Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターは夜行性なのか?ハムスターの育て方7つと注意点

更新日:2020年09月28日

初めてハムスターを飼われる方にわかりやすく特徴と習性をのせました。どれくらい種類があるのか、どのような飼育環境がいいのか、夜行性とはどういう事なのかという基本的な情報から飼育するのにどういう事に気を付けたらよいのかもわかりやすくのせています。

ハムスターは夜行性なのか?ハムスターの育て方7つと注意点

ハムスターを飼う前に知っておくこと

ハムスターはその愛くるしさと飼いやすさから大変があります。しかしハムスターを飼おうとするのなら最低限知っておかなければならない色々な体の特徴や習性があります。

特徴や習性としては以下のようなものがあります。
特徴
一生伸び続ける
前足非常に器用
頬袋いろいろな物をためられる
習性夜行性

ハムスターの種類は大きく分けて3つ

ハムスターはどれも同じくらいのサイズに見えますが、大きさでいうと3つの種類に分かれます。

大きい・小さい・極小の3つに分けて、それぞれのサイズに当てはまるハムスターの種類を紹介していきます。是非、これを機会に覚えておくと良いでしょう。

大きい種類:ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターは大きさが約20センチ、体重が100グラムから150グラムとハムスターの中では大きい種類になります。

人懐っこく性格も温和で初めて飼育する小動物としてはぴったりです。

小さい種類:ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスターはゴールデンハムスターと比べると約半分くらいの大きさです。ジャンガリアンハムスターのオスで7cmから12cm程度の大きさで、メスは6cm~11cmサイズになります。

飼育するのであれば、単独飼いをしたほうがよいです。

極小種類:ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスターはハムスターの中では最小で大きさは約7センチ、体重は約40グラムです。

性格はとっても憶病なので、ゲージの中で活動する仕草を遠くから観察しましょう。あまり近づき過ぎて驚かさないように気を付けましょう。

ハムスターの正しい育て方7つ

夜行性のハムスター体の特徴や習性、色々な種類を理解して頂きました。色々な種類がいてどれにすればいいか迷いますがまずは先に育て方を理解してください。

ここからは夜行性ハムスター全般の正しい育て方を7つご紹介します。
次のページ:夜行性のハムスターの4つの管理方法

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related