Search

検索したいワードを入力してください

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段

初回公開日:2019年08月20日

更新日:2020年02月16日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ジャンガリアンハムスターはドワーフハムスターとも言われる小さいハムスターで、縄張り意識が強くストレスを溜めやすいという特徴があります。ノーマル・ブルーサファイア・パールホワイト・プディングというカラーがあり、一人暮らしでも飼いやすいです。

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段

ジャンガリアンハムスターとは?

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
現在、24種類のハムスターいます。

ハムスターの中でもジャンガリアンハムスターは人気な種類のひとつです。ジャンガリアンハムスターはヒメキヌゲネズミ属に属する和名をヒメキヌゲネズミといいます。

原産国はカザフスタン、シベリアから中国の北部といわれ中国のジュンガル盆地つまりジャンガリアに生息していることからジャンガリアンハムスターという名前がつきました。

ちなみに中国ではキヌゲネズミを仓鼠や倉鼠といいます。

ジャンガリアンハムスターの特徴

決まった場所でトイレするのでハムスターのしつけはいらず散歩もいらないので飼育の手間がかからず、マンションでも一人暮らしでも飼うことがでます。

ここではジャンガリアンハムスターの特徴を3つご紹介します。

ジャンガリアンハムスターの特徴

  • ジャンガリアンハムスターは小さいハムスター
  • ジャンガリアンハムスターは縄張り争いがある
  • ジャンガリアンハムスターはストレスがたまりやすい

ジャンガリアンハムスターの特徴1:小さいハムスター

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ジャンガリアンハムスターはハムスターの中でも小さい種類のハムスターです。小さいハムスターであるためドワーフハムスターと呼ばれることがあります。

ゴールデンハムスターが体長15㎝・体重130g程度の大きさがあるのに対して、ジャンガリアンハムスターは体長9㎝・体重30g程度と非常に小さな体をしています。

ジャンガリアンハムスターの特徴2:縄張り争いがある

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ジャンガリアンハムスターの特徴として、縄張り争いがあるということを理解しておかなくてはなりません。

ジャンガリアンハムスターは野生の下では単独行動し、非常に縄張り意識の強い生き物です。ペットとして複数で飼う場合、ほかのハムスターを仲間だと認識することはなく喧嘩がはじまるのは避けられないことです。

ジャンガリアンハムスターの特徴3:ストレスがたまりやすい

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ジャンガリアンハムスターに限らずハムスターは、飼い主から与えられるストレスで早死にしてしまうほどストレスを敏感に感じる生き物です。

どんなことにストレスを感じるのかといいますと、気温の変化や大きな音、明るさ、複数飼い、ニオイです。

ストレスを感じると噛む・鳴く・糞尿を漏らす・隠れるなどの行動をとります。

一番値段の安いジャンガリアンハムスター:ノーマル種類

ジャンガリアンハムスターでも一番値段が安いのが、背中に黒いスジの入った野生のままの茶色の毛色をした種類です。

ジャンガリアンハムスターの中でもペットショップでよく見かける種類のひとつです。
ジャンガリアンハムスターの種類初期費用(ペットの値段・ゲージ費用・水入れと餌入れ)継続費用(食費・トイレ)寿命飼育する際の注意点
ノーマルペットの値段:500円~1000円程度 ゲージ:3000円程度 水入れと餌入れ:1500円~2000円程度食費:月300円程度 トイレ:月300円程度1年半~2年半ストレスを与えない・温度が一定の飼育環境にする・運動不足にならないように注意する

ノーマルの値段

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ノーマルのジャンガリアンハムスターはペットショップで500円~1000円前後で販売されています。

初期費用としてはゲージは運動スペースがあるもので3000円程度、水入れ・餌入れなど1500円から2000円程度、フードは100g50円から200円程度(月300円)、トイレ砂は1.5kg300円程度です。

ノーマルの特徴

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ノーマルなジャンガリアンハムスターは、アグーチカラーとも言われる茶色がかった毛色に、背中に一本の黒いスジ模様を持っているという特徴があります。

冬になると茶色い毛色が白っぽい毛色に変化する場合もあるので、冬にホワイト系の個体だとおもって買ったものが春になり茶色になり「びっくり」ということもあります。

ノーマルの寿命

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ノーマルな種類のジャンガリアンハムスターの平均寿命は1年半から2年半と言われます。

もちろん個体差があり平均寿命を超え生きることができるジャンガリアンハムスターもいます。

ストレスを与えないように注意し、温度が一定になるような飼育環境で、運動不足にならないようにゲージには回し車を置いて飼育しましょう。

青っぽいジャンガリアンハムスター:ブルーサファイア

ジャンガリアンハムスターには毛色が青っぽいブルーサファイアといわれる種類のハムスターもいます。

サファイアブルーハムスターといわれることもあり真っ青というわけではなく灰色がかった青という感じの毛色です。
ジャンガリアンハムスターの種類初期費用(ペットの値段・ケージの費用・水入れと餌入れ)継続費用(食費・トイレ)寿命飼育する際の注意点
ブルーサファイアペットの値段:1000円~2000円前後 ゲージの値段:3000程度 水入れと餌入れ:1500円~2000円程度食費:月300円程度 トイレ:月300円程度1年半から2年半体が弱い個体が生まれる可能性がある/ストレスを与えない・温度が一定の飼育環境にする・運動不足にならないように注意する

