Search

検索したいワードを入力してください

ラグドールの大きさはどれぐらい?特徴と飼育する際の注意点

初回公開日:2019年08月29日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ラグドールという猫をご存知でしょうか。体の大きさと毛のふわふわ感が魅力的な猫種です。この記事では、そんなラグドールの特徴や飼う時の注意点などをご紹介します。ラグドールについてもっと知りたい方や、何も知らない方も、ぜひ読んでみてください。

ラグドールの大きさはどれぐらい?特徴と飼育する際の注意点

ラグドールとは?

猫をペットとして家に迎え入れるのって、とても幸せでワクワクする事でしょう。自分の家族になってくれる子はどんな子にするか、数ある猫種から選ぶのも楽しみの1つです。

そこで今回は、毛並みがふわふわしているラグドールをご紹介します。ラグドールとはどういう猫種なのか、歴史や魅力、飼う時の注意点を見ていきましょう。

ラグドールの歴史

ラグドールは、カリフォルニアから広まった猫種です。ブリーダーの女性はラグドールにこれまでにない魅力を感じ、その魅力をビジネスにしようとしました。

彼女は独自でIRCAという組織を設立し、そこに登録したブリーダー以外がラグドールという名を使用してはいけないという、フランチャイズのビジネスを始めました。

しかし、それに異議を唱えた夫婦がIRCAに登録をしないままラグドールを増やすことに成功させました。

その結果、ラグドールが多くのブリーダーの手に渡り、血統管理団体に登録されました。

ラグドールの名前の由来

ラグドールの名前の由来は、英語の『ragdoll』からきています。ragdollを日本語にすると、ぬいぐるみの人形と言う意味です。

抱き上げるとまるでぬいぐるみのように大人しくなる事や、抱き上げると体を預ける事などから、ぬいぐるみ(ragdoll)という名前になりました。

ラグドールがだっこされている場面を見てみると、本当に幸せそうです。他の猫では味わえないぬいぐるみのような可愛さは、その名前に全く負けていません。

ラグドールの魅力的な特徴

ラグドールの歴史と名前の由来をご紹介しましたので、次はラグドールの魅力的な特徴をご紹介していきます。

ラグドールは魅力的な特徴に溢れている猫です。これまでラグドールを知らなかった人や興味なかった人も、その魅力を知ればメロメロになる可能性もあるでしょう。

愛らしいその特徴に、どっぷりハマっちゃってください。

ラグドールの魅力的な特徴

  1. 大きさ
  2. 成長
  3. 毛色

大きさ

ラグドールの魅力的な特徴1つ目は、体の大きさです。体格はがっしりとしていて、猫の中でも非常に大きい方です。

個体差もありますが、猫の平均体重が5kg程度の中、大きくなる子は体重が10kgになる事もあります。

体が大きい猫の特徴の1つに、性格がおおらかだと言う点があげられます。ラグドールも例にもれずおだやかな性格をしており、抱っこが大好きな猫です。

かまってちゃんな性格なので、大きな体で抱っこしてと甘えてくる姿は、可愛い以外の何物でもありません。

成長

ラグドールの魅力的な特徴の2つ目は、成長のスピードです。

他の猫の成長は生後1年程で終わりますが、ラグドールの成長はだいたい4年くらいです。ゆったりとした成長スピードが、ラグドールの特徴です。

猫の成長は、飼い主にとってペットを飼う楽しみの1つです。

自分の元で元気に大きくなっていく姿を見るのは嬉しく感じますし、ラグドールを飼えば、その喜びを4年かけて味わう事ができるでしょう。

どんどん大きくなる喜びを、ぜひ噛み締めて下さい。

毛色

ラグドールの魅力的な特徴の3つ目は、毛色です。

ラグドールは成長がゆっくりだとご紹介しましたが、毛の色もゆっくり完成されていきます。2年近くかかる事もあるそうで、その変化を楽しむのも良いでしょう。

ラグドールの毛色はホワイト、クリーム色を基本として、チョコレート色、ブルー、クリームなどの美しいポイントカラーが、顔の中心や手足に現れます。

ラグドールは毛色の美しさは、毛並みが美しいからこそです。体を一度触ると病みつきになると言われており、シルクのようになめらかな感触です。

ラグドールの成長

ラグドールの魅力的な特徴として、成長について少しだけ触れました。

では、ラグドールの成長は一体どのようなものなのか、詳しく掘り下げていきましょう。

生まれた時の大きさ、成長するまでの期間、成長時の大きさなどを調べてまとめてみましたので、今ラグドールの魅力にはハマり始めて、飼いたい気持ちが芽生えてきている人は参考にしてみて下さい。

