Search

検索したいワードを入力してください

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介

愛犬の被毛や皮膚を清潔に保つには、シャンプーが必要です。しかし、洗い方を知らなければ自宅できれいにしてあげられません。そこで、シャンプーのやり方や頻度、子犬がシャンプーをし始めてもよい時期などについて解説します。注意点もあるのでぜひご覧ください。

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介

子犬のシャンプーの必要性

愛犬のシャンプー、しっかりしてあげてますか。子犬は一見被毛が汚れていないように見えても、定期的にシャンプーをする必要があります。毎日の散歩や室内環境などによりホコリや細かな汚れがついているからです。

加えて、犬種によって程度の差はあるものの犬には独特の体臭があるため、臭いも気になってきます。いつからシャンプーを始めても良いのかタイミングも紹介します。

子犬のシャンプーの必要性1:かゆみ防止

子犬のシャンプーはかゆみを防止するのに効果的です。余分な皮脂や、古い角質が残っていることによりかゆみが生じることがあります。

皮膚の潤いを保つ働きをしている皮脂が必要以上に多くなると、毛の根元に皮脂汚れが溜まり被毛がベタつくようになります。

子犬でもしっかりシャンプーをしてあげることで体を清潔に保つことができるでしょう。

子犬のシャンプーの必要性2:害虫予防

子犬のシャンプーは、害虫予防をしてくれます。不潔な状態は、ノミ・ダニの温床になることがあります。

定期的にシャンプーをすることで予防ができ、子犬が快適に過ごしやすくなるので、子犬にとってシャンプーはとても重要です。

子犬にもお散歩や日々の生活で気付かぬうちに害虫が住み着いてしまうことがあります。いつからでもシャンプーをしてあげて清潔さを保ちましょう。

子犬のシャンプーの必要性3:体臭軽減

体臭がきつくなってきたときはシャンプーが必要なサインです。

シャンプーを怠ると、さまざまなトラブルを招きやすくなります。清潔さを保つ重要性や、シャンプーはいつからしてもよいのかなど、まずは犬のシャンプーに関する基本的なことから理解を深めておきましょう。

いつから始める?初めての子犬のシャンプーでの注意点

ここからは、子犬のシャンプーをいつから始めて良いかの説明をします。犬がシャンプーをいつから始めても良いのかは、生後2ヶ月ごろに受ける1回目のワクチン接種から1、2週間経ってからです。

しかし子犬は免疫力が弱いうえ体力もないので、体調が安定しているときに行うようにしてください。子犬を飼い始めていつからシャンプーをして良いか分からない方も多いでしょう。注意点なども説明しているのでいつからスタートして良いのか理解しましょう。

初めての子犬のシャンプーでの注意点1:いつから始めるかを知る

子犬のお風呂やシャンプーはいつから始めるかを理解してください。産まれたばかりの子犬は免疫力が低く、体温調節もまだ上手にできません。

いつからか分からなくてお風呂に入れてしまうと、病気になってしまうこともあります。子犬を始めてお風呂に入れるタイミングは、ワクチンから2週間が経過したころが良いと言われています。いつから始めても良いか、タイミングが分かれば安心してシャンプーをしてあげることができます。

初めての子犬のシャンプーでの注意点2:頻度

シャンプーはいつからでも月に1回、多くても2回程度が望ましいとされています。

いつもきれいな状態を保ちたいからと、ひと月に何回もシャンプーをするのはよくありません。過剰にシャンプーをすると、必要な皮脂までが奪われ、皮膚が乾燥しフケやかゆみが出やすくなります。また、子犬の表皮は人間の1/5程度の厚さしかなくとてもデリケートなので、皮膚のトラブルが生じる可能性もあります。

初めての子犬のシャンプーでの注意点3:お湯の温度

シャワーの温度はいつからでも35~37度ぐらいの、ぬるめの温度が適しています。必ず手で触って温度を確かめてから洗い始めるようにしてください。

体を濡らす際は、いきなり顔から濡らすと驚いてしまうため、顔から遠いお尻から、背中、首、顔の順に濡らしていきます。このとき、シャワーヘッドを子犬の体に密着させると、シャワーの音や水圧が軽減されます。顔は水を含ませたスポンジなどで濡らしてあげると良いでしょう。

子犬のシャンプーの手順

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
ここでは、子犬のシャンプーの手順を紹介します。いつからシャンプーを始めても良いかタイミングはご理解いただけましたね。子犬のシャンプーはいつからでも段階的に慣らしていくことがとても大切です。

