Search

検索したいワードを入力してください

オオトカゲの種類8選|飼育方法・特徴・必要なアイテムなどを詳しく紹介

更新日:2022年05月31日

爬虫類の中でも人気の高いオオトカゲですが、その魅力はどこにあるのでしょうか。本記事では、オオトカゲの特徴や種類、飼育方法と飼育に必要なアイテムについて解説しています。オオトカゲの飼育に興味がある方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

オオトカゲの種類8選|飼育方法・特徴・必要なアイテムなどを詳しく紹介
「オオトカゲにはどんな種類があるの?」
「オオトカゲは凶暴なの?」
「オオトカゲの飼育方法や必要なアイテムを知りたい」
オオトカゲをペットとして飼ってみたいと思っている方の中には、このような疑問を抱く方も少なくありません。

本記事では、8種類のオオトカゲの特徴などの基礎知識に加え、オオトカゲの飼育方法や飼育に必要なアイテムについて詳しく紹介しています。

この記事を読むことで、オオトカゲの大きさや性格などの基本的な知識や、8種類のオオトカゲの特徴を把握することができます。また、オオトカゲの飼育方法や必要なアイテムも紹介しているため、自分がオオトカゲを飼育できるか判断できるでしょう。

オオトカゲの飼育に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

オオトカゲの特徴とは?

オオトカゲとは、爬虫綱有鱗目トカゲ亜目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲの総称です。英語では監視者という意味のモニターと呼ばれることもあり、天敵や通りがかった獲物を木の上からジッと見つめている姿から名前が付けられました。

比較的暖かい地域を好み、ニューギニア、オーストラリアから東南アジア、アフリカ、ユーラシアと幅広い地域の熱帯域を中心に分布しています。特に、オーストラリアやパプアニューギニア、インドネシアは、多くの種類が生息する地域です。

しかし、南北アメリカやヨーロッパ、日本には分布していません。

オオトカゲの大きさ

オオトカゲは胴体部分が20cm程度の種類から全長3m程度の極めて大きい種類とさまざまありますが、全長1mを超える大型の種類が多いことから、オオトカゲと呼ばれています。

オオトカゲの中でも大きい種類というと、代表的なのがハナブトオオトカゲやコモドオオトカゲです。

インドネシアやニューギニアに生息するハナブトオオトカゲは全長4mを超える個体もあります。コモドオオトカゲは全長2.5m前後ですが、体格ががっしりとしていて体重は60㎏くらいのため、非常に重いトカゲです。

一方、小さいオオトカゲだと胴体部分が20~30cm程度のドワーフモニターがいます。

オオトカゲは臆病な性格

オオトカゲというと凶暴で怖いというイメージを持つ方もいますが、性格は臆病で、近づくと逃げてしまうことも少なくありません。

ただし、ナワバリに侵入してしまうと、尻尾で攻撃してきたり、口を大きく開けて威嚇してきたりします。

オオトカゲは体が大きい種類が多く、人に慣れていない個体だと飼育が大変なこともあるため、自分が飼育できるかよく考えるようにしましょう。

オオトカゲにかかる費用

オオトカゲを飼おうとした際は、費用も気になるところです。

種類によって生体購入費用は大きく異なってきますが、手軽に購入できる個体だと5千円程度、高い個体でも5~6万円程度が相場となっています。自宅で飼育できるペットの中では、比較的お手頃な費用で購入できる部類といえるでしょう。

オオトカゲの種類8選

オオトカゲは、大きなものから、比較的小さなものまで数多くの種類が生息しています。

今回は、その中でも、ペットとして飼育しやすい8種のオオトカゲについて詳しく解説していきます。

オオトカゲの種類その1:サバンナモニター

サバンナモニターは、中型のオオトカゲでアフリカに広く分布しています。

大人しい性格で人に慣れやすいことから人気が高く、オオトカゲの中でもポピュラーな種類で、ペットショップなどでもよく見かける機会があるでしょう。流通量が多いため、比較的安い価格帯で手に入れることができます。

飼育下だと1m前後で成長が止まることや、体の色のバリエーションが豊富という点も人気のある理由の1つです。

オオトカゲの種類その2:ミズオオトカゲ

ミズオオトカゲは、サルバトールモニターとも呼ばれ、東南アジアの水辺に生息しています。

その名の通り、水辺が好きな種類で泳ぐのが得意です。非常に多くの亜種に分かれていますが、鮮やかな黄色が印象的なカミンギーという亜種は、人気が高く非常に高い価格で取引されることもあります。

また、比較的人に慣れやすいとされていますが、大きく成長する種類のため、飼育するには全身が水に浸かるくらいの大型設備が必要です。

オオトカゲの種類その3:ナイルモニター(ナイルオオトカゲ)

ナイルモニターは、高温多湿な環境を好み、エジプトのナイル川付近の熱帯雨林に生息しています。黒色と黄色のコントラストの美しさとスリムな体型から、観賞価値が高いとされており、特に美しいナイルモニターは高い価格帯で販売されることもあります。

しかし、ナイルモニターの気性は非常に荒く、総じて攻撃性が強いため、ベテランでもペットとして飼い慣らすのは難しい種類といえるでしょう。大型のトカゲで噛む力も強く、ケージを掃除するときは皮手袋など身を守る装備も必要です。
次のページ:オオトカゲの飼育に必要なアイテム

初回公開日:2022年05月31日

記載されている内容は2022年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related