Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターの暑さ対策|エアコンやグッズを使って外出中も安心!

更新日:2020年09月24日

ペットとしての高い「ハムスター」を飼育する場合、室内の温度を一定に保つ必要があります。ハムスターは暑さや寒さなどの極端な温度変化に敏感で、特に暑くなる夏場はしっかりとした暑さ対策が必要です。今回はハムスターの暑さ対策について詳しくご紹介します。

ハムスターの暑さ対策|エアコンやグッズを使って外出中も安心!

ハムスターの暑さ対策はエアコンがいい?扇風機じゃダメ?

ハムスターは体のサイズも小さいため温度の変化に敏感な動物です。ハムスターが快適に過ごすためには、室内の温度を20℃前後にキープすることが大切です。

では暑さ対策にはどんなアイテムを使えばいいのでしょうか。
温度10℃以下11℃~19℃20℃~26℃27℃以上
快適度××

基本はエアコンを使うべき

最近は春の季節でも25℃以上を超える気温の日も多く、ハムスターの飼育には暑さ対策を常に心がける必要があります。暑い夏場の暑さ対策にもっともなのは「エアコン」です。

エアコンは気温の設定や風向きなども調整することが可能なので、ハムスターの快適な気温を維持しやすい傾向にあります。

エアコンを利用する場合は、ハムスターの体に直接風邪が当たらないように、風向きを上向きにしながら室内の温度を下げるようにしましょう。

温度設定は20度から28度ほど

ハムスターが快適に過ごせる温度は、20℃~26℃以内にキープすることをします。ハムスターは体が大きなタイプの種類ほど暑さに弱いという特性があります。

暑さに弱いハムスターの場合は、27℃程度の温度になると動きが鈍くなり、体調を崩す可能性が高くなります。

また小さなサイズのハムスターの場合は、寒さに弱いという特性があります。ハムスターのサイズによって適正な温度が異なる点を理解し、極端に低い温度や高い温度は命の危険があるためしっかり暑さ対策を行いましょう。

ハムスターの暑さ対策で扇風機は意味がない

暑さ対策グッズとしてが高いアイテムの1つに「扇風機」があります。人間は暑い夏場に扇風機を利用することで涼しいと感じますが、ハムスターは人間と違い汗をかかないため涼しいと感じません。

ハムスターの暑さ対策として扇風機を利用する場合は、エアコンの冷気を室内に広げるために使用するがいいでしょう。

また扇風機の風はハムスターの体に直接当たらないようにしましょう。ハムスターにとって風がストレスとなり、暑さ対策ではなく体調を崩す原因となります。

エアコン以外のハムスターの暑さ対策

ハムスターの暑さ対策としてひんやりとした室内にする場合は、アイスノンや凍らせたペットボトルなどを利用するのも効果的です。また温度調節を管理できる温度計などを常備しておくといいでしょう。

エアコン以外のハムスターの暑さ対策1:ケージの上にアイスノンなどの保冷剤をおく

エアコン以外でハムスターの暑さ対策の効果的なアイテムなのが「アイスノン」です。アイスノンとは、ゲルカ剤などを密封して作られたもので、熱を冷ますときなどに使用するアイテムです。

暑さ対策にアイスノンを使用する場合は、巣箱の上にアイスノンを置いてあげるのがです。巣箱の素材にもよりますが、アイスノンが時間とともに溶けると水分が出てきます。

巣箱の素材によってはアイスノンの周りにタオルを巻くなどして対策を行いましょう。

エアコン以外のハムスターの暑さ対策2:凍らせたペットボトルをケージの上に置く

エアコン以外のハムスターの暑さ対策としてなのが、「凍らせたペットボトル」です。凍らせたペットボトルをハムスターのゲージの上や周囲に配置してあげると暑さ対策に効果的です。

凍らせたペットボトルはゲージの中に入れてしまうとゲージの床が濡れる原因になるので、必ずゲージの外に配置するようにしましょう。

また凍らせたペットボトルはおおよそ3時間を目安にして小まめに交換するようにしましょう。時間ととともにペットボトルの周りに水滴がつくため、できれば薄いタオルなどで巻いてあげるといいでしょう。

エアコン以外のハムスターの暑さ対策3:風通しをよくする

エアコン以外のハムスターの暑さ対策としてなのは、巣箱やゲージ付近の風通しをよくすることです。

ハムスターは風が直接当たることを嫌がる習性があるため、風通しのいい場所でも風が直接当たらないようにしてあげましょう。

またゲージや巣箱の素材が厚い場合は、薄い素材のものに交換してあげることをします。厚い素材の巣箱は湿気が高くなりやすく、ハムスターが暑さを感じやすい傾向にあります。

ぐったりしそうな夏場のハムスターの飼い方

次のページ:暑さ対策にぴったりのハムスターのひんやりグッズ

初回公開日:2019年07月30日

記載されている内容は2019年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related