Search

検索したいワードを入力してください

無駄吠え防止首輪10選|種類やメリットデメリットも紹介!

更新日:2020年08月08日

どうしても犬の無駄吠えを早急に解決する必要があるという場合に、致し方なく無駄吠え防止首輪の使用を検討する人がいます。ですが、無駄吠え防止首輪にもいろいろな種類があるため、それぞれの特徴を把握して、安全を確認したうえで使用しなくてはいけません。

無駄吠え防止首輪10選|種類やメリットデメリットも紹介!

無駄吠え防止首輪の必要性

どうしても犬の無駄吠えを早急に解決する必要があるという場合に、致し方なく無駄吠え防止首輪の使用を検討する人がいます。

無駄吠え防止首輪は犬が無駄吠えをしたときに、電気や振動などで犬に不快感を与えて無駄吠えをやめさせるという物です。使い方を間違えると、虐待となってしまう場合もあります。

そのため、必ず先に無駄吠えに対する対策を行って、どうしても改善しないという場合に適切な使うようにしましょう。

無駄吠え防止首輪の種類

まず、前提として、犬の無駄吠え防止首輪は無駄吠えが直らず、どうしても無駄吠えを解消しなければいけないという、どうしようもない状況に陥ったときにだけ適切な方法で使うようにしましょう。

犬の無駄吠え防止首輪は上記で述べた通り、犬が無駄吠えをしたときに電気や振動などで不快感を与えて無駄吠えを止めるという物です。他にも、音が鳴ったり、リードを引っ張ることで首が絞まるなどのタイプの物などもあります。

音と振動で無駄吠えを防止するタイプ

上記で述べた通り、無駄吠え防止首輪にはいろいろな種類があります。定番のタイプは無駄吠えをしたときに、電気を流したり、振動を起こす物です。

振動タイプは犬が無駄吠えをしたときに、飼い主が離れた位置にいてもリモコンなどで操作ができるため、無駄吠えをしたときにすぐに対応できます。

音のタイプの無駄吠え防止首輪は超音波タイプの物であれば人に聞こえず、犬にだけ聞こえるので、周囲に迷惑がかかりません。

メリット:他のタイプと比べて安全

無駄吠え防止首輪は犬が無駄吠えをしたときに不快感を与えて無駄吠えを止めさせます。

しかし、飼い主もできれば犬に辛い思いをさせたくはないと考えていて、できるたけ使うことなく、使うことがあっても犬の体に影響のない物を選ぶという人も多いです。

そのため、超音波や振動タイプの無駄吠え防止首輪であれば、首元で首輪が振動したり、嫌な音が鳴ったりするだけなので、犬に痛みなどを与えることが少ないので、よく選ばれます。

デメリット:聴覚障害を引き起こす恐れがある

あくまでも可能性の範囲ですが、超音波タイプの無駄吠え防止首輪を使って、犬が不快感を感じる周波数の音を聞かせ続けることが原因で、聴覚障害となってしまう危険性があります。

犬が聴覚障害を起こしてしまうと、今までできていたことができなくなってしまったり、音が聞こえないことで犬が不安を感じてパニックを起こしやすくなってしまったりなどします。

また、一時的な症状ではない場合、聴覚障害は治療で回復しません。

スプレーを噴射するタイプ

無駄吠え防止首輪には犬が無駄吠えをした際に、犬が嫌う臭いをスプレーで噴射するタイプもあります。犬の嗅覚は優れているので、臭いによって不快感を感じることで、無駄吠えをやめさせます。

また、臭いは1度噴射させれると、臭いが体に付くため、しばらく無駄吠えが止まるという効果もあります。ただし、音や電気と違いスプレータイプは補充が必要なため、スプレーの残量に注意しておく必要があります。

