Search

検索したいワードを入力してください

の白黒猫の種類はどれくらいある?白黒猫の柄や特徴・性格を紹介

初回公開日:2019年08月02日

更新日:2020年09月20日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ペットの中でも非常にが高い猫ですが、その中でも最もなのが白黒猫です。白と黒の模様が混じり合った白黒猫ですが、その種類は豊富です。またそれぞれの種類別で、柄や特徴、性格、値段なども紹介します。白黒猫を飼おうと検討している人は参考にしてみてください。

の白黒猫の種類はどれくらいある?白黒猫の柄や特徴・性格を紹介

白黒猫とは?

白黒猫というのは、雑種の猫がほとんどです。黒と白の被毛で全身が覆われており、その模様や色の割合などによって、呼び方や種類がかわります。

個性的な模様の形が、白黒猫の魅力となっています。

白黒猫の模様とは?

白黒猫は白がどのくらい占めているかによって、種類は分けられています。

白の割合が40%未満の場合は「ローグレード」、白の割合が40%から60%未満の場合は「バイカラー」、白の割合が60%以上の場合は「ハイグレード」というパターンに分類されます。

また黒の割合のほうがあきらかに多い白黒猫は黒白猫と呼ばれることもあります。

白猫と黒猫との違い

白猫は色素が薄いため、皮膚や目が紫外線には弱いという性質があります。そのため、日中にはあまり出歩くことが少なく、比較的、臆病で消極的な性格をしています。

黒猫は意外と社交的で有効的な性格の猫が多いとされていて、人懐っこく甘えん坊な猫が多いとされています。

白黒猫とハチワレ猫との違いは?

ハチワレ猫というのは、額から八の字に模様が入っている猫のことをいいます。

白黒猫に多くみられますが、白黒猫のカテゴリーにははいりません。それには理由があります。いったいなぜなのでしょうか。

白黒猫とハチワレ猫の違い

日本では、ハチワレ猫の割合はとても多く、一番多いキジトラ猫に続くとされています。その中でも特に多いのが白黒猫のハチワレ猫です。

ただハチワレ猫は白黒猫に限りません。額で八の字の模様が入っていれば白黒猫だけでなくキジトラ柄の猫でもハチワレ猫に分類されます。

ハチワレ猫には、いろんな色のバリエーションや猫の種類が存在します。

ハチワレ猫は縁起がいいと言われる

ハチワレ猫の名前の由来は、額の模様が漢字の八の字になっていることからつけられました。

漢字の八の字は、すそが両外側に広がっていることから次第に広がり栄えていくという、末広がりの縁起のいい文字だとされています。

そのため額にその八の字が模様として入ってるハチワレ猫は縁起のいい猫といわれるようになりました。

白黒猫の特徴

白黒猫の特徴をいくつかに分けてみてみました。日本ではキジトラ猫に次いで多いですが、その色の配分や模様はさまざまです。

白黒猫を飼ってみたいけど、その特徴によってどんな違いがあるのか検討してみましょう。

白黒猫の特徴

  1. 生命力が強い
  2. 毛色が白黒で構成されている
  3. オスメス比に偏りがない
  4. ユニークな模様

白黒猫の特徴1:生命力が強い

白黒猫はよく生命力が強いのではないかといわれます。しかし白黒猫にはそのような事実はありません。

ではなぜ白黒猫が生命力の強いイメージを持たれるようになったのでしょうか。

それは縁起がいいから長生きするだろうとか、品種改良をせずに自然のまま生まれたから、比較的丈夫だろうという人間の思い込みと考えられます。

白黒猫の特徴2:毛色が白黒で構成されている

白黒猫の大きな特徴は、白と黒の二色だけで全身の被毛が構成されているところにあります。

白と黒の割合によって種類が違ったり、模様によって個性が分類されたりします。白黒猫は雑種も血統書も同じ白黒猫としての分類がされることも特徴的です。

長毛や短毛によっても同じ白黒猫でもずいぶんと印象は違います。

白黒猫の特徴3:オスメス比に偏りがない

三毛猫はほとんどメスしかいないことはよく知られています。また茶トラにはオスが多く猫の種類によってオス・メスの比率が変わることがあります。

それは猫の毛の色が遺伝子によって決まるためです。オスは二色以上の毛色を持つことができないとされており二色である白黒猫には、オスもメスもどちらも等しく産まれる可能性が高いです。

