Search

検索したいワードを入力してください

犬はヨーグルトを食べても大丈夫?与えるメリットとおすすめの種類

更新日:2022年08月03日

犬にヨーグルトを与えていいのかどうか悩んでいる人はいませんか。この記事では、犬にヨーグルトを与えていいのか、与える場合のメリットやおすすめの市販のヨーグルトについて紹介しています。犬にヨーグルトを与えてみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

犬はヨーグルトを食べても大丈夫?与えるメリットとおすすめの種類
「犬にヨーグルトを与えてみたいけど大丈夫?」
「犬にヨーグルトを与えるメリットや効果、注意点を知りたい」
「どんなヨーグルトであれば犬に与えていいの?」
このように、犬を飼育している人の中には、ヨーグルトを与えてみたいけれども不安や疑問を抱えているという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、犬にヨーグルトを与えていいのかという基礎的な知識とともに、ヨーグルトを与える犬へのメリットや効果、与える際の注意点のほか、犬におすすめの市販のヨーグルトの種類についても紹介しています。

この記事を読むことで、ヨーグルトが与える犬への恩恵について理解することが可能です。その知識をもとに、適切なヨーグルトを与えて犬のお腹の調子を整えてあげることができるでしょう。

犬にヨーグルトを与えたいと考えている人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

犬はヨーグルトを食べても大丈夫?

ヨーグルトは人間にとって健康的な食材として知られているので、愛犬の健康のためにも与えてみたいと考える人もいるのではないでしょうか。ただ犬にはNGとされる食材がいくつかあるため、ヨーグルトを与えていいのか悩んでいる人もいます。

実はヨーグルトは基本的に犬に対して害となる成分が含まれていないので、食べても問題はありません。牛乳でできているから心配だと思われがちですが、牛乳に含まれている乳糖は発酵過程で分解されているので、犬が食べても安全なおすすめ食材になっているのです。

犬がヨーグルトを食べるメリット・効果

人間にとって腸活につながるなど健康面でメリットの多いヨーグルトは、実は犬にとってもメリットの多い食材として挙げられています。

特にお腹の調子を整える効果や便秘・下痢を解消してくれる効果など、人間と同じような効果を期待できるので、腸活という名目で摂取させることでより健康的な生活を一緒に歩むことが可能です。

それ以外にも犬にとってヨーグルトの摂取は様々なメリットや効果があるので、飼い主として必要なメリットなのか見極めるためにも、知識として知っておくことが大切になります。

乳酸菌が肝臓への負担を軽減

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には腸内環境を改善して整える効果があるということはよく知られており、人間だけではなく犬に対しても同じ効果が期待できます。

そして腸内環境が改善されて整うと様々な効果や恩恵を受けることができるのですが、その中のひとつが肝臓への負担の軽減です。

そもそも肝臓は体内の有害物質の分解を行っていて、腸内環境が悪化していると有害物質が発生しやすいことから大きな負担がかかりやすくなっています。腸内環境が改善されて有害物質が減少すれば、人間でも犬でも肝臓への負担を軽減させることが可能です。

お腹の調子を整え免疫力向上

ヨーグルトに含まれている乳酸菌によって腸内環境などのお腹の調子を整えると、免疫力アップにもつながります。

これは人間や犬の腸内には、善玉菌と呼ばれる腸内でよい働きをしてくれる存在があり、腸内環境を整えることで善玉菌が増えてくることが要因となっています。善玉菌以外にも腸内には体の調子を整えてくれる常在菌が多く、環境を整えることで増えやすいです。

さらに悪玉菌など体に悪影響を与える存在の増殖も予防してくれるので、結果としてお腹の調子を良くしてくれるだけではなく、免疫力の向上にもつながります。

便秘・下痢を解消しおならの臭いを抑える

腸内環境が悪くなっている際にみられる症状として、便秘や下痢のほか、おならの臭いがきつくなるなどの点が挙げられます。これは腸内に悪玉菌などの体に悪影響を与えるものが増殖してしまったために、有害物質が蓄積していることが関連しています。

このため乳酸菌が不足して腸内環境が悪化している犬は、便秘や下痢をしやすいほかにもおならの臭いがきつくなってしまいがちです。愛犬にそのような症状がみられる場合は、ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取していくことで、症状が改善する可能性があります。

出典:ペットの腸内細菌と健康〜善玉菌を増やす2つの方法とは?〜|クロス動物医療センター
参照:https://camec-ad.jp/information/4316

口臭を抑え歯周病を予防

愛犬の口臭が気になるという場合、原因として考えられるものはいくつかあります。一般的には虫歯や歯周病などの口腔内の環境が悪い可能性が指摘されているものの、ほかにも胃や腸の環境が荒れて悪くなっている場合も口臭が悪化してしまう要因となっているのです。

そのため乳酸菌を摂取することで腸内環境を整えてやれば、口臭を予防できる効果が期待できます。またヨーグルトに含まれている乳酸菌の種類によっては、犬の口腔内の細菌の繁殖を抑える効果があると言われています。

口腔内の細菌繁殖を抑えられれば、歯周病の予防にもつながるのです。

出典:口内ケアについて|須崎動物病院
参照:http://www.susaki.com/mend/ill_05.html

カリウムの利尿作用で尿路結石を予防

ヨーグルトにはカリウムが含まれているのですが、そのカリウムには利尿作用があります。このためヨーグルトなどのカリウムを含んでいるものを食べることで、おしっこを出しやすくする効果が期待できるのです。

ほかにも体内に蓄積している塩分をおしっことともに排出してくれるなど、重要な役割を担っている栄養素です。このような作用から、犬がかかりやすい病気のひとつである尿路結石を予防する効果が期待されています。

ただ過剰に摂取してしまうと悪影響なので、その点に注意しながら与えていく必要があります。

出典:第41回:犬に必要な栄養素 -カリウム(K)-|PERORI
参照:https://natural-food.jp/store/contents/dr_column/041/

胃酸から胃を保護

ほかにも犬にヨーグルトを与えるおすすめのメリットとして挙げられているのが、胃酸から異を保護してくれる効果です。

実は犬は空腹になると胃酸が分泌され、それが刺激になって嘔吐してしまうことがあります。特に夜から朝にかけた時間帯は空腹から胃酸が過剰に分泌されやすいため、嘔吐したり胃の粘膜が傷ついてしまうことがあるのです。

このような状態を防いでくれるのが、ヨーグルトが持っている胃を保護する作用です。これによって胃酸が過剰に分泌されても胃を刺激しないように守ってくれるので、空腹時の嘔吐を予防しやすくなります。

出典:嘔吐 - 嘔吐物|秋山どうぶつ病院
参照:http://akiyama-vet.com/1/health/outo09.html

犬へのヨーグルトの与え方

次のページ:犬にヨーグルトを与える際の注意点

初回公開日:2022年08月03日

記載されている内容は2022年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related