Search

検索したいワードを入力してください

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう

更新日:2020年02月05日

犬が体や頭をこすりつける行動の理由を知っていますか?とても単純な行動に見えますが、答えは一つではありません。自分の愛犬は、一体何を訴えているのか?今までの判断は間違っていなかったか?犬との暮らし初心者から上級者までチェックしてみましょう。

犬が体や頭をこすりつける理由8つ|犬の気持ちを知ってもっと仲良くなろう

犬がこすりつける行動をするのは意味がある

犬が体をこすりつける理由はひとつではなく、さまざまなパターンがあります。

もともと野性である動物にはすべて本能があり、それ以外にも人間と一緒に暮らす犬たちは、コミュニケーション能力があります。

自分を犬ではなく、人間だとおもっている犬もいます。いろんなシーンを例に、犬の気持ちを覗いていきましょう。

犬が飼い主に頭をこすりつける理由2つ

犬が飼い主に頭をこすりつける時、飼い主にも気持ちはほとんど伝わっていますが、理由にも大きく二つあります。

ほとんどの飼い主が理解しているように、大体は「甘え」ています。飼い主であるあなたを好きでたまらない行動です。飼い主にも犬にも、とても幸せな瞬間です。

もう一つは、ただ単純に痒い時もあります。こんな時は多少ズっコケますが、それもまた可愛いとおもってしまいます。

犬が飼い主に頭をこすりつける理由1:甘えている

犬が飼い主に甘えて、頭をこすりつけている時に言葉はいりません。そのままの瞬間がすべてです。

どんな偉大な詩人がうまい言葉を並べても、飼い主であるあなたと愛し合っている時間を一緒に過ごしている愛犬との尊い関係には絶対に勝てません。

「あなたの後をずっとついてくる」「座るとすぐ腹を見せる」など甘える行動の最上級クラスの一つに「頭をこすりつける」があります。

犬が飼い主に頭をこすりつける理由2:頭や首を掻いて欲しいのかも

愛犬が飼い主に頭をこすりつける時に、もうひとつのズッコケる理由が、ただ単純に痒い時です。

その時、「ちゃっかり、飼い主を使いやがって~」と考えるよりは、「それぐらい気を許している」と考えた方が幸せ度数は高まるでしょう。

飼い主も、同じように痒い時は、愛犬の身体に頭をこすりつける動作で掻くと、お互いにさらに幸せの高みにいけます。

犬がどこかに体をこすりつける理由4つ

犬がどこかに頭をこすりつける理由にも、いろいろなパターンがあり、理解するともっとコミュニケーションは楽しく広がります。

飼い主ではなく、掻く対象が「床に体をこすりつける」「壁に体をこすりつける」などの場合は、本能的な野性の感覚の場合が多いです。

野性的な感覚にも、さまざまな明確な理由があります。あなたの愛犬にもきっと当てはまるシーンがあるでしょう。その時、いったいどんな気持ちなのか見ていきましょう。

犬がどこかに体をこすりつける理由1:野生時代の名残

犬がどこかに体をこすりつける理由として、「野性時代の名残」というのがあります。

大きく「所有権」「伝言」「身分証明」などがあり、犬たちはペットでありながら「自分の匂い」には野性的な感覚を持っており、人工的な匂いが基本的には苦手です。

飼い主が選んだいい匂いのシャンプーが、必ずしも愛犬の野性的感覚と一致するとは限りません。

犬がどこかに体をこすりつける理由2:好きなにおいをつけたい

好きな匂いに身体や頭をこすりつける場合もあれば、自分の匂いを壁などにつけたい場合もあります。

「マーキング」は「所有権」の主張ですが、そのほかに自分の居場所を落ち着く空間にしたい理由から「匂い」を利用します。

飼い主の汗や体臭が犬にとっては本来の人間の匂いであり、愛犬はとても大好きです。

犬がどこかに体をこすりつける理由3:自分のにおいを取り戻したい

自分の匂いを取り戻したいのは、犬の本能的な行動です。

犬にとって自分の匂いは「身分証明」や「伝言」です。それが洗い流されると、犬はとても「不安」になります。

シャンプーや川に入った後に、自分の匂いを盛んに嗅いだり、地面に身体や頭をこすりつける動作は「自分の匂いを取り戻したい」からです。

犬がどこかに体をこすりつける理由4:満足している

次のページ:その他犬がこすりつけるという行動をとる理由

初回公開日:2019年08月26日

記載されている内容は2019年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related