Search

検索したいワードを入力してください

生後3ヶ月のチワワのしつけ方とは?失敗しないトレーニングを紹介

更新日:2020年09月17日

これからチワワを飼いたいと思っている方に記事です。幼犬へのおすわりや待て、トイレ、食事、ハウスのしつけ方法について解説しています。また、甘噛み癖や吠え癖が治らない場合やトイレが上手にできない場合の対処についても解説しています。

生後3ヶ月のチワワのしつけ方とは?失敗しないトレーニングを紹介

チワワとはどんな犬?

ウルウルの瞳と小柄な身体が特徴のチワワは、日本ではプードルに次ぐ登録数があるの犬種です。

中~大型犬と比べて室内で十分な運動をさせることができ、比較的経済的な負担も少ないことから、初めて犬を飼う方でも飼いやすい犬種です。

人懐っこくて忠誠心も高く遊ぶことが大好きな明るい性格をしているので、一緒に暮らしていると笑顔になれて元気を貰える存在になってくれるでしょう。賢くて従順な性格から、しつけもしやすい特徴もあります。

3ヶ月のチワワのしつけ方法

チワワを飼い始めたとき、やらなければならないことに「しつけ」があります。

幼犬のころにしっかりとしつけをしておくことで、結果的に愛犬の健康管理のしやすさや寿命を延ばすことにつながっていくので、しつけを疎かにすることは飼い主としてのマナーでもあります。

ここでは、しつけの種類によって「おすわりや待て」「トイレ」「食事」「ハウスのしつけ」について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

チワワを飼い始めたら必要なしつけの種類

  1. おすわりや待て
  2. トイレ
  3. 食事
  4. ハウスのしつけ
しつけの種類しつけの必要度しつけの難易度
おすわり★★★★★★★★
待て★★★★★★★
トイレ★★★★★★★
食事★★★★★★
ハウス★★★★★★★

3ヶ月のチワワのしつけ方法1:おすわりや待て

犬の好きなおやつを使ってしつけをしましょう。

おすわりは、おやつを少し噛じらせながら少しずつ体重を後ろにかけさせていくとおすわりの姿勢になります。

おやつで腰が落ちない場合は、少し「膝カックン」の要領でやさしくサポートしてあげるとよいでしょう。

待ては、おすわりができるようになってからしつけをします。おすわりをさせて「待て」と声をかけて、数秒待ってからご褒美としておやつをあげます。それの繰り返しです。

おすわりのしつけ手順

  1. おやつを少し噛じらせ気味に与える
  2. 体重を後ろにかけさせていく
  3. おすわりの姿勢になった瞬間「おすわり」と声をかける

待てのしつけ手順

  1. おすわりさせる
  2. 「待て」と声をかけて3秒くらい待ってからおやつをあげる
  3. 少しずつ待ての時間を伸ばしていく

3ヶ月のチワワのしつけ方法2:トイレ

生後3ヶ月までのチワワにトイレのしつけをするにはどのような方法が良いのでしょうか。

寝て起きたすぐ後や遊んだ後に排泄する場合が多いので、そのタイミングでトイレトレイまで誘導してしつけをしましょう。

気をつけたいポイントは、ベッドやトレイトレイから外れた場所に排泄してしまっても絶対に叱ってはいけません。子犬はなぜ叱られたか理解できないので気をつけましょう。

トイレのしつけ手順

  1. 普段の環境と同じように柵の中にベッドとトイレトレイをセットする
  2. 寝起きや遊んだ後にトイレトレイへ誘導する
  3. ゆっくりやさしくなでて落ち着かせる
  4. トイレトレイで排泄ができたらやさしくほめてあげる

3ヶ月のチワワのしつけ方法3:食事

次のページ:癖が治らない場合のしつけ方

初回公開日:2020年03月11日

記載されている内容は2020年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related