Search

検索したいワードを入力してください

犬が餌を食べないのはなぜ?ご飯を食べない原因と対策をご紹介

更新日:2020年08月30日

犬が餌を食べないと「体調が悪いのでは?」とあれこれと心配してしまいます。犬が餌を食べないのはいったいなぜなのでしょうか?この記事では犬が餌を食べない理由に加えて、原因別の対処法をご紹介しているので、困った時にぜひご覧ください。

犬が餌を食べないのはなぜ?ご飯を食べない原因と対策をご紹介

どうして犬が餌を食べない?

愛犬が餌を食べないと「体調が悪いのかな?」とあれこれ心配になってしまいます。時と場合によって、犬が餌を食べない理由はさまざまです。

この記事では犬が餌を食べない原因に加えて対処法についてもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

犬が餌を食べない理由とは何なのか?

犬を飼っている人の大半は、愛犬が餌を食べないことに悩んだり心配したことがあるはずです。では、いったいそれはなぜなのでしょうか?

ここではまず、犬が餌を食べない主な理由についてチェックしておきましょう。

体調不良

犬が餌を食べない理由としてまず考えられるのが、体調を崩しているからということです。

お腹が痛かったり下痢をしているなど、体調に何らかの問題があると餌を食べたくとも食べることができなくなってしまうでしょう。

いつもは餌をもりもりと食べるのに、急に元気がなくなって餌を食べないようになったのならば、体のどこかに痛みや不調を感じている可能性があります。

少しでも「いつもと様子が違うな」と感じたならば、かかりつけの動物病院で診てもらうと安心でしょう。

ストレス

ストレスを感じているというのも、犬が餌を食べない主な理由のひとつとして挙げられるでしょう。

犬は私たち人間が思っている以上にデリケートな生き物です。いつもと違った環境に置かれたり、飼い主さんに十分に構ってもらえないことなどでストレスを溜めこんでしまった犬は、ストレスから食欲がなくなり餌を食べないようになります。

たとえば、ペットホテルや動物病院に宿泊する犬の少なからぬ割合が、飼い主さんから離れて一人見知らぬ環境に預けられた緊張と不安から、餌を食べない状態になってしまいます。

餌への飽き

犬が餌を食べないのは、何も体調不良やストレスといったネガティブな理由に限りません。ただ単に「餌に飽きたから食べない」というケースもよくあります。

犬は意外とグルメなところがあり、特に小さい頃から可愛がられて色々な美味しいものを知っている犬はいつも同じ餌を与えられると「味に飽きた」と食べなくなってしまいます。

いつもと変わらず愛犬に元気があり、特にストレスを感じるような原因がないのであれば、ただ単に嗜好の問題で餌を食べないだけですので、さほど心配する必要はありません。

犬に食欲がない時の注意点

犬が餌を食べないことを心配する飼い主さんがほとんとでしょう。ですが、心配だからと言ってやってはいけないこともあります。

ここからは犬が餌を食べない時に注意すべきポイントをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

犬に食欲がない時の注意点とは?

  • 無理に食べさせない
  • 叱らない
  • 量を減らす

犬に食欲がない時の注意点1:無理に食べさせない

愛犬が餌を食べない時の注意点としてまず知っておきたいのが、無理に食べさせようとしないということです。

単なるわがままで餌を食べないのではなく、体調不良やストレスなどによって食べたくとも食べられない状態に追い込まれている可能性もあるからです。

体調が悪い時に無理にご飯を食べさせようとすると、余計に状態を悪化させてしまいかねません。

また、ストレスを抱え込んでいる時に飼い主さんから食事を強要されると、さらにストレスが増大してしまうでしょう。

犬に食欲がない時の注意点2:叱らない

叱らないというのも、犬に食欲がない時に注意したいポイントのひとつです。

ストレスや体調不良が原因で餌が食べられない場合もあるのに、わがままだと決めつけて一方的に叱るのは何の問題の解決にもなりませんし、虐待にもなりかねません。

愛犬のことを大切に思うのであれば、まずはなぜ餌を食べないのか、犬に寄り添いながらその理由をきちんと把握することが必要でしょう。
次のページ:犬が餌を食べない時の対処法

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related