Search

検索したいワードを入力してください

のらんちゅうの種類3選とは?種類別の詳細や特徴も紹介!

更新日:2022年09月08日

金魚の中でも背ビレがなく、体のヒレも小さく、肉瘤が大きく個性的な姿と丸い姿でのらんちゅう。らんちゅうの特徴やらんちゅうの中でもの種類の青らんちゅう、更紗らんちゅう、黒らんちゅうの価格や特徴、寿命などを紹介します。

のらんちゅうの種類3選とは?種類別の詳細や特徴も紹介!

らんちゅうとは?

さまざまな種類がいる金魚の中でも、の種類のらんちゅう。背ビレがなく不器用に一生懸命およぐ姿、不思議なでこぼこした顔。愛くるしい姿がです。

らんちゅうは背びれがない、頭のところに肉瘤とよばれるコブのようなものがある、など非常に個性的な見た目の金魚で、金魚愛好家にはとてもがある種類で品評会も盛んです。

性格も人なつこく、ケンカもあまりしない穏やかな金魚です。らんちゅうが登場するのも江戸時代の記録からになります。

らんちゅうの特徴5つ

らんちゅうにはどんな特徴があるのでしょうか。

らんちゅうの特徴は5つあって、背ビレがない、飼育が難しい、肉瘤がある、高級魚とされている、特徴別で大きく評価が違ってくる、という点です。

らんちゅうの特徴

  1. 背ビレが無い
  2. 飼育が難しい
  3. 肉瘤がある
  4. 高級魚とされている
  5. 特徴別で大きく評価が違う

らんちゅうの特徴1:背ビレが無い

らんちゅうは背びれがなく体にあるヒレもぜんぶ小さめ。丸っこい体と肉瘤のある顔が愛嬌たっぷりな姿になります。

もともと和金が中国へわたりマルコという背ビレと肉瘤がない金魚が品種改良され生まれてきたのがらんちゅうになります。

らんちゅうの特徴2:飼育が難しい

食欲旺盛でよくフンをして水を汚すにも関わらず、ろ過機やエアレーションの水流が苦手であるため、水質管理が非常に難しいことが飼育の難しさにつながっています。

また品種改良を繰り返してきたため体が弱いといわれています。餌のあげすぎや、水質の管理には十分注意するようにしましょう。

らんちゅうの特徴3:肉瘤がある

らんちゅうの特徴のひとつが目の上の肉瘤で成長と共に大きくなります。飼育環境や栄養状態に左右され、赤の肉瘤の方が大きくなると言われています。

品評会では瘤が目先にあり、目と目が離れていると四角い瘤のように大きくなるものが良いとされています。

らんちゅうの特徴4:高級魚とされている

2歳以上で状態の良いらんちゅうは1匹1万円前後から販売されており、品評会で受賞したらんちゅうは30万円から50万円になるものもいます。

金魚の高級魚種類といえばらんちゅうと琉金です。写真は上がらんちゅうで下が琉金。同じらんちゅうでも種類で値段がかなり違うというのも特徴になります。

らんちゅうの特徴5:特徴別で大きく評価が違う

らんちゅうの価値を分けるのは泳ぎが上手か否かになります。上から見た姿の優雅さを品評会で競います。

尾は上からみて大きく開いている方がよいとされ、尾の芯は太すぎると価値が下がります。赤と白の更紗は見た目も美しく優雅です。特に胸びれに赤が入っていると良いとされています。特徴別で大きく評価が分かれます。

のらんちゅうの種類1:青らんちゅう

次のページ:のらんちゅうの種類2:更紗らんちゅう

初回公開日:2019年08月17日

記載されている内容は2019年08月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related