白黒猫の特徴4:ユニークな模様

白黒猫に模様は数多くあり、ユニークで変ったものがたくさんあります。

よく知られているのが、縁起のいい猫としての高いハチワレ猫です。額のところに末広がりの八の字の模様が入っています。

またタキシードを着ているような猫や、チョビヒゲを生やしたような貴族風の猫、富士山を連想させるような模様の白黒猫もいます。

白黒猫の性格

白黒猫は、白猫と黒猫の性格を受け継いでいます。

そのためどちらの割合が多いかによって、猫の性格も変わります。白黒猫の性格が飼い主によって感じ方が違うのはそのためだと考えられます。

両方の性格を受け継いだ白黒猫はハイブリッドで面白い性格です。

白黒猫の性格

  1. 臆病
  2. 神経質
  3. 甘えん坊

白黒猫の性格1:臆病

白猫は臆病で消極的な性格の猫が多いため、白い毛の割合の多い白黒猫はこちらの傾向が強いと考えられます。

白黒猫は比較的紫外線などには弱く、また自然界にいると目立ってしまうことから、生まれつき注目されやすいという性質をもっているため、少しコミュニケーションに対して臆病なところがあります。

その遺伝子を受け継いだ白黒猫は、少し臆病で引っ込み思案になる傾向があります。

白黒猫の性格2:神経質

上記同様、白い猫の性質の割合の多い白黒猫は、神経質になりやすいとされています。

白い猫は、神経質で警戒心が強く臆病になりがちです。その性格を濃く受け継いだ白黒猫は、やはり神経質の猫が多くなっています。

しかし、白黒猫は黒猫の性質も持ち合わせているため、白猫ほどではありません。ハイブリッドな白黒猫は、バランス良くちょうどいい性格になっています。

白黒猫の性格3:甘えん坊

黒猫は昔から縁起が悪いとされて嫌われやすい猫ですが、案外社交的で人懐っこく甘えん坊のかわいい性格をしています。

この黒猫の性質が多く含まれている白黒猫は甘えん坊になりやすいとされてます。

白黒猫は白猫と黒猫のハイブリッドですから、ツンとしていても甘えん坊な部分もある愛らしい性格をしているのが白黒猫です。

純血種に見られる白黒柄の猫1:ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットは、大柄で、被毛が長くふわふわしています。見た目もとてもゴージャスですが、長い毛を飲み込むことがあり、ヘアボールケアの必要があります。

白黒猫もがあります。
初期費用継続費用寿命手間飼育の難易度
20万前後5万程度11〜14歳程度ブラッシングはこまめに飼育難易度は高くない

ノルウェージャンフォレストキャットの値段

ノルウェージャンフォレストキャットは、ペットショップで購入すると15万円から40万円程度です。ブリーダーから直接購入の場合は、少しリーズナブルで20万円前後です。

飼育グッズはケージや食器、おもちゃなどを合わせて3万円から4万円程度です。また餌代は、普通の猫より大きいので5万円程度となります。

飼育グッズはケージや食器、おもちゃなどを合わせて3万円から4万円程度です。また餌代は、普通の猫より大きいので年間で5万円程度とけっこう高くなります。ちなみに普通の猫は3万円から4万円程度です。餌代は猫の大きさに比例します。

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴

普通の猫よりも大柄なため餌代が通常よりもかかります。被毛が長いため、絡まってしまわないように週に3~4回のブラッシングは欠かせませんし、シャンプーもマメにする必要があります。

長い毛を飲み込んでしまって、胃の中でヘアボールができないように、またできてしまったヘアボールの排出を促すために、食事にも気をつけてあげなければいけません。

ノルウェージャンフォレストキャットの性格

ノルウェージャンフォレストキャットは、大柄でゴージャスですが、性格は明るく甘えん坊なで人懐っこいので、飼育難易度はそれほど高くはありません。

ただいたずら好きで、好奇心も旺盛なので、部屋の中で走り回ったりすることもあります。また適度に運動をしないと太りやすい性質なので、キャットタワーを設置するなどして、体調管理に気をつけてあげましょう。

