Search

検索したいワードを入力してください

犬がジャンプするのは危険?ジャンプする理由と対策法を解説

初回公開日:2019年08月30日

更新日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ご自宅の愛犬が「ジャンプ」をしているのを見たことある人もたくさんいると思います。その「ジャンプ」はなぜしているのか・どんな気持ちなのかを考えてみましょう。また「ジャンプ」をすることによっての危険も確認してみましょう。そして愛犬と楽しく幸せな生活を送りましょう。

犬がジャンプするのは危険?ジャンプする理由と対策法を解説

犬がジャンプをする理由

あなたの帰宅時・外出時、何か予想をしていないことが起きた時、ご飯の時、来客時、散歩など飛びついてきたりジャンプをしてきたりしませんか?

犬は言葉を話せない分、体や吠えることで感情表現をしています。

今回は「ジャンプ」で感情を表現し、周囲や犬自身にどんな影響があるのか、そしてその改善法についても話していきましょう。

犬がジャンプをする理由1:興奮している

犬がジャンプをする理由としてあげられる1つが「興奮している」からです。ジャンプし始める前のあなたの行動や、周囲の行動を思い出してみてください。

だいたい、ご飯をあげようとしている、散歩に行こうとしている、または散歩中などが多くありませんか。

楽しみなことが起こる前やわくわくしているときなどは、興奮を抑えきれず行動にでていまいます。

犬がジャンプをする理由2:遊んでほしい

散歩に行きたいのと同様、「自分を構ってほしい、一緒に遊んでほしい」という気持ちが高まりジャンプしてアピールする犬も少なくありません。


日々、少しでも遊んであげたり、スキンシップすることが少ないと激しい行動(ジャンプする・走り回る)が起こることもあります。

常日頃から、気にかけて遊ぶ時間を設けておげましょう。

犬がジャンプをする理由3:威嚇している

普段の犬のジャンプはほとんど喜んでいる時や楽しいときなどに行われることがおおいです。

しかし「威嚇」するときもジャンプや激しい行動をして嫌いなもの嫌いな人・動物など相手を寄せ付けまいとすることがあります。

このように「威嚇」のために、ジャンプしている時は顔もわかりやすく、牙をむき出しにしていたり鼻と目の間にしわがよっているので、近づくときは注意し無理に触ろうとせず落ち着いてから少しずつ側に行きましょう。

犬のジャンプは危険なのか?

自分の行動により、「うれしい!」と全身で表現されとると飼い主は、「可愛いな」と思い止めさず一緒にじゃれてしまうこともあると思います。

しかし、「ジャンプ」はたくさんの危険があります。今まで気が付かなかった危険を確認してみましょう。

足腰への負担

犬は感情を表現するのに「ジャンプ」をする理由は今までの話でわかりましたね。

感情を体中で表現している時は興奮しています。そのため、その時は犬自身も気づかない事がありますが、実は着地失敗して足をくじいたりする場合もあります。

想像以上に犬の足腰に負担がかかっているのでやはり「ジャンプ」は危険ですね。

他人へのケガの恐れ

「ジャンプ」をして犬がケガをすることも恐れたい事のひとつですが、同じように避けたいのが他人へケガをさせることです。

特にお散歩中や外出時などは他人に遭遇する可能性が高くなります。

そんな時小さな子供がやってきて「可愛い!」と触ることもあるでしょう。触られうれしく・楽しくなった犬は、急に飛びつき周りでジャンプをし子供がひっくり返りケガをする例は少なくありません。

ケガをさせてしまいご近所トラブルにもなりかねないので気を付けましょう。外に出るときはさらに興奮しているのでさらに注意が必要です。 

要求にこたえてもらえると勘違い

お散歩に行きたい・遊びたい・もっと食べたい等でおもにジャンプをする事が多いです。
また犬はとても頭のいい動物なので、「〇〇〇をすればおやつがもらえる」などと覚えると、次に貰いたいときに同じことをします。