まずは、お風呂場で愛犬を遊ばせ、環境に慣れさせましょう。段々と環境に慣れはじめた様子なら、その後はシャワー・お湯・ドライヤーと、何日間か時間をかけて段階的に進めていきます。

子犬のシャンプーの手順

  • 事前準備
  • 足から濡らす
  • 泡のシャンプーで洗う
  • 足先や指の間も洗う
  • ぬるま湯ですすぐ

子犬のシャンプーの手順1:事前準備

シャンプー前には、いつからでもブラッシングを行いましょう。毛のもつれや毛玉をほぐし、事前に汚れを落としておくとシャンプーがしやすくなります。

毛玉を残したままシャンプーすると、シャンプー後に毛玉が固まってほぐれにくくなってしまいます。また、シャンプーの際は愛犬の耳にシャンプー液がに入らないように十分に注意しましょう。

子犬のシャンプーの手順2:足から濡らす

体を濡らすとき、シャンプー液をつける順番はいつからでも体が先です。犬が負担に感じる時間をできるだけ短くすることは、上手にシャンプーするポイントです。

体を濡らす際、いつからでも顔まわりは最後にして、お尻や足元など頭から遠い箇所よりスタートしていきましょう。

シャワーを直接使う場合は、子犬がびっくりしないように配慮しましょう。耳・鼻・口などにお湯が入らないように、うしろからそっとかけていきます。

子犬のシャンプーの手順3:泡のシャンプーで洗う

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
子犬の皮膚は刺激に弱いため、いつからでもシャンプー液は子犬用を薄めて使います。スポンジやネットを使い、シャンプー液を泡立てたら、背中・足元など犬が嫌がりにくい部分から洗いはじめます。

洗い方のポイントは、毛をもまず、爪を立てずに優しくなでるように。指の腹でマッサージをしていくような感じです。いつからスタートしてもシャンプーは泡立てて使ってください。

子犬のシャンプーの手順4:足先や指の間も洗う

子犬のシャンプーはいつからでも指の腹でマッサージをしていくような感じで洗ってあげてください。

手足・お尻・尻尾は、汚れの多い部分なのでしっかり洗いましょう。肉球の間も忘れずに洗いましょう。汚れが目立たないが付きやすい部分になるので、念入りに洗うようにしましょう。

子犬のシャンプーの方法5:ぬるま湯ですすぐ

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
最初は、いつからでも顔まわりからスタートしてください。シャンプー液をつける際と同様にして、敏感な顔まわりはやさしく洗い流しましょう。スポンジにお湯を含ませて洗い流してもOKです。

シャワーを使う場合、シャワーヘッドは犬の体に密着させて使います。洗い流す際には、シャンプーのぬるぬる感が残らなくなるまでしっかりと行いましょう。シャンプー液が被毛や皮膚に残ると、かゆみや炎症を起こす一因になります。

シャンプーを嫌がる子犬の対処法

子犬は、音や環境の変化に敏感です。シャンプーの前段階で体を濡らすとき、いつからでもシャワーのしぶきに驚いたり水圧に恐怖を感じたりしてしまうケースもあります。子犬のシャンプーは段階的に慣らしていくことがとても大切です。

まずは、お風呂場で愛犬を遊ばせ、環境に慣れさせましょう。段々と環境に慣れはじめた様子なら、その後はシャワー・お湯・ドライヤーと、何日間か時間をかけて段階的に進めていきます。

シャンプーを嫌がる子犬の対処法1:風呂場で遊ぶ

  • 風呂場で遊ぶ
  • 湯や水で遊ぶ
  • ドライヤーに慣らす
  • シャンプーの後のご褒美

シャンプーを嫌がる子犬の対処法1:風呂場で遊ぶ

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
子犬をシャンプーする際、無理にお風呂場へ連れて行ってしまうと、犬はお風呂場が怖い場所だと認識してしまいます。子犬は慣れていないものを怖がってしまうので水が怖いものだと思ってしまいます。

水を嫌がる場合は絶対に無理強いせず、いつからでも水遊びをして水に慣れさせることが大切です。まず水への抵抗を無くすところから始めましょう。

シャンプーを嫌がる子犬の対処法2:お湯や水で遊ぶ

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
子犬は水に慣れさせてあげることが大事です。そのためには、お湯や水で一緒に遊ぶところから始めてみましょう。本能的に水が嫌いな犬もいますが、いつからでも子犬のころから水は怖くないお風呂は気持ちいいものだと思ってもらえるように工夫しましょう。