メリット:気持ちを落ち着かせる効果

犬が無駄吠えをするときには、何かに対して興奮をしていたり、パニックになっていたりなどすることがあります。

その際に、無駄吠え防止首輪のスプレーで犬の嫌う臭い出すことで、犬の注意が興奮やパニックの原因となった対象から気をそらすことができます。

スプレーから出た臭いは体に付いて残るため、しばらくは臭いや体のことを気にするようにはなりますが、興奮状態をひとまず沈めることはできます。

デメリット:嗅覚にダメージを与える恐れがある

無駄吠え帽子首輪から出たスプレーの臭いはしばらく体に残ります。スプレーの臭いは犬にとって嫌な臭いのする物が多いです。

犬の嗅覚は非常に優れているため、ずっと体から嫌な臭いがすることは嗅覚を鈍らせてしまったり、犬にとって大きなストレスを与える原因となってしまうこともあります。

そのため、無駄吠えが止まって興奮状態から落ち着いても、臭いが取れるまではソワソワしたような動きをすることもあります。

電気ショックを与えるタイプ

無駄吠え防止首輪の定番タイプの1つとして、犬が無駄吠えをした際に電気を流して無駄吠えを止めるという物があります。

電流は痛みを感じず、不快感を与える程度であったり、電気の強さを調節できる物など、当然ながら犬の安全には配慮されています。

しかし、わずかでも犬に電気を流すということに抵抗を感じる人も多く、国によっては使用が禁止されていることもあります。

メリット:効果が大きい

音や振動タイプの無駄吠え防止首輪は、犬が慣れてしまうと効果が薄くなってしまうことがあります。

また、無駄吠えをしている犬は興奮状態となっているため、音や振動に気がつかずに吠え続けてしまうという場合もあります。

ですが、急に首元で電気が流れれば、犬でなくて人であっても驚いてしまいます。そのため、他のタイプと比べても電気タイプの物は効果が得られることが多いです。

デメリット:筋肉を収縮させ身体に異常をきたす恐れがある

犬も人と同様に電気治療を行うこともあります。しかし、それはあくまでも治療であり、専門家が行います。

そのため、無駄吠え防止首輪で犬に電気を流すということは、当然ながら犬にとって良い状態ではありません。

場合によっては筋肉を収縮させてしまい、手足がピクピクとけいれんを起こすようになってしまう可能性もあります。犬のためにも電気タイプは特に扱い方に注意が必要です。

無駄吠え防止首輪の選び方

犬の無駄吠えがなかなか直らなくでも、できれば気長にしつけで直すことが理想的です。しかし、状況や環境などによっては早急に無駄吠えを改善しなければいけないこともあります。

もし、無駄吠え防止首輪を使う場合には、使う場所によって必要な操作性が異なったり、機能面で効果が異なったりなどするため、状況に合わせた物を選ぶ必要があります。また、犬への安全性への配慮も忘れてはいけません。

無駄吠え防止首輪の選び方1:操作性で選ぶ

無駄吠え防止首輪はリモコンで操作する物が多くあります。多くの機能が付いた無駄吠え防止首輪であれば、できることも多いですが、リモコンが大きくなってしまったり、重くなってしまったり、ボタンが多くて使いづらいと感じてしまうことなどもあります。

無駄吠えをした際に、すぐに対応するためにも、操作を重視して選んでも良いでしょう。

無駄吠え防止首輪の選び方2:機能面で選ぶ

無駄吠え防止首輪には音、振動、電気などのタイプがあります。これらは同じタイプの無駄吠え防止首輪でも、音の大きさや電気の強さなど、調整することができたり、小型の物など、いろいろな異なる機能を備えています。

そのため、無駄吠え防止首輪は無駄吠えをする状況に合わせて、必要な機能を持った物を選ぶ必要があります。

無駄吠え防止首輪の選び方3:安全性で選ぶ

無駄吠え防止首輪は使いやすさや、機能面などで選ぶこともありますが、特に重要視しないといけないのは犬への安全性です。

販売されている物であれば、犬の安全が確保できる物として販売はされているはずですが、犬によってそれぞれ耐性は異なるため、わずかな刺激が大きなストレスになってしまうこともあります。

そのため、音や電流、振動などタイプやそれぞれの強さに注意して、無駄吠え防止首輪は選んであげましょう。

無駄吠え防止首輪の商品10選

犬の無駄吠えをしつける際には、できれば無駄吠え防止首輪は使わないことが望ましいです。しかし、やむをえず無駄吠え防止首輪を使わないといけないという状況になってしまうこともあります。

ですが、無駄吠え防止首輪を選ぶ際に、いろいろな種類があって、どれを使えば良いかわからないと思ってしまう人もいます。

そのような場合はひとまず、よく使われている商品からチェックしてみると良いでしょう。

1:しつけくん【イヌヤ】

しつけくんは電気タイプの無駄吠え防止首輪です。電気タイプは効果が高いため、犬によっては即効性が高いです。

しかし、やはり犬に電気を流すということはあまり良い状況ではないため、できればしつけくんを使わずに無駄吠えを解消することが理想です。

ですが、やむなく使った場合のしつけくんの効果は高いと良い評価をする人は多いです。ただし、あまり商品が丈夫ではないせいか、使い始めてすぐに壊れたという人もいます。
サイズタイプ価格
約50cm×約2.5cm電気¥13,480

自動設定ができる

無駄吠え防止首輪をしていても、飼い主が常に近くにいて無駄吠えを止められるとは限りません。もし、お留守番中に無駄吠えをした場合、飼い主が帰宅するまで近所に迷惑をかけ続けるというようなこともあります。

しつけくんには無駄吠えをすると自動で反応するという設定をすることができます。この設定をしておけば、飼い主が離れていても首輪が反応してくれます。ただし、くしゃみなど大きな音や動きをした時に誤動作してしまうこともあります。

