Search

検索したいワードを入力してください

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう

初回公開日:2019年08月26日

更新日:2020年02月05日

記載されている内容は2019年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

犬が体や頭をこすりつける行動の理由を知っていますか?とても単純な行動に見えますが、答えは一つではありません。自分の愛犬は、一体何を訴えているのか?今までの判断は間違っていなかったか?犬との暮らし初心者から上級者までチェックしてみましょう。

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう

犬がこすりつける行動をするのは意味がある

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう
※画像はイメージです
犬が体をこすりつける理由はひとつではなく、さまざまなパターンがあります。

もともと野性である動物にはすべて本能があり、それ以外にも人間と一緒に暮らす犬たちは、コミュニケーション能力があります。

自分を犬ではなく、人間だとおもっている犬もいます。いろんなシーンを例に、犬の気持ちを覗いていきましょう。

犬が飼い主に頭をこすりつける理由2つ

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう
※画像はイメージです
犬が飼い主に頭をこすりつける時、飼い主にも気持ちはほとんど伝わっていますが、理由にも大きく二つあります。

ほとんどの飼い主が理解しているように、大体は「甘え」ています。飼い主であるあなたを好きでたまらない行動です。飼い主にも犬にも、とても幸せな瞬間です。

もう一つは、ただ単純に痒い時もあります。こんな時は多少ズっコケますが、それもまた可愛いとおもってしまいます。

犬が飼い主に頭をこすりつける理由1:甘えている

犬が飼い主に甘えて、頭をこすりつけている時に言葉はいりません。そのままの瞬間がすべてです。

どんな偉大な詩人がうまい言葉を並べても、飼い主であるあなたと愛し合っている時間を一緒に過ごしている愛犬との尊い関係には絶対に勝てません。

「あなたの後をずっとついてくる」「座るとすぐ腹を見せる」など甘える行動の最上級クラスの一つに「頭をこすりつける」があります。

犬が飼い主に頭をこすりつける理由2:頭や首を掻いて欲しいのかも

愛犬が飼い主に頭をこすりつける時に、もうひとつのズッコケる理由が、ただ単純に痒い時です。

その時、「ちゃっかり、飼い主を使いやがって~」と考えるよりは、「それぐらい気を許している」と考えた方が幸せ度数は高まるでしょう。

飼い主も、同じように痒い時は、愛犬の身体に頭をこすりつける動作で掻くと、お互いにさらに幸せの高みにいけます。

犬がどこかに体をこすりつける理由4つ

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう
※画像はイメージです
犬がどこかに頭をこすりつける理由にも、いろいろなパターンがあり、理解するともっとコミュニケーションは楽しく広がります。