例えばシャワーの音を小さくしたり、顔は水をかけず濡れタオルで拭くなど工夫して、優しく入れてあげましょう。

シャンプーを嫌がる子犬の対処法3:ドライヤーに慣らす

子犬をドライヤーに慣れさせることが大切です。子犬は温風やドライヤーの音の大きさにびっくりしてしまうことがあります。怖いものではないことを分からせるよう一緒に遊びながら使うと良いでしょう。

シャンプー後に使う場合は、いつからでもお腹から乾かし次に胴体、顔の順番で乾かしましょう。直接温風を当てるのではなく自分の手に一度風を当てて直接熱風が犬に当たるのを避け、時間をかけて優しく乾かすことがポイントです。

シャンプーを嫌がる子犬の対処法4:シャンプーの後のご褒美

お風呂好きな犬もいれば、お風呂が苦手でストレスになる犬もいます。ドライヤーまで終わった後はよく頑張ったねと褒めてあげたり、お気に入りのおやつをあげたりしても良いでしょう。

お風呂は楽しいと犬に思わせるのに有効な方法のひとつです。お風呂の後に美味しいおやつをあげるなど、愛犬が喜ぶように工夫してみましょう。毎日愛犬が楽しんでお風呂まで済ませてくれるようになれば、飼い主も楽になります。

子犬にお勧めのシャンプー

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
シャンプーは、必ず犬専用のものを使いましょう。人間と犬とでは皮膚の性質が異なります。そのため、人間の肌質に合わせて作られた人間用のシャンプーを犬に使うと刺激が強すぎ、皮膚のトラブルを引き起こす恐れがあります。


犬用のシャンプーはさまざまな種類がありますが、皮膚への刺激を極力抑えたい場合は、低刺激性のシャンプーがよいでしょう。低刺激性シャンプーは自然由来の成分が主体で作られているので、一般の犬用シャンプーよりも刺激が少なめになっています。

子犬にお勧めのシャンプー

  • 薬用シャンプー
  • 抗菌シャンプー
  • 無水シャンプー
  • 低刺激シャンプー

子犬にお勧めのシャンプー1:薬用シャンプー

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
薬用シャンプーはその名の通り薬用成分を主体として作られているシャンプーで、皮膚が弱い犬に適しています。しかし、皮膚が弱いすべての犬に対応しているわけではないので、愛犬の様子を見ながら使用する必要があります。

不安な場合は口コミなどをチェックして、皮膚トラブルが現れたり悪化したという口コミがないか確認しておくと良いでしょう。

子犬にお勧めのシャンプー2:抗菌シャンプー

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
抗菌シャンプーは皮膚疾患の原因となっている菌を殺菌・抗菌し、皮膚病の改善を主な目的として販売されているシャンプーです。殺菌効果が高い分刺激が強い商品もあるので、慎重に取り扱う必要があり分量や頻度を守った上で使うことが条件となります。

動物病院やトリミングサロンで取扱われていることが多いので、医師やトリマーと相談してから選ぶのがです。

子犬にお勧めのシャンプー3:無水シャンプー

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
無水シャンプーは、シャンプー時に水を必要としないタイプです。水嫌いな愛犬や、体力のない老犬を清潔に保ちたい時にピッタリで、舐めてしまっても安全な成分でできています。

洗い流すシャンプーとは違って刺激の強い界面活性剤などを含んでいないものも多くありますので、日頃のケアにです。

子犬にお勧めのシャンプー4:低刺激シャンプー

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
低刺激シャンプーは、皮膚が弱く敏感な子犬にぴったりです。細菌やカビから被毛や皮膚を守ることができます。

低刺激でありながら高い殺菌・消臭効果が得られるので、皮膚が弱かったり皮膚疾患を患ったりしている子犬にも安心して使用できます。季節の変わり目や高温多湿な時期などに繁殖しやすい細菌の繁殖を抑え、皮膚や被毛をしっかり守ってくれます。

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいかを知りゆっくり慣らしましょう!

子犬のシャンプーはいつから始めたらいいの?方法と注意点を紹介
※画像はイメージです
定期的にシャンプーをして愛犬の体を清潔に保ち、健康を守っていくのは飼い主の大切な役目です。

シャンプーは体臭や汚れを取り除く以外に、皮膚に異常がないかを確認するためのよい機会でもあります。シャワーの音などで愛犬をびっくりさせないように配慮しながら、きれいにしてあげてください。

Related