2:ワンブル【exN】

ワンブルもしつけくんと同様に電気タイプとなります。ワンブルは電気の強さを100段階で調節をすることができます。そのため、電気の刺激を与えるときに、犬の体のために非常に電気を弱くしておくということもできます。

ワンブルに限らず、電気タイプは効果は高いですが、直接体に影響を与えやすいので犬が病気や、妊娠中など安静にしないといけない状態のときには絶対に使用はしないようにしましょう。
サイズタイプ価格
540×23mm電気・音・振動¥12,800

音モードと振動モード

電気タイプの無駄吠え防止首輪はどうしても抵抗があるという人もいます。しかし、音や振動ではなかなか犬が無駄吠えをやめてくれないということもあります。

そのようなとき、ワンブルの場合は電気タイプとしてでだけでなく、音と振動で犬に不快感を与えて無駄吠えを止める振動モードとアラームモードがあります。

そのため、普段はできるだけ音と振動で対処して、どうしようもないときだけ電気にするという使い方もできます。

3:バークコントローラー【ベストアンサー】

無駄吠えのしつけのために、やむなく無駄吠え防止首輪の使用を検討しているが、長く使い続けるつもりはないという人の場合は、あまり高機能で高価な物は必要ないと考えることが多いです。

電気タイプの無駄吠え防止首輪のバークコントローラーは機能がシンプルでそれほどで高価でもありません。そのため、念の為に手元に置いておくという場合にです。
サイズタイプ価格
36mm×70mm×710mm電気¥1,980

自動調節機能

バークコントローラーは犬が吠えたときの皮膚の振動によって反応します。ですが、いきなり電気を流すのではなく、最初は犬に音で警告をします。

警告を無視すると電気が流れるのですが、電気もいきなり強く流れるのではなく、最初は弱い電気が流れ、吠え続けると7段階で徐々に電気が強くなっていきます。

犬が吠え続けることで電気が強くなることを理解すると、徐々に吠えなくなり、最初の警告音を聞くだけで吠えなくなることもあります。

4:ノーバークカラー【ファンタジーワールド】

電気タイプの無駄吠え防止首輪には抵抗を感じるという人は多いです。そのような場合は、効果が多少薄くても良いので、音や振動などで犬に痛みを与えないタイプの物を望むこともあります。

ノーバークカラーはその音と振動の両方で無駄吠えを止めてくれます。また、犬の鳴き声に反応してくれるため、近くに飼い主がいてなくても使うことができます。また、ノーバークカラーは非常に軽量という特徴もあります。
サイズタイプ価格
21×13×5cm音・振動¥4,004

子犬に適している

無駄吠えは子犬のうちに直しておかないと、大人になってからではなかなか直らなくなってしまうこともあります。しかし、子犬のうちに電気タイプの無駄吠え防止首輪は危険です。

そのため、もし子犬に無駄吠え防止首輪を使うのであれば、ノーバークカラーのような音と振動のタイプの物を使う方が良いでしょう。また、ノーバークカラーは非常に軽量のため、子犬や小型犬にです。

5:アボマックス【スターフォームエンジニアリング】

無駄吠え防止首輪には犬が嫌がる臭いを出すスプレー式の物もあります。興奮して無駄吠えをしている犬に対して、臭いで気をそらすことができます。また、臭いは残るので、しばらく無駄吠えをしなくなります。

アボマックスで出る臭いはレモングラスと呼ばれることもあるシトロネルです。レモングラスは名前の通りレモンのような香りがします。人にとっては嫌な臭いではありませんが、犬や猫にとっては苦手な臭いとなります。
重量タイプ価格
44gスプレー¥12,800

効果が長い

電気や音、振動タイプの無駄吠え防止首輪も反応したときは効果がありますが、しばらくするとまた無駄吠えを始めるということがあります。

しかし、スプレー式であれば噴射されると犬の体に臭いが付きます。犬の嗅覚は優れているので、しばらくは体に付いた臭いによって無駄吠えをしなくなります。

ただし、犬にとってはずっと嫌な臭いが体に付いているという状態なので、過度なストレスにならないように使用頻度には注意してあげましょう。

6:無駄吠え防止首輪【Paipaitek】

Paipaitekの無駄吠え防止首輪も電気と振動、音を使い分けることができます。電気も100段階で調節が可能なので、犬のために設定を弱くすることもできます。

自動反応も設定できますが、リモコンでも操作が可能で、その範囲は500mと広いです。リモコンも小さく、持ち運びやすくて扱いやすいです。また、価格もそれほど高くないのでです。
受信機のサイズタイプ価格
6cm×3.5cm×2.5cm電気・振動¥3,179

高い防水性

家の中で無駄吠えをすると、近隣の人たちに迷惑がかかってしまいますが、外出先などで無駄吠えをすると周囲の人に迷惑をかけてしまいます。そのため、外出の際にだけ念の為に無駄吠え防止首輪を着けるという飼い主もいます。