催促され、ジャンプが止まらないからとやってあげると犬はそれを覚えて要求が通るのだと思い込みます。

少し落ち着かせるか、こちらの指示に従わせるようにしないとどんどんエスカレートしていきます。

犬のジャンプをやめさせる対策法

ここまで「ジャンプ」での危険があるという事を3つに分けてお話しました。

犬自身にも他人にも負担や危険があるとわかったいじょう、やめさせたいですね。

「しつけ」をするといっても何から始めたらよいのでしょうか。これからは対策法を考えていきましょう。

犬のジャンプをやめさせる対策法

  1. 待てとおすわりを覚えさせる
  2. リードを短くする
  3. 無視する
  4. 大声で叱らない

犬のジャンプをやめさせる対策法1:待てとおすわりを覚えさせる

まずは、犬を飼っている人もこれから飼いたいという人もしつけというと一番に思いつくのが「待て・おすわり」です。

犬が飛びつきや「ジャンプ」を始めたらまずは落ち着かせることが大切です。

なので、「待て・おすわり」をさせクールダウンの時間を作ります。きちんとできたら犬の望んでいることをしてあげましょう。

最初から完璧にできる犬はいないのでその子のペースに合わせて徐々に覚えさせましょう。

犬のジャンプをやめさせる対策法2:リードを短くする

外出時やちょっとお散歩で出るときは、飼い主がまず気をつけリードを短く持ちましょう。リードが長くだらんと垂れた状態だと犬はいろんな場所に行きたがり、引っ張る原因になります。

短く持っていれば遠くにいけず落ち着き興奮せずにお散歩ができます。

引っ張られたりする場合は飼い主を下に見ているか上下関係ができていないのでジャンプをやめさせながらしつけをできていけたらいいですね。

犬のジャンプをやめさせる対策法3:無視する

人間も何回も無視をされたり聞こえないのが繰り返されると諦めて同じ行動はしないようになりますよね。

犬も同じで何回ジャンプしても相手にされないと「あれ?いつもは反応があるのにな」となり徐々に落ち着いてきて何回もそれを繰り返しているうちにジャンプしても意味がないと思いやめます。

落ち着いたときにこちら(飼い主)から優しく声をかけてあげましょう。

犬のジャンプをやめさせる対策法4:大声で叱らない

犬が悪いことをしたとき、「こら!やめなさい」と大きな声で叱っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

実はその行動は、興奮したり要求したりしてアクションを起こしている犬にとってその声は、突然大きな声を出されて恐怖を抱いているか、「もっと大きな声で!」としか伝わっていません。

きちんと「NO」や「ダメ」と一言ではっきりといつも通りの声で注意しましょう。

腰が強い犬をジャンプ遊ばせる方法

腰を痛めてしまう犬種が多いですが、逆にジャンプしたりするのが得意で好きな犬種もいます。代表的でたくさん知れ渡っているものだと「ボルゾイ」などがいますね。

ジャンプの好きな犬種はどのように遊んだらいいかご紹介します。

散歩道で遊ぶ

毎日散歩に行くと同じ道、同じコースになってしまうことも多いのではないでしょうか。少しずつコース変更してあげると犬の頭の運動にも効果的です。

しかし毎日まったく違う道だと、ストレスを感じることもあるので注意が必要です。

本来、犬の散歩は歩くだけではなく走ることも大事なので少し広い道で愛犬とジョギングなどもいいですね。

高跳びさせる

犬と一緒に楽しめる「エクストリーム」という競技があります。これは1999年に日本で考案され今、注目を集めているスポーツです。

エクストリームの種目は3つあり、1つ目は(オープン総合)で様々な障害を乗り越えタイムを競います。2つ目は、(ハイジャンプ)で人間の高跳びのような種目でどれだけ高さを飛べるか競います。3つ目は、(ハイスピード)で約20台のハードルを飛び越えタイムを競います。

大会なども開催されており、犬と一緒に参加できるスポーツです。

犬のジャンプは腰を痛めてしまうため注意が必要

ここまで「犬のジャンプは犬にも周囲の人にも良いことがない」という事を説明してきました。特に注意したいのは「犬の足腰を痛めてしまう事」ですよね。

大切な愛犬が生涯少しでも、長くたくさん歩くことを楽しめるように気を付けてあげましょう。

その為のしつけを飼い主さんはする必要があります。また人間が若いときのほうが記憶をする能力が高いように、犬も早め早めのほうが覚えるのが早くスムーズになります。

きちんとしつけをし楽しくhappyな生活を愛犬と送りましょう。

Related