Search

検索したいワードを入力してください

ファーストチョイスの評判は?話題のドッグフードを徹底分析!

更新日:2020年09月26日

巷には数多くのドッグフードが販売されています。愛犬のためにどんなドッグフードを選べばいいのか、迷ったことのある飼い主さんもいるはずです。そこで、量販店や通販でよく目にする『ファーストチョイス』のドッグフードについて調べてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

ファーストチョイスの評判は?話題のドッグフードを徹底分析!
未開封の場合は1.5年保存できますが、品質の低下を防ぐためにも、購入したらなるべく早く使ったほうがいいでしょう。

直射日光を避け、常温で冷暗所に保管することをします。

開封後

ドッグフードは、開封した瞬間から酸化が始まります。開封後は直射日光を避け、密閉して常温で冷暗所に保管しましょう。

また、冷蔵庫に保管するとカビの原因になる可能性があるので避けましょう。

ファーストチョイスの体重ごとの餌の量とコスパ

ファーストチョイスの給餌量は以下の表のとおりです。

ただ、これはあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、痩せすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

また、ファーストチョイスはコスパの良さで選んでいるという方もいるほどリーズナブルです。量販店のほか、通販でも割安に購入することができます。

ちなみに、現在2種類のパッケージがありますが、Amazonでのそれぞれの価格は以下のとおりです。
犬の体重1日の給餌量
1㎏30g
3㎏70g
5㎏100ℊ
10㎏165ℊ
15㎏225ℊ
20㎏280ℊ
30㎏375ℊ
45㎏510ℊ
45㎏以上体重5㎏あたり40ℊずつ加える
内容量価格(Amazon)
2.7㎏1,160円(430円/㎏)
6.7㎏2,167円(323円/㎏)

原材料が豊富なファーストチョイスを選んで愛犬の健康を守ろう!

以上、ファーストチョイスの特徴や成分、メリットとデメリットを挙げてみましたが、いかがでしたか?

全体的に見てみると、『品質はさほど悪くなく、価格はとてもリーズナブル』な商品と言えるでしょう。特に疾患などがない犬であれば、与えても問題ない商品だといえます。

原材料にこだわり、犬のライフスタイルに合わせて選べて、さらにリーズナブルなドッグフードといえばファーストチョイスです。

ぜひ、あなたもファーストチョイスを選んで、愛犬の健康を守りましょう!

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related