ブルーサファイアの値段

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ハムスターの値段は毛色で違います。ブルーサファイアの種類のジャンガリアンハムスターはノーマルな種類よりも若干値段が高めで、1000円から2000円前後です。

飼育に必要なものはノーマルな種類が必要なもの(ゲージ・フード・おやつ・トイレ砂など)と変わりはないです。ですから費用も同じぐらい必要になります。

ブルーサファイアの特徴

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ブルーサファイアの種類のジャンガリアンハムスターの特徴は、青みがかった毛色です。

ブルーサファイアは品種改良で生まれた種類です。そのためブルーサファイアと違う種類を掛け合わせるのではなく、ブルーサファイア同士を交配させて産ませる方が確実です(体の弱い子が生まれる可能性あり)。

ブルーサファイアの寿命

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
ブルーサファイアもノーマルな種類と変わりなく、寿命は1年半から2年半と言われています。

ただ先ほども述べましたが、ブルーサファイアは体が弱い個体が生まれる可能性がありますので注意が必要です。

ストレスを与えないことや温度を一定に保つことや運動不足にならないことに注意しましょう。

真っ白いジャンガリアンハムスター:パールホワイト

パールホワイトの種類は、ジャンガリアンハムスターの中でもブルーサファイアに並び人気のある種類のひとつです。

背中にラインが入ったものと完全に真っ白でラインが消失しているスノーホワイトがいます。
ジャンガリアンハムスターの種類初期費用(ペットの値段・ケージの費用・水入れと餌入れ継続費用(食費・トイレ)寿命飼育する際の注意点
パールホワイトペットの値段:2000円前後 ゲージの費用:3000円程度 水入れと餌入れ:1500円~2000円程度食費:月300円程度 トイレ:月300円程度1年半~2年半自家繁殖する場合にはパールホワイト同士やスノーホワイト同士、パール×スノーは致死率が高くなるため避ける方が良い/ストレスを与えない・温度が一定の飼育環境にする・運動不足にならないように注意する

パールホワイトの値段

白い色は日本人にとって受け入れられやすい色であるためパールホワイトはジャンガリアンハムスターの中でも人気で、2000円前後で販売されています。

飼育に必要なものはゲージ・フード・おやつ・トイレ砂などでほかの種類と変わりはなく、かかってくる費用は変わりがありません。

パールホワイトの特徴

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
パールホワイトの特徴は何と言っても真っ白な毛色です。

ノーマルな種類の中には冬場に毛色が真っ白になる個体がいるので確実にパールホワイトが良い場合には冬場は避けて買いに行きましょう。

自家で掛け合わす場合にはパールホワイト同士やスノーホワイト同士、パール×スノーは致死率が高くなるため避ける方が良いです。

パールホワイトの寿命

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
パールホワイトもほかの種類のジャンガリアンハムスターと寿命に変わりなく1年半から2年半と言われており、個体差がありそれ以上生きることができる場合もあります。

なるべく長生きさせるためには、飼育環境は温度変化がなく一定になるようにし、ストレスを与えず運動不足にならないようにするといいでしょう。

幼体が黄色いジャンガリアンハムスター:プティング

女性に人気なジャンガリアンハムスターの種類にプディングがあります。

幼体のころには鮮やかな黄色をしていておりその姿がプリンに似ているということでプディング(イエローハムスター)と言われています。
ジャンガリアンハムスターの種類初期費用(ペットの値段・ケージの費用・水入れと餌入れ)継続費用(食費・トイレ)寿命飼育する際の注意点
プディング(イエローハムスター)ペットの値段:2000円~3000円前後 ゲージの値段:3000円程度 水入れと餌入れ:1500円~2000円程度食費:月300円程度 トイレ:月300円程度1年半~2年半肥満遺伝子を持っており太りやすい傾向にある/ストレスを与えない・温度が一定の飼育環境にする・運動不足にならないように注意する

プディングの値段

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
プディングは人気のカラーですので他の種類に比べると値段は高めで2000円から3000円前後で販売されています。

飼育するためにはほかの種類のジャンガリアンハムスターを飼育するときに必要なゲージ・餌入れ・水入れ・フード・おやつ・トイレ砂などが必要になり、費用も変わりません。

プディングの特徴

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
プディングは幼体のころは鮮やかな黄色ですが、成長するにつれて毛色が変化するという特徴があります。

幼体のころに黒い毛が混じっていると成長するにつれ黒っぽい色に変化し白い毛が混じっていると成長するにつれ白っぽい色に変化します。もちろん黒や白の毛が混ざっていなくても将来的に大きく色が変わることがあります。

プディングの寿命

ジャンガリアンハムスターの種類色別4選!人気の毛色別の性格・値段
※画像はイメージです
プディングの寿命はほかの種類のジャンガリアンハムスターと変わらず1年半から2年半です。

プディングはほかの種類のジャンガリアンハムスターと比べ太りやすい性質を持っているので、食事を与え過ぎず運動不足にならないように注意が必要です。

そのほかストレスや温度変化に注意しましょう。

ハムスターの様々な毛色を楽しもう

ジャンガリアンハムスターはハムスターの中でも小さく、基本的に自分の決めた場所でトイレをするのでしつけの必要はなく、散歩の必要もない一人暮らしでも飼いやすい動物です。

ジャンガリアンハムスターはノーマル・ブルーサファイア・パールホワイト・プディングといったカラーがあり、どれが自分に合うのかと選ぶ楽しみがあります。

縄張り意識が強いので多頭飼育には向きませんが、さまざまな毛色を楽しむのもいいでしょう。

Related