Search

検索したいワードを入力してください

初心者必見!アクアリウムに熱帯魚22選やグッズを紹介

更新日:2020年09月29日

飼いやすい小型ペットの中でとてもが高い熱帯魚。水槽の中で泳ぐ美しい熱帯魚は、ただ眺めているだけで癒されます。この記事では、アクアリウム初心者の方へ、熱帯魚や必要な道具、お手軽セットなどの情報をご紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

初心者必見!アクアリウムに熱帯魚22選やグッズを紹介

アクアリウムとは?

アクアリウムとは、水族館という意味で、最近では、鑑賞用の水槽に水草や石などを組み合わせた美しい水中アートを作ったり、その中で水草や熱帯魚を飼育したりする趣味そのもののことをアクアリウムと呼びます。

癒しとリラクゼーションを求めている方にです。

アクアリウムの始め方

アクアリウムはとても奥の深い趣味の世界です。これからやってみたいという方には、まずたくさんの予備知識を得られることをします。

このサイトではアクアリウムについての基礎情報や初心者に熱帯魚の種類や特性、必要な道具などについてご紹介します。

アクアリウムを始める際の注意点

初めてのアクアリウムを成功させるための注意点は、まず難易度の高いものを避け、初心者向け熱帯魚や熱帯魚セットなどを選ぶことをします。

そのためにも、飼いたい熱帯魚飼育方法をよく調べてから、アクアリウムグッズ購入の計画を立てることをします。

また、総重量が100kg近くになることを想定し、水槽や付属機器の設置場所を決めて、その床や周辺の状態や強度をチェック・補強しておくことをします。

地震や水漏れなどを想定し、トラブル対処しやすい環境を確保することをします。カビの原因になる湿度対策についても換気や除湿をまめに行うことをします。

アクアリウムを始める際の初期費用

アクアリアムの初期費用は、小さな水槽を使って安く抑えることもできますが、初心者に水槽のサイズは、小さすぎず大きすぎない幅60cmをします。

なぜなら、水槽のサイズが小さすぎると、魚の酸欠や水質の悪化を早め、飼育の難易度が上がってしまうからです。

それを踏まえても、アクアリウムへの初期投資にはトータルで約1万円~3万円ぐらいの予算があれば、選択肢のバリエーションも増えつつ、しっかり充実したアクアリウムを始められます。

長く使うものはなるべく素材の良いものを選ぶことをします。

アクアリウムを始めるのに必要な基本グッズ

アクアリウムを始める際には、色々なグッズの入手が必要ですが、種類も多く、初めての場合はどこから始めるべきか迷ってしまいます。

そこで、初心者に必要なアクアリウムの基本グッズの種類、用途に関する簡単な説明、必要度、価格帯、選ぶポイントについて、初心者向けの情報として、以下にざっとまとめてみましたので、どうぞご参考になさってください。

まずは、アクアリアムの開始に最低限必要なグッズのご紹介です。

必要なグッズ

  • 水槽
  • 水槽台
  • 水槽マット
  • 照明
  • ろ過装置(フィルター)
  • 排水・吸水パイプ
  • ろ材
  • CO2強制添加器
  • 電磁弁
  • クーラー(冷却ファン)/ヒーター
  • 電源タイマー
  • 底床(ソイル)
  • 熱帯魚のエサ
  • 水質測定キット
  • エアレーション

水槽

アクアリウム水槽の材質は透明度が高いガラス製と軽くて割れにくいアクリル製が主流です。サイズと形状はさまざまです。

例えば、水槽小型水槽セット:飼育10リットル水槽、60リットル水槽、30cm水槽、30cm水槽スリム、45cm水槽、45cmスリム水槽、60センチ水槽、60cmキューブ水槽、60cmスリム

水槽大型水槽セット:90cm水槽、90cmスリム水槽、120cm水槽、120cmスリム水槽、フレーム水槽、フレームレス水槽、曲げガラス水槽、オーバーフロー水槽、インテリア水槽、オシャレな水槽、など。

初心者へのは60cm水槽です。
必要なグッズ必要度平均価格選ぶポイント
水槽★★★★★2,500円~飼育する魚の種類と水槽の設置場所などによって、透明度、サイズ、重量、温度や衝撃に対する強度、加工のしやすさ、メンテのしやすさなどを考慮しながら選ぶとよいでしょう。初心者へのおすすめ水槽は、60cm規格水槽です。

水槽台

アクアリウムを乗せる専用水槽台があると、床にじかに置くより目線の高さが上がり熱帯魚鑑賞しやすくなり、魚が振動や足音などに怯えにくくなります。

また、飼育用品が収納できたり、使用の際に高低差が必要な外部式フィルターが使えますので、です。
次のページ

初回公開日:2019年08月09日

記載されている内容は2019年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related