ノルウェージャンフォレストキャットの寿命

ノルウェージャンフォレストキャットの平均的な寿命は、11歳から14歳とされています。

一般的な猫の平均寿命は15歳なので、比較すると少し短いですが、飼う時の環境やエサに注意し、また体調管理もしっかりしてあげれば、長生きも可能です。

中には20歳まで生きたノルウェージャンフォレストキャットもいることから、体調管理をして愛情を注いであげれば、少しでも長く一緒にいられることもできます。

純血種に見られる白黒柄の猫2:コーニッシュレックス

コーニッシュレックスはすらりと手足が長く、モデルのような容姿をしていて、見るからにゴージャスな猫です。

ヒゲから尻尾の先まで全身カールした短毛が特徴で、白黒猫のハチワレタイプの猫もいます。
初期費用継続費用寿命手間飼育の難易度
10〜20万4〜5万12〜15歳程度短毛でブラシの手間なしヒトが大好きな猫

コーニッシュレックスの値段

コーニッシュレックスは個性的な容姿をしておりとても高級感が漂う猫ですが、ペットショップでだいたい10万円から20万円程度で購入することができます。

ただやはり珍しい猫なので手に入りにくいためブリーダーでの購入をおススメします。必要な飼育費用は、初期費用として3万円程度。食費は年間で4万円から5万円程度です。

コーニッシュレックスの特徴

コーニッシュレックスは短毛なので、ブラッシングなどの手間はかかりません。運動量は多いのでストレスを溜めないよう適度な運動が必要です。

また短毛の白黒猫は寒さに弱いため、冬は特別温度管理に注意してあげましょう。

コーニッシュレックスの性格

コーニッシュレックスは見かけとは違って、無邪気で甘えん坊なところのある、愛嬌たっぷりの白黒猫です。

人懐っこい性格で人間のことが大好きなので、飼育に必要以上な手間はかかりません。

人間にはすぐになついてくれますが、ただほかの猫と一緒に過ごすのは苦手なので、何匹も一緒に飼うのは避けたほうがいいでしょう。

人間にはすぐになついてくれますが、ただほかの猫と一緒に過ごすのは苦手で、余計なストレスを与えてしまうので、何匹も一緒に飼うのは避けたほうがいいでしょう。

コーニッシュレックスの寿命

白黒猫でのコーニッシュレックスはだいたい12歳から15歳が平均寿命です。通常猫の寿命は平均で15歳くらいとされていますので、コーニッシュレックスは猫の平均寿命と同じ程度ということになります。

大切な愛猫に少しでも長生きをしてもらうには、環境を整えて、食事に気をつけてあげるようにしましょう。

コーニッシュレックスは運動量の多い猫なので、たっぷりと運動をしてバランスのいい食事をすることで長生きも期待できます。

純血種に見られる白黒柄の猫3:ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイルは尻尾の短いのが特徴の、日本で生まれた雑種の猫です。

毛の柄や色は日本的で白黒猫はがあります。スッキリとスマートな体のラインや足が長いところなどは、あまり日本的ではありません。
初期費用継続費用寿命手間飼育の難易度
10〜15万4〜5万10〜13歳程度太りやすいので食事管理が重要人懐こく甘えん坊

ジャパニーズボブテイルの値段

ジャパニーズボブテイルは雑種ということから、入手するのが難しい猫です。値段は日本で買うと少しリーズナブルで10万円から15万円とされています。

ブリーダーから直接購入する方が少し高くなる傾向にあります。初期費用としてはケージやトイレなど基本的なもので約3万円から4万円程度。食費は年間で4万円から5万円と平均的です。