飼い主ではなく、掻く対象が「床に体をこすりつける」「壁に体をこすりつける」などの場合は、本能的な野性の感覚の場合が多いです。

野性的な感覚にも、さまざまな明確な理由があります。あなたの愛犬にもきっと当てはまるシーンがあるでしょう。その時、いったいどんな気持ちなのか見ていきましょう。

犬がどこかに体をこすりつける理由1:野生時代の名残

犬がどこかに体をこすりつける理由として、「野性時代の名残」というのがあります。

大きく「所有権」「伝言」「身分証明」などがあり、犬たちはペットでありながら「自分の匂い」には野性的な感覚を持っており、人工的な匂いが基本的には苦手です。

飼い主が選んだいい匂いのシャンプーが、必ずしも愛犬の野性的感覚と一致するとは限りません。

犬がどこかに体をこすりつける理由2:好きなにおいをつけたい

好きな匂いに身体や頭をこすりつける場合もあれば、自分の匂いを壁などにつけたい場合もあります。

「マーキング」は「所有権」の主張ですが、そのほかに自分の居場所を落ち着く空間にしたい理由から「匂い」を利用します。

飼い主の汗や体臭が犬にとっては本来の人間の匂いであり、愛犬はとても大好きです。

犬がどこかに体をこすりつける理由3:自分のにおいを取り戻したい

自分の匂いを取り戻したいのは、犬の本能的な行動です。

犬にとって自分の匂いは「身分証明」や「伝言」です。それが洗い流されると、犬はとても「不安」になります。

シャンプーや川に入った後に、自分の匂いを盛んに嗅いだり、地面に身体や頭をこすりつける動作は「自分の匂いを取り戻したい」からです。

犬がどこかに体をこすりつける理由4:満足している

満足して身体や頭をこすりつける時、犬はとてもリラックスしています。

身体の緊張が緩み、クニャクニャになってあくびをしたり、クンクン甘えた声を出したりします。犬にもよりますが、「所有権」も少し気持ちに入っている場合もあります。

一日、満足した時間を過ごした日の夜などは、気持ちがリラックスして寝床に身体や頭をこすりつける動作をしてから寝たりします。

犬が飼い主に体をこすりつける理由2つ

犬が飼い主に体をこすりつける理由を大きく二つに分けてみていきましょう。

愛犬が体をスリスリしてくる仕草は、とても可愛いですが注意点もいくつかあります。もともと犬は群れ社会の「主従関係」がある動物で、強いボスを望む潜在本能があります。

犬の種類や個体差により程度はあれど、しつけをしないで、甘やかしてばかりいると、犬は自分がボスになります。

犬が飼い主に体をこすりつける理由1:甘えたい

甘えたかったり、遊んでほしくて飼い主に体をこすりつけてくる時があります。

犬は嬉しくて喜んでいる時などは、動きが激しいですが、飼い主に甘えたい時は、安心しています。思いっきりハグしてあげたり、撫でてあげましょう。

甘えてる時も、興奮状態が続いて動きがうるさい時もありますが、すぐにはやめさせずに多少は大目に見て、気が済むまでつきあってあげましょう。

犬が飼い主に体をこすりつける理由2:自分の方が上

しつけによっては、飼い主より自分の方が上と、におい付けに頭をこすりつける行動をする犬種もいます。

普段から犬との接し方の中に、主従関係を認識させる事が大事ですが、あまりに自由奔放に甘やかして暮らさせてしまうと犬は自分や飼い主のことを勘違いしてしまいます。

待てを聞かずエサを食べたり、人間の席や食卓に自由に乗り降り、注意をすると唸るなども同じです。

その他犬がこすりつけるという行動をとる理由

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう
※画像はイメージです
その他の理由で、頭をこすりつけるパターンにはどんなものがあるのか見ていきましょう。

ほとんどの頭をこすりつける理由に、問題はありません。しかし、普段見ない身体の緊張状態や、呼吸の仕方などしている時は注意しましょう。いずれも観察が大事です。

不調のサイン

愛犬が頭をこすりつける時、何かしらの不調のサインの場合もあります。

例えば「かゆい」「痛い」など犬は言えないので、勝手に体が動いている場合があります。やはりそのような不調は、人間である飼い主が気付いてやらないといけません。

あまりにも、同じ動作で頭をこすりつける時は、異常がないか犬の体を確認してあげましょう。

自分の体に付いたニオイを消そうとしている

犬にとってニオイは、重要な情報源なので、習性として自分の体に付いたニオイが不快な時や、不安になる時は擦り付けて消そうとします。

野性の世界で、自分のニオイは「主張」や「伝言」ですが、あまりにも人工的なニオイのシャンプーで洗い流されてしまうと、犬は自分ではなくなるのと同じで落ち着きません。

頭をこすりつける動作も同様の理由の場合があります。

犬が頭をこすりつける気持ちを知ろう!

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう
※画像はイメージです
犬が頭をこすりつける理由は一つじゃない事がわかりました。

愛犬の気持ちを、よく観察してできるだけわかってやりましょう。少しでも今よりもっと理解するキッカケになれば、飼い主も犬も幸せです。

Related