Search

検索したいワードを入力してください

猫がまとわりつく7つの意味とは?猫の愛情表現7つご紹介!

更新日:2020年09月23日

猫がまとわりつくのは、愛情を求めているからです。猫から愛情表現としてまとわりつく行動をとっていますが、猫は優しくなで返してほしいから、まとわりつきます。猫が望むことは、飼い主と愛情を分かち合う事です。猫は寂しがり屋だから、いつでも飼い主にまとわりつきます。

猫がまとわりつく7つの意味とは?猫の愛情表現7つご紹介!

猫のまとわりつきは信頼する相手への行為

猫をペットにしている人が経験するのは、猫がまとわりつく行動とるという事です。猫は足にまとわりついて、自分の飼い主であることを確認しています。

猫は独占力が強いから、まとわりつく行動を取ると考えても良いです。他の猫より、自分を可愛がってほしいからまとわりつきます。

愛情表現としても、猫はまとわりつく表現をします。猫は好きな人に対して、本能的にまとわりつきます。

猫の気持ちがわかる動画を見てみよう!

猫がまとわりつく7つの表現

猫は飼い主に構ってほしい時や遊んでほしい時に、まとわりつくことが多いです。また自分の存在をアピールする時にも、飼い主にまとわりつきます。

猫は自分自身をアピールして、愛情を注いでほしい時に、表情まとわりつきを実行すると言えます。遊び相手に」なってほしい時や愛情を伝えてほしい時に、猫は人にまとわりついて離れないと考えられます。

猫が飼い主と会いたかったと感じる時や寂しいときも、飼い主にまとわりつき始めます。まとわりつくことで、安心感を得ています。

猫がまとわりつく理由は?

  • 親と勘違いして
  • 不安を解消するため
  • かまってほしいとき
  • ご飯のおねだり
  • 簡単な挨拶
  • 縄張りをマーキングする
  • 寂しいと思っている

猫がまとわりつく意味1:親と勘違いして

猫の親子はとっても仲良しです。お互いを愛しあって大切にします。ですから、親離れしない猫は多いです。猫が飼い主やそばにいる人を、親と勘違いして懐くことがあります。

親の代わりに人にまとわりつきます。まとわりついて甘えたいからです。猫はとっても優しい動物ですから、孤独を嫌います。

親を懐かしむ気持ちが強い時、猫が人に寄り添いまとわりつくと考えられます。

猫がまとわりつく意味2:不安を解消するため

猫は犬と仲良くなれる仲間意識が高い動物です。一匹で過ごす猫は、心細くなり人に対して表情まとわりつきます。まとわりついて、安心感を得たいからです。

猫は集団で生活することが好きです。猫の仲間がたくさんいる時は、猫同士でまとわりついています。仲間の猫がいない時、飼い主やそばにいる人を仲間として受け入れているから、まとわりつくと思われます。

猫がまとわりつく意味3:かまってほしいとき

猫は自分の存在を知ってっ欲しい時に、表現まとわりつきます。人に遊んでほしい、かまってほしいと伝えるために、目を細めたり表情まとわりつくをします。

猫が暇をもてあそんでいると人にまとわりつき始めます。一緒になって遊んでほしいから、まとわりつく行動を始めます。猫は日向ぼっこや散歩が好きですが、人と遊ぶことも大好きです。

猫は自由なフィーリングで猫自身が人にかまってほしい時、勝手にまとわりつくと言えます。

猫がまとわりつく意味4:ご飯のおねだり

猫がお腹がすくと、飼い主にまとわりつくと言えます。飼い主を見上げながら表情まとわりつきで餌をおねだりします。御飯が欲しいからまとわりついて催促すると考えられます。

猫が気ままな動物ですから、お腹がすいたタイミングで餌を要求するために突然にまとわりつきます。足や腕にまとわりつき始めると、ご飯が欲しいのだと理解してください。

猫がまとわりつく意味5:簡単な挨拶として

猫は好きな人に触られれます。知らない人や嫌いな人には近づかないで警戒心を高めます。ですから、猫がまとわりつく行動をとる人は、猫から挨拶されていると考えられます。

猫がその人や飼い主を知っていると、認識して受け止めているためあいさつ代わりに足にまとわりくと考えられます。猫が警戒しないで、素直に甘えられる人だけ猫のまとわりつくことをして、猫から挨拶をされます。