ジャパニーズボブテイルの特徴

ジャパニーズボブテイルは太りやすい体質なので、食事には気をつけてあげる必要があります。栄養バランスやカロリー、また適度な運動をさせてあげます。

毛の長さはさまざまで、ブラッシングは長い毛なら1日2回、短い毛なら1日1回程度、またシャワーは1週間に1回程度でいいでしょう。

長い毛のジャパニーズボブテイルは、胃の中にたまってしまうヘアボールに注意してあげましょう。

ジャパニーズボブテイルの性格

ジャパニーズボブテイルは穏やかでやさしい性格です。そしてとても人懐っこく甘えん坊な面も持ち合わせており、人間と共存するには、とても適した猫と言えるでしょう。

好奇心が旺盛でよく遊びます。また環境にも馴染みやすく、必要以上にいたずらをしたり騒いだりすることは滅多にありません。とても賢い猫です。

ジャパニーズボブテイルの寿命

ジャパニーズボブテイルはやや小ぶりな猫で、寿命は平均で10歳から13歳とされています。通常の猫の寿命は15歳なので、少し短い傾向にあります。

栄養バランスのとれた食事や、環境を整えてあげることで、余計な負荷がかからずストレスのない生活をすれば、少しでも長生きも可能です。しっかりと体調管理をしてあげましょう。

純血種に見られる白黒柄の猫4:スコティッシュフォールド

耳がたれているのがチャームポイントのスコティッシュフォールドにも白黒猫がいます。

ただ被毛の種類がとても多いため、白黒猫のスコティッシュフォールドを見つけるのは難しいとされています。
初期費用継続費用寿命手間飼育の難易度
5万〜20万4〜5万10〜13歳程度体が弱く健康管理が必要鳴き声小さく温厚

スコティッシュフォールドの値段

スコティッシュフォールドの特徴と言えば、折れた耳です。この折れ具合によって、値段にはずいぶんと差が現れます。耳が立っている場合は、5万円から6万円程度で、折れた耳は10万円から20万円とされています。

ケージやトイレ、食器、またおもちゃなど、スコティッシュフォールドを飼うために必要な初期費用は、だいたい4万円から5万円で、食事代などが4万円から5万円と平均的です。

スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドの特徴は耳が折れているスコティッシュフォールドと耳が折れていないスコティッシュフォールドがいる点です。

比較的体が弱いことから、健康管理には細心の注意が必要となります。すぐに診てもらえる病院の確保や、定期検診などを行うようにすれば、安心です。

スコティッシュフォールドの性格

スコティッシュフォールドは、温厚でおっとりとした性格で、とても人懐っこく、大人になっても子どものようにはしゃいで遊ぶのが大好きです。

鳴き声も小さくてマイペース、また運動が嫌いなので、ドタバタ走り回ることもあまりありません。そのため近所迷惑を気にすることもなく、はじめての人でもとても飼いやすい猫です。

スコティッシュフォールドの寿命

スコティッシュフォールドの寿命は10歳から13歳です。一般的な猫は15歳が平均寿命とされていますので、それに比べると短くなっています。

スコティッシュフォールドは先天的な病気を持って生まれてくることが多く、そのため長く生きるのが難しいと考えられています。

少しでも長く生きてもらうために、余計なストレスのない愛情たっぷりの生活環境を整えてあげましょう。そうすることで、少しでも長く生きてくれる可能性はあります。

純血種に見られる白黒柄の猫5:マンチカン

の白黒猫の種類はどれくらいある?白黒猫の柄や特徴・性格を紹介
※画像はイメージです
マンチカンは短い足が特徴の猫です。猫のダックスフントと呼ばれることもしばしばです。特に前足が短く歩き方がとてもかわいい猫です。

マンチカンは多くの色や柄があり、もちろん白黒猫もいます。
初期費用継続費用寿命手間飼育の難易度
4〜45万4〜5万11〜13歳程度太りやすいので要運動人懐こく環境適応能力高い

マンチカンの値段

マンチカンはその愛らしい姿から、猫の中でも有数クラスのを誇っています。そのため種類や数も多いことから、値段には大きな幅があります。流通しているものは4万円から45万円程度とされています。