生まれた時の大きさ

ラグドールの生まれた時の大きさは、だいたい100~200gくらいです。大型の猫であるラグドールですが、生まれた時は普通の猫と同じくらいの大きさか、少し大きいくらいです。

片手に乗ってしまう程の大きさは今の時期しか味わえませんので、思う存分堪能しましょう。

1ヶ月くらいが経つと、体重は500gくらいになります。ここまで見ると、普通の猫たちと同じくらいの体重です。

しかし、2カ月経つと食欲旺盛になり、他の猫たちより大きくなっていきます。

成長するまでの期間

生後から2カ月くらいまでは、他の猫たちと同じように成長を続けていきます。生後2カ月を超えると、他の猫たちよりも体が大きくなって体重も増えるようになります。

1歳を迎えると、大きさは4~7kgにまで成長するでしょう。

普通の猫はここで成長が止まりますが、ラグドールはまだまだ成長し続けます。体重の増加は緩やかになりますが、2歳を迎える頃には大きさが8kgまでなる子もいます。

そこからも成長は進み、3歳から4歳までは成長を続けます。

成長時の大きさ

ラグドールが4歳になったら成長は止まります。成猫になった時の大きさは、性別によって変わってきます。

メスのラグドールの大きさは4.5~7kgぐらいで、オスのラグドールの大きさは6.5~9kgくらいです。大きさが9kg近くなるのは、オスの場合が多いです。

メスとオスの大きさの差は2kgあり、そのため、自分がどれくらいの大きさのラグドールが欲しいのかを考えて選んだ方が良いでしょう。

抱っこが好きな猫なので、自分がどれくらいの重さまで耐えられるのかを考慮したり、家の広さを考えたりしましょう。

ラグドールを飼育する際の注意点

ここまで、ラグドールの魅力をお伝えしてきました。もしかしたら、ラグドールを飼ってみたいと思い始めた方もいるのではないでしょうか。

そこで、次はラグドールを飼育する際の注意点をご紹介します。

ラグドールを飼う上で適した環境はどんな環境なのか、どんな育て方をしていけば良いのか、4つにまとめてみましたので、ぜひ読んでみてください。

ラグドールを飼育する際の注意点

  1. 室内で飼育する
  2. くつろげる空間を作ってあげる
  3. 毎日のブラッシング
  4. 低いキャットタワー

ラグドールを飼育する際の注意点1:室内で飼育する

大きな体を持ったラグドールなので、室外で飼う方が向いているのでしょうか。答えは、NOです。

ラグドールはおっとりした性格をしていて、素早く動くのが苦手です。そのため、外で飼っていると、車や自転車などに轢かれてしまう可能性があります。

室内の安全な場所で飼ってあげましょう。

また環境の変化を嫌うので、ラグドールが過ごす環境はあまり変えないであげて下さい。引っ越しや衣替えをした際は、ラグドールが慣れるまで見守ってあげましょう。

ラグドールを飼育する際の注意点2:くつろげる空間を作ってあげる

成猫になったラグドールは、静かに過ごす事が好きです。ですので、ラグドールがゆっくりくつろげる空間を作ってあげて下さい。

猫が気に入るようなベッドや箱などを見つけてあげるのが良いでしょう。

また、体の大きさとは裏腹にデリケートで繊細なため、くつろげる空間がないとストレスが溜まって健康に悪影響を及ぼします。

猫はにおいに敏感なので、くつろげる空間には猫のにおいが付いたものや、ご主人のにおいが付いた物を置いておきましょう。

ラグドールを飼育する際の注意点3:毎日のブラッシング

ラグドールの毛はふわふわでとても触り心地が良く、絡まりにくい特徴を持っています。

しかし、毛の量は多いので毎日のブラッシングを行ってあげましょう。

ブラッシングを毎日行ってあげると、毛玉を飲みこんでしまうこともなくなります。毛が生え換わる時期は、特に入念に行ってあげましょう。

ラグドールを飼育する際の注意点4:低いキャットタワー

おっとりした性格のラグドールですが、やはり運動は必要です。キャットタワーを設置して、日頃から運動させるようにしましょう。

ここで注意なのですが、ラグドールはあまり高い所が好きではありません。ちょっと鈍感なところもありますので、キャットタワーを買う際は低い物を選ぶようにしましょう。

また、体が大きいので、幅の広い物にしてあげてください。

成長の変化が楽しめるラグドール

今回はラグドールについてご紹介しました。

抱っこされるのが大好きな性格や体の大きさなど、色々な魅力を知っていただけたのではないでしょうか。

頭の良い猫なので、飼いやすく初心者の人にもおすすめの猫種です。

成長の変化が楽しめる猫なので、そこに強く魅力を感じていただけたなら、一度ペットショップに行って会ってみて下さい。

Related