます。猫は日向ぼっこや散歩が好きですが、人と遊ぶことも大好きです。

猫は自由なフィーリングで猫自身が人にかまってほしい時、勝手にまとわりつくと言えます。

猫がまとわりつく意味4:ご飯のおねだり

猫がお腹がすくと、飼い主にまとわりつくと言えます。飼い主を見上げながら表情まとわりつきで餌をおねだりします。御飯が欲しいからまとわりついて催促すると考えられます。

猫が気ままな動物ですから、お腹がすいたタイミングで餌を要求するために突然にまとわりつきます。足や腕にまとわりつき始めると、ご飯が欲しいのだと理解してください。

猫がまとわりつく意味5:簡単な挨拶として

猫は好きな人に触られれます。知らない人や嫌いな人には近づかないで警戒心を高めます。ですから、猫がまとわりつく行動をとる人は、猫から挨拶されていると考えられます。

猫がその人や飼い主を知っていると、認識して受け止めているためあいさつ代わりに足にまとわりくと考えられます。猫が警戒しないで、素直に甘えられる人だけ猫のまとわりつくことをして、猫から挨拶をされます。
次のページ:猫の愛情表現の方法7パターン

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related