Search

検索したいワードを入力してください

ツリーモニターの種類|飼育環境を作るのに必要な基本的なアイテムも紹介

更新日:2022年06月22日

本記事はツリーモニターを飼育したいけど、種類や飼育方法がわからないという方はいらっしゃいませんか?今回は、ツリーモニターの種類と飼育用品、ハンドリングができるかなどを解説していきます。これを参考にして、本種をお迎えする際の参考にしてみて下さい。

ツリーモニターの種類|飼育環境を作るのに必要な基本的なアイテムも紹介
「初心者はどのツリーモニターを選べばいいの?」
「飼育したいけどどれくらい値段がかかるだろう?」
「彼らが好む環境で飼育するためにはどんな設備が必要なの?」
等、飼育を始めるにあたってこのような悩みに直面することも多いでしょう。

ツリーモニターは、鮮やかな発色が特徴のオオトカゲです。エキゾチックアニマルブームもあってか飼育方法が確立され、種類にもよりますが多少手軽な存在となりました。熱狂的なファンも多い本種をお迎えしようと考えた方もいるのではないでしょうか?

今回は、ツリーモニターの種類や特徴、好む環境やハンドリングの可否などの解説です。本記事を読むことで、ツリーモニターの生態や必要な設備を確認できます。飼育を悩んでいる方には意思決定の助けとなるでしょう。

ツリーモニターの飼育は、相応の準備と覚悟が無くてはできません。この美しい爬虫類が気になっている方は、本記事をチェックして飼育できるか判断して下さい。

ツリーモニターとは?

ツリーモニターとは、単一の種ではなく樹上性のオオトカゲ全般のことを指します。インドネシアやニューギニア島などの熱帯雨林に生息しており、種によって異なる鮮やかな体色が特徴的です。

体長は成体で70cmから100cm程度とされています。しかし、その半分以上が尻尾であるものも多く、聞いた印象よりは小さく感じる方も多いようです。

その美しさと、細く華奢ながら力強いフォルムが多くのマニアを魅了し、エキゾチックアニマルとしての地位を築いています。

ツリーモニターの種類



ツリーモニターと一口に言っても、その種類は様々です。もちろん飼育方法にも若干の差がみられ、入手しやすさも違うので注意しましょう。

ここからは、ツリーモニターの特徴や飼いやすさを種類ごとに紹介していきます。

それぞれに魅力的な特徴があり、お迎えする際はどれが良いのか悩んでしまうでしょう。そんなときはぜひ参考にしてみて下さい。

コバルトツリーモニター

コバルトツリーモニターは、青い体色を有したツリーモニターであり、和名ではアオホソオオトカゲと呼ばれています。インドネシアにあるバタンタ島の固有種で、2001年に新種として記載されたばかりのオオトカゲです。

大きさは130cmほどにもなると言われています。黒と青を基調としたコントラストは爬虫類の中でも珍しく、観賞用のオオトカゲとして高い人気を誇っています。

発見されてから時間がたっておらず、生態として未知数の部分も多いようです。そのため、個体価格も安くなく、10万円前後から30万円ほどで取引されています。

性格は臆病で人になつかない上、飼育方法もしっかりと確立されているわけではありません。上級者向けの種類と言えるでしょう。飼育の際は、湿度や紫外線量などをバタンタ島現地に近づけることが重要です。

ブラックツリーモニター

ブラックツリーモニターは、全身が真っ黒のツリーモニターです。ニューギニアの近くにあるアル―諸島の熱帯雨林に生息しています。性格は神経質で、あまりなつくことはないようです。

大きさは成体で90cmほどと小柄です。また流通しているものの多くは幼体なので、他の種に比べると飼育スペースは抑えられるでしょう。そのため、ツリーモニターの中では比較的飼育がしやすいとされています。

幼体は10万円前後で取引されることが多いようです。飼育の際は、完全樹上性であることを意識して環境を構築してあげましょう。

ワイゲオツリーモニター

ワイゲオツリーモニターは、インドネシアのミソール島のみに生息するツリーモニターです。以前はエメラルドツリーモニターの亜種であると考えられてきましたが、現在は独立した種とされています。

本種の体色は、黄色が強い緑に黒のラインが入っている形となっています。

飼育難易度ですが、いまだに情報が乏しく、国内での繁殖成功例すらほとんど挙がっていません。入荷数も少ないため、上級者向けのツリーモニターと言えるでしょう。

過去の例を見ると、入荷の際は20万円前後で取引されているようです。しかし、狭い地域にしか生息していない固有種であるため、入手難易度はさらに上がることが予想されます。

イエロースペックルツリーモニター

イエロースペックルツリーモニターは、コバルトツリーモニターと同じ時期に初めて新種として記載されました。それもあってか、未解明の部分が多く、長期飼育の情報すらほとんどありません。

大きさは120cm程で、現在はワイゲオ島のみでしか確認できていません。取引価格の方も高く、20万円以上で売買されているようです。輸入量が安定していないため、飼育のチャンスは非常に少ない種類となっています。

飼育方法に関してもほとんどわかっていることはありませんが、ワイゲオ島はコバルトツリーモニターの生息地であるバタンタ島と近いため、似たような飼育方法でよいのではとされています。

コルデンシスツリーモニター

コルデンシスツリーモニターは、コルドモニターとも呼ばれる鶯色を帯びたオオトカゲです。以前はワイゲオツリーモニターと同じくエメラルドツリーモニターの亜種と考えられていました。

本種は個体によって体色が違うことが知られています。生育環境によって変化すると言われており、青を帯びる個体や黒が強くなる個体がいるようです。他のツリーモニターと違い、派手な色彩変化は本種の大きな魅力でしょう。

大きさは90cm程度とあまり大きくはならないため、飼育は比較的簡単です。野生個体の他に、海外で養殖された個体が出回ることもあり、10万円前後でお迎えできます。飼育の際には温度と湿度には特に注意してあげて下さい。

エメラルドツリーモニター

次のページ:ツリーモニターが購入できる場所

初回公開日:2022年06月22日

記載されている内容は2022年06月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related