Search

検索したいワードを入力してください

犬が快適なケージの置き場所は?設置のポイントと注意点を紹介!

更新日:2022年09月08日

犬のケージの置き場所は大切で、安心・安全な場所に置くことで飼い主も犬も快適に暮らすことができます。本記事では、犬のケージの置き場所を詳しく紹介しています。また設置のポイントと注意点も併せて紹介しています。初めて犬を飼う人は参考にしてください。

犬が快適なケージの置き場所は?設置のポイントと注意点を紹介!

犬のケージの役割とは?

犬の住居であるケージには明確な役割があります。以下では犬のケージの役割を紹介しておりますが、役割は1つではありません。

紹介する犬のケージの役割は普遍的なもので、今後もこの役割の意義が失せることはないでしょう。

犬のケージの役割1:留守番

犬には番犬の歴史があり、留守中の家を守ってきました。しかし留守中に犬が部屋のものを壊したり、危険な場所に近づく可能性はあります。

このような可能性を考えたら犬に留守番をさせるのが怖くなりますが、犬をケージに入れることで心配の大部分は解消します。

犬に留守番をさせるときはケージの置き場所にも気を配ることが大切で、可能であれば防音性の高い部屋が好ましいです。防音性の高い部屋であれば、犬の吠え声が外に漏れにくいです。

犬のケージの役割2:安全を確保

元気な犬は、飼い主がいない間に部屋の中を荒らし回ることがあります。しかし部屋の中を荒らし回っているときに、怪我をしたら大変です。

このような問題を防ぐには犬用のケージが効果的で、犬用のケージを設置することで犬の安全を守ることができます。

ケージを置くときは置き場所選びも大切です。間違っても転落の可能性がある場所に、ケージを置いてはいけません。

犬のケージの役割3:安心感

安心感を得たいがために犬のケージを設置する飼い主は多く、一部のペットショップは安全性をセールスポイントにしています。

留守中の犬が心配な飼い主は、天井のあるケージをしますただ天井の低いケージは閉鎖的になりやすく、犬によってはストレスを感じる可能性があります。

自由に天井を高くするにはフリースタイルのケージが便利ですが、フリースタイルのケージはさまざまな置き場所に設置することができます。

犬のケージの役割4:寝る場所

ケージは犬の寝床にすることも可能で、飼い主によってはケージの中に犬用のベッドを置いています。犬が寝ることを念頭にケージを置くのであれば、ケージの置き場所にも気を配りましょう。

犬も騒音が聞こえる場所では熟睡することが難しいため、ケージの置き場所は窓から離れた場所が好ましいです。窓側が道路の場合は、夜間でも騒音が聞こえる可能性があります。

置き場所が窓側にしかない場合は、防音性の高い窓にすることをおすすすめします。

犬のケージの置き場所に不向きな場所とは?

犬のケージの置き場所は大切で、最適な場所に置くことでその後の共同生活がスムーズになります。以下では不向きな置き場所を紹介します。

不向きな置き場所はどこの家にもあり、ケージを置くときは十分に考慮することが大切です。

不向きな場所にケージを置けば犬がストレスにかかる可能性があり、最悪の場合は心を閉ざしてしまいます。
置き場所デメリット
窓際直射日光が当たりやすい
玄関外に吠え声が漏れやすい
部屋の真ん中人が移動するときに不便
部屋の隅っこ犬が孤独を感じやすい
畳が傷む可能性がある

犬のケージの置き場所に不向きな場所1:窓際

窓際も犬のケージの置き場所としては不向きです。その理由は直射日光にあり、夏の直射日光は犬の健康に悪影響を及ぼします。直射日光は方角によって光量が違いますが、基本的にケージの置き場所としては不向きです。

犬も人と同じように熱中症にかかるおそれがあるため、強い日差しには注意しなければいけません。夏の直射日光の健康被害は、熱中症だけではありません。

犬のケージの置き場所に不向きな場所2:玄関

玄関は犬のケージの置き場所としては不向きです。理由は犬の吠え声が訪問者に聞こえやすいからです。

訪問者の中には犬の吠え声が嫌いな人もおり、犬の吠え声を聞くだけで恐怖を感じます。近所にクレイマーが住んでいた場合は、犬の吠え声が原因でトラブルに発展するおそれがあります。

実際犬が原因のトラブルはあり、ときどきニュースで報道されています。
次のページ:犬のケージを置く環境のポイント3つ

初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related