Search

検索したいワードを入力してください

オウムガイは飼育できる?その生態や入手方法や価格・寿命なども解説

更新日:2022年09月08日

オウムガイはどのように飼育すればいいのでしょうか。本記事では、オウムガイの生態から入手方法、飼育に必要なアイテムや飼育環境の注意点を確認することができます。オウムガイの飼育を検討している方は、ぜひ本記事を読んでみてください。

オウムガイは飼育できる?その生態や入手方法や価格・寿命なども解説
「オウムガイってどんな生き物なんだろう?」
「オウムガイを飼いたいけど、なんだか難しそう…」
「オウムガイについてもっと詳しくなりたい!」
これからオウムガイの飼育をしたい方は、生態や具体的な飼育方法などの情報を事前に知りたいと思っているのではないでしょうか。

この記事では、オウムガイの生態から販売価格だけでなく、飼育に必要なアイテムや具体的な飼育方法を紹介しています。

この記事を読むことで、オウムガイの飼育に必要な知識や準備しておくべきアイテムを把握することができるため、スムーズな事前準備をすることができるようになるでしょう。

オウムガイを飼いたいと思っている方は、是非この記事をチェックしてみてください。

オウムガイとは?

オウムガイは軟体動物門頭足綱オウムガイ科に属する海産動物であり、分類学的にはアンモナイトやタコ、イカと同様に貝の仲間です。

アンモナイトは絶滅してしまいましたが、祖先が古生代に現れてから現在も生き残っているため、「生きている化石」とも言われています。

まずは、オウムガイがどのような生き物なのかを詳しく見ていきましょう。

オウムガイの生息地

オウムガイは南西太平洋からインド洋にかけてのサンゴ礁が発達する熱帯域に生息しています。昔は世界各地で確認されていましたが、近年は環境破壊や乱獲などによりその数が減ってしまいました。

基本的には水深150~300mで生息していることが多いと言われていますが、深い所では600mほどまで潜ることもあります。太陽が出ているときには水深の深い場所で生活しており、夜になると食べ物を探しに浅い場所に現れるのです。

オウムガイの種類

現在知られているオウムガイとして、以下の5種類が確認されています。その中でも、オオベソオウムガイは鳥羽水族館で繁殖に成功したことで話題となりました。
  • オウムガイ
  • オオベソオウムガイ
  • ヒロベソオウムガイ
  • コベソオウムガイ
  • パラオオウムガイ

オウムガイの性格

オウムガイはおっとりとした性格をしており、動きはとてもゆっくりしています。

また、とても臆病な性格でもあり、長きにわたって生物学者の目から逃れていたことから「世界で最も希少な種」のひとつとも言われていたそうです。

オウムガイの寿命

オウムガイの平均寿命は10年といわれており、20年以上も生き続ける場合もあります。

しかし、人間の手で飼育する場合は寿命が短くなってしまい、まめに飼育したとしても平均寿命は3~4年といわれており、一般的にはあまり長生きはしません。

オウムガイの販売価格・値段

オウムガイはマリンアクアショップや大手通販サイトなどで販売されており、1~2万円程度で購入することができます。

オウムガイ自体の値段に比べて、飼育機材に多くの投資が必要となります。以下の記事に記載しているので確認してみましょう。

オウムガイの飼育に必要なアイテム

自宅で育てる場合でも、適切な飼育機材を準備することで寿命を延ばすことができます。ここからは飼育に欠かせないアイテムを見ていきましょう。
  • 水槽
  • 殺菌灯
  • ろ過装置
次のページ:オウムガイの飼育方法

初回公開日:2022年08月09日

記載されている内容は2022年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related