マンチカンの特徴は折れた耳ですが、耳が折れていないマンチカンや、歳のとったマンチカンなどは比較的安く入手することができます。

マンチカンの特徴

マンチカンの毛は抜けやすく、また季節に関係なく一年中抜け毛をしています。それは長い毛でも短い毛でも、あまり変わりがありません。

そのため一日一回はブラッシングやコーミングをしてあげる必要があります。何もせずに放っておくと、家の中が毛だらけになってしまいます。

また太りやすいため、適度な運動が必要です。キャットタワーなどを設置するといいでしょう。

マンチカンの性格

マンチカンはその愛らしい見た目どおり、とても愛嬌があって甘えん坊で人懐っこい猫です。

環境にもすぐに馴染んでくれますし、好奇心旺盛で遊ぶのが大好きです。そのため手もかからずはじめてでも飼いやすい猫です。

また人間のことも大好きなので、自ら寄ってきてくれますし、コミュニケーションをとるのもそう難しくはありません。

マンチカンの寿命

マンチカンは猫の平均寿命に比べると、11年から13年と、少し短いのが特徴です。

一般的な猫の寿命は15年前後とされています。それでも20年も生きたというマンチカンもいますので、生活環境や栄養バランスを考えた食事をとることで、寿命をのばすことはできます。

少しでも長く一緒にいられるために、愛情をたっぷりと注いであげましょう。

純血種に見られる白黒柄の猫6:ターキッシュバン

の白黒猫の種類はどれくらいある?白黒猫の柄や特徴・性格を紹介
※画像はイメージです
ターキッシュバンは、トルコが原産国で、白黒猫もがあります。

長毛でふわふわした毛で覆われており、とても愛らしい姿をしています。また猫には珍しい、水が得意な猫として知られています。
初期費用継続費用寿命手間飼育の難易度
30〜40万4〜5万円15歳程度抜け毛が少ない社交的で飼いやすい

ターキッシュバンの値段

ターキッシュバンは希少価値の高い猫で、ペットショップなどでは手に入りにくいとされています。ブリーダーからの購入となりますが、値段はだいたい30万円から40万円と少々高めとなっています。

ターキッシュバンはほかの猫と比べても特別手もかかりませんので、初期費用は4万円から5万円程度で、食事代も年間で4万円から5万円程度が妥当です。

ターキッシュバンの特徴

ターキッシュバンは被毛が長く、手入れに手間がかかりそうですが、実はシングルコートの被毛なため、ブラッシングはスムースですし、抜け毛も少ないのが特徴です。

猫の被毛の構造は二種類の毛で覆われているダブルコートになっており、抜け毛が多いのは内側のアンダーコートです。

猫は狭いところが大好きですが、ターキッシュバンは逆に狭いところは苦手です。ケージなどにずっと閉じ込めておくと、ストレスになってしまいます。

ターキッシュバンの性格

社交的で愛情深い性格のターキッシュバンは、はじめて猫を飼う人にとって、とても飼いやすい猫となっています。

またとても賢く、しつけをすればいろんなことができるようになります。甘えん坊で活発で、歳をとって、大人になってもいつまでも子どものように、無邪気に遊ぶことが大好きな猫です。

猫本来の無邪気さを好きという人には猫です。

ターキッシュバンの寿命

ターキッシュバンの平均寿命は15歳程度とされています。

これは猫全体の平均寿命と同じです。ターキッシュバンは交配を繰り返してできた新しいタイプの猫たちとは違って、遺伝子疾患がないため、とても強い猫なのです。

病気にもかかりにくいので、華奢な見た目とは違って、とても丈夫です。ストレスのない生活環境であれば、更に元気で長生きをしてくれると期待できます。

白猫と黒猫のハイブリットの白黒猫は模様が特徴的!

白猫と黒猫が合わさって生まれた、特徴的な被毛の白黒猫です。白黒猫は、色んな柄やまた猫の種類によってもずいぶんと雰囲気が違います。

ひとことで白黒猫と言っても、その種類はさまざまです。色の割合や模様のバリエーション、また長毛や短毛など、幅広く白黒猫は存在します。

どの白黒猫にするか迷ってしまいますが、まずは、相性のいい白黒猫を見極めましょう。

Related