Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターは懐くほど知能・学習能力が高い?他の動物と比較!

更新日:2020年09月28日

ハムスターを飼いたいと考えている人は、その程度の知能があるのか気になりますよね。ここでは、気になるハムスターの知能を他の動物と比較していきます。ハムスターが気になっているという人は、参考にしてペットとして飼うべきかの判断材料にしてみましょう。

ハムスターは懐くほど知能・学習能力が高い?他の動物と比較!

ハムスターの習性・生態

ハムスターは、繁殖力が高い動物という特徴があります。元々は野生で生活していたハムスターを飼育しやすいように改良されているのが、現在広く販売や飼育されているハムスターです。

そのため、知能も高いと言われていてます。他の敵から身を守るために、基本的には夜に行動することが多いです。おとなしい飼える小動物としてが高く、繁殖力も高いのでオスメス2匹いっしょに飼育する人も多いです。

ハムスターは他の動物・ペットと比較してどれくらい知能が高い?

ハムスターは、なつかない動物よりも知能が高いのではないかと言われています。なつきやすいハムスターという宣伝文句で販売されることもありますが、普通のネズミよりも知能があると考える人も多いでしょう。

ハムスターは、生存に関することに驚くべき力を発揮することがあります。食べるものを求めて脱走することも少なくありません。他の動物と比較してどのくらい知能があるのか考えていきましょう。

ラット

ハムスターとラットでは、ラットの方が人を識別することができる能力があるので、より知能があると考えられています。ラットとハムスターの違いは、体の大きさや歯の裏の形などです。

ただラットは、ハムスターと比較して胆のうが無い場合があります。種類を厳密に区別するのが難しい種類がありますが、ハムスターのおしっこの臭いは強烈なのに、ラットはそこまでひどくないという場合もあります。

リス

リスは、ハムスターに比べて繁殖期に凶暴化することがあり知能的とは言えない姿を見る場合があります。妊娠するまでは飼いやすい小動物だと考えていたのに、繁殖にリスに噛まれたというケースも少なくありません。

そのため、ハムスターに比べてペットとして愛好している人が増えないという現象に陥っています。噛まないペットを探している人は、リスの繁殖期の知能が低いのでできません。

インコ

ハムスターとインコでは、インコの方が知能が高いと言えるでしょう。インコは、人の言葉が分かります。そのため、好奇心の強い性格をしていてハムスターには無い面が多いです。

どっちが飼いやすいかは飼育する人の性格にもよりますが、おとなしいペットが良いという場合はハムスターの方が良いでしょう。インコもペットにできる動物として根強いを誇っています。

人間

人間とハムスターの知能は、人間の方が圧倒的に高いです。ハムスターは、人間でいえば1歳程度子供の知能だと言われています。そのため飼う際には細心の注意を払って寿命を延ばしてあげる必要があります。

1歳程度年齢の子供の場合は、何をしでかすのか分からず目を離すことができないでしょう。飼いやすいハムスターと言われることもありますが、1歳程度の知能を持っている子供だと考えて飼うと良いでしょう。

ハムスターの脳の大きさはどれくらい?

一般的に知能が高いと言われている動物の方が、脳の大きさが大きいです。ハムスターは体の大きさもありますが、他の動物に比べて小さいと言えるでしょう。

知能があまり高くないハムスターなので、ハムスターの気持ちが分からず育て方が難しいと感じることも少なくありません。

ハムスターの本などでハムスターの食べるものなどをしっかり調べてから飼うようにしましょう。出たがることも多いので、落下などにも気を付けましょう。
次のページ:ハムスターの知能・学習能力はどれくらい?

初回公開日:2019年08月01日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related