猫がまとわりつく意味6:縄張りを示すマーキング

猫は自分の縄張りにまとわりついて臭いをつけます。自分のテリトリーだという意味で、飼い主に猫自信の臭いをつけてマーキングします。

猫は独占力が強く、縄張りを几帳面に管理しています。猫は縄張りをつくるために匂いをつけながらマーキングして縄張りを確保していると言っていいです。

自分のテリトリーを荒らされたくないから、猫は可愛いそぶりで歩き回って匂い付けをします。

猫がまとわりつく意味7:寂しいと思っている

猫は、自分の存在を知らせてい時にまとわりつきます。寂しいと感じて、自分がここにいることをわかってほしいから、まとわりつくことをします。

猫はまとわりついて甘えています。喉を鳴らしながらまとわりついているのは、まとわりつく相手がいて喜んでいるからです。

猫は仲間がいなくなり、遊び相手がいない時も、人にまとわりつきます。そんな時とても猫の心が寂しい思いをしていると考えられます。

猫の愛情表現の方法7パターン

猫は飼い主や好きな人に対して、色々な方法で愛情表現してくれます。猫が愛情表現をしてくれる時は、頭や背中を撫でて可愛がるべきです。

猫の愛情表現のうち7パターンを解説します。猫が甘えて、飼い主を好きだと伝えてくれる愛情表現を理解すると、もっと猫と仲良くなれるはずです。

猫が愛情深い動物だから、飼い主に愛情表現を示すと言えます。

知っておくべき猫の愛情表現!

  • 仰向けでお腹を見せる
  • 体をすり寄せてくる
  • 喉を鳴らす
  • しっぽを立てる
  • 甘噛みしたり、舐めたりする
  • お土産を持ってくる
  • 前足踏みをしてくれる

猫の愛情表現の方法1:仰向けでお腹を見せる

猫は信頼する人の前で仰向けになりお腹を見せます。猫が安心していると考えて良いです。猫が注意力を緩めてリラックスしながら愛情表現するときに、仰向けになってお腹を見せます。

飼い主や好きな人に対して愛情を示すときに、仰向けになってお腹を見せます。敵対心が全くないという意味です。仰向けになってお腹を見せている相手を、仲間として受け入れている時にする愛情表現です。

猫の愛情表現の方法2:体をすり寄せてくる

猫は飼い主や好きな人を、自分のものにしたいから体をすりつけて匂いをつけます。他の猫に取られたくないと感じているから、体をすり寄せると言えます。

猫は愛情深い動物です。体をすり寄せて、とっても深い愛情を示します。他の猫を可愛がってほしくないからです。猫にもジェラシーがあるので、飼い主の心を自分に引き寄せたい時に体をすり寄せます。

猫の愛情表現3:喉を鳴らす

猫は飼い主を愛しているから、喉を鳴らして飼い主が撫でてくれると喜びます。猫が喉を鳴らすのは幸せだからです。飼い主に対して安心感を持っている時に喉を鳴らします。

喉を鳴らすのは猫らしい独特の愛情表現です。

猫が飼い主を好きでたまらない時に、喉を鳴らして愛を示すと考えられます。飼い主や好きな人に自分が幸せだとのどを鳴らして伝えます。

猫の愛情表現の方法4:しっぽを立てる

猫は嬉しい時に興奮してしっぽを立てます。

しっぽを立てながら、飼い主に近づくのは飼い主を愛しているからです。飼い主にもっと自分を見てほしい、存在に気づいてほしいからしっぽを立てます。

猫がしっぽを立てるのは飼い主になついているからです。いつも一緒に過ごす時間が長い飼い主を親のように慕っているから、しっぽを立てます。

猫の愛情表現の方法5:甘噛みしたり、舐めたりする

猫が人の指先を噛んだり舐めたりするときは、愛情を示していると受け取れられます。

猫が甘噛みしたり舐めたりするのは友達だと認識しているからです。猫は信頼している相手に、甘噛みしたり舐めたりします。

猫が飼い主の服を引っ張ったり、噛んだりして遊ぶ時と同じように、猫がリラックスできている時に甘噛みしたり舐めたりすると考えられます。

猫の愛情表現の方法6:お土産を持ってくる

猫は飼い主に昆虫や小さな動物を捕まえて、お土産として持ってくるときがあります。それは猫にとって最高のおもてなしです。

飼い主のために、自分が捕まえてきた昆虫などを貢いでいると考えます。

猫が見ている前で昆虫を捨てると猫が傷つきます。猫の見ていない時に、昆虫などを処分するべきです。猫は好きな人や大好きな飼い主にお土産を持ってくる習慣があります。

猫の愛情表現の方法7:前足踏みをしてくれる

猫は母猫を懐かしく思い出している時に前足踏みをします。飼い主や優しい人を母猫と重ね合わして甘えているからです。猫は母猫を忘れません。

猫が前足踏みをしてくれるのは親子の愛情表現です。飼い主を母猫のように愛しているから、前足踏みをしてくれます。とっても心の気綱が強い証明です。

猫がまとわりつくときはコミュニケーションをとってあげよう

猫が飼い主や好きな人にまとわりつく時は、しっかり相手をしてあげてください。猫から愛情表現されたら、撫でるとか話しかけてコミュニケーションをとることが大切です。

猫がまとわりついたら無視することはいけません。無視すると猫が悲しみます。しっかりまとわりつく行動を理解して、かまってあげてください。猫は愛情深い動物ですから、愛情を返すことで凄く喜びます。

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related