もし、その外出先が海や川などのような人が多く、水がある場所ということもあります。Paipaitekの無駄吠え防止首輪は防水性に優れているため、装着したまま泳ぐこともできます。

7:バークリミッター【Garmin】

バークリミッターは電気タイプの無駄吠え防止首輪です。電気のレベルは調整することができ、振動モードも備えています。

また、バークリミッターは犬が吠えた喉の喉の振動を感知して反応するため、複数の犬と生活をしている場合でも、他の犬が吠えたからと誤作動を起こすことがありません。
サイズタイプ価格
W61xD38xH45mm電気¥29,592

非常に高機能

バークリミッターは他の無駄吠え防止首輪と比べても価格が高いです。しかし、それだけ多くの機能を備えているということでもあります。

バークリミッターには作動カウンター機能が付いているので、お留守番中に飼い主が目を話していても、どれくらい無駄吠えをしたのか把握することができます。また、自動電源休止機能も付いていて、長時間使わないときには電力を節約してくれます。

8:ハイグレード無駄吠え防止器【YOYO INTERNATIONAL】

YOYO INTERNATIONALのハイグレード無駄吠え防止器は電気、振動、音のタイプを使い分けることができ、それぞれを5段階で設定を変えることができます。また、ベルト部分がラバーになっていて、装着していても犬の負担になりにくいようになっています。

また、防水加工をされているので、雨の中でも装着したまま歩くことができます。リモコンの範囲も400mと非常に高性能です。
サイズタイプ価格
60×35×30mm電気・振動・音¥7,480

プロのドッグトレーナー向けに開発

YOYO INTERNATIONALのハイグレード無駄吠え防止器はプロのドッグトレーナー向けに開発された無駄吠え防止首輪です。そのため、無駄吠え防止首輪としての性能が優れているだけでなく、犬に対しての配慮や、人が使うときの扱いやすさなども考えられています。

トレーナー用なので、人の近くで使うことを前提とされているためか、センサー機能はありません。しかし、手動式のみで反応するようにしておくことで誤動作を防ぐことができます。

9:全自動式無駄吠え防止首輪【FOCHEA】

FOCHEAの全自動式無駄吠え防止首輪は犬の無駄吠えに反応します。電気だけでなく、振動で無駄吠えをやめさせることもできます。電気や振動の強さは7段階で調節することができます。

また、お留守番中に何度吠えたかをカウントしてくれる機能もあるため、お留守番中に犬がお利口にできていたかどうかを確認することもできます。
サイズタイプ価格
6.3×3.6×3cm電気・振動¥2,980

感知度が調整できる

FOCHEAの全自動式無駄吠え防止首輪は喉の振動によって、犬が吠えたかどうかを判断してくれます。水を飲んだときや、ご飯を食べるときの喉の動きと区別をして、誤動作も防いでくれます。

また、無駄吠えでも、少しくらいなら構わないという家もあります。そのような場合に、FOCHEAの全自動式無駄吠え防止首輪には吠えたときの感知度を調整できるため、大きな声で吠えたときだけ反応するという設定を行うこともできます。

10:ペット用教育訓練補助装置【PETAMER】

無駄吠え防止首輪には1つで電気と振動と音のタイプを使い分けることができる物もあります。しかし、多機能になるほど値段が高くなってしまいやすい傾向があります。そのため、必要としている機能が最低限あって、安い方が良いという人もいます。

PETAMERのペット用教育訓練補助装置は振動首輪と、訓練首輪、静電気パルス首輪とそれぞれ、飼い主が求める機能に合わせて購入ができるようになっています。
サイズタイプ価格
7.0×2.5×4.0cm電気・振動・音¥1,999〜

警告音と振動の自動調整

PETAMERのペット用教育訓練補助装置は無駄吠えに反応して作動します。振動や音の強さは7段階ありますが、最初の2段階は警告音だけです。しかし、無駄吠えを続けることで、徐々に音が大きくなったり、振動が強くなったりなどします。

無駄吠えを続けることで、不快なことが強くなっていくと犬が理解してくれると、徐々に無駄吠えがなくなっていくことがあります。

愛犬の種類や性格に合わせて購入しよう!

犬の無駄吠えに困っている飼い主は多くいます。無駄吠えはしつけで直すことが望ましいですが、仕方なく無駄吠え防止首輪を使うということもあります。

無駄吠え防止首輪を使えば即効性が高いことも多いですが、無駄吠え防止首輪はあくまでもしつけのサポートです。無駄吠え防止首輪は犬に大きなストレスを与えたり、事故の原因となってしまうこともあります。

そのため、無駄吠え防止首輪を使う場合には、使用方法を守って、犬への負担を考えたうえで、自己責任で使うようにしましょう。

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related