Search

検索したいワードを入力してください

ファーストチョイスの評判は?話題のドッグフードを徹底分析!

更新日:2020年09月26日

巷には数多くのドッグフードが販売されています。愛犬のためにどんなドッグフードを選べばいいのか、迷ったことのある飼い主さんもいるはずです。そこで、量販店や通販でよく目にする『ファーストチョイス』のドッグフードについて調べてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

ファーストチョイスの評判は?話題のドッグフードを徹底分析!

ビートパルプ使用

ビートパルプとは、『サトウダイコン』から砂糖を搾り取ったあとの絞りカスのことで、食物繊維が豊富に含まれています。

草食動物にはぴったりの食材ですが、犬のような肉食動物にはあまり必要のない食材です。

ファーストチョイスの原材料・成分と安全性

ファーストチョイスには、不安材料も使われていることがわかりました。

ではファーストチョイスには、ほかにどのような原材料が使われているのでしょうか。原材料とその成分、また安全性についてくわしく見てみましょう。

ファーストチョイスの原材料

ファーストチョイスの主原材料はコーンです。品質の詳細が明記されていないため、粗悪な部分(皮・ひげ・芯)などが使われている可能性も否定できません。

本来、犬にはあまり与えないほうが無難とされる食材です。

しかし、タンパク源として良質な鶏肉が使われていること、人工添加物を一切使っていないことは大きなメリットといえるでしょう。

ファーストチョイスの成分

ファーストチョイスは、原材料に鶏肉が使用されています。高タンパク・低脂肪を理想とする犬にはぴったりの原材料といえます。

また、ファーストチョイスに使われている保存料は自然派のものなので、安心して愛犬に与えることができます。

主原材料がコーンであったり、米やコーングルテンミールが使われている点は残念ですが、それ以外はほぼ安心していいといえるでしょう。

ファーストチョイスの安全性

ファーストチョイス製品は、ペットフード安全法を始めとしたさまざまなな基準を順守しているだけでなく、独自の厳しい基準を定めています。

自然派保存料の使用、合成着色料・合成香料無添加、鶏肉副産物不使用が挙げられます。

製造においても安全な工場で生産されています。原材料は、厳しい基準に合格したものだけが使用されています。製造番号を見れば原材料がどこから来たのかを特定することができます。

また、完成したファーストチョイス製品もロットごとに安全性や品質を検査しています。このように、ファーストチョイスは安心安全な品質だといえます。

ファーストチョイスの賞味期限と保存方法

ファーストチョイスの賞味期限は、あくまで目安です。管理方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあります。購入後は早めに使い切るほうがいいでしょう。

賞味期限

  • 未開封の場合は1.5年
  • 開封済みの場合は1ヶ月

開封前

次のページ:ファーストチョイスの体重ごとの餌の量とコスパ

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related