Search

検索したいワードを入力してください

インコが甘噛みをする理由|けがをしないようにしつけをしよう

初回公開日:2019年08月21日

更新日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インコを飼っている人なら、インコに甘噛みされた事がある人は多いのではないでしょうか。インコがなぜ甘噛みするのでしょうか。インコが甘噛みする理由や甘噛みさえたときの対処法などをご説明します。また、甘噛み以外のインコの感情表現についてもご紹介しています。

インコが甘噛みをする理由|けがをしないようにしつけをしよう

インコが甘噛みをしてくる理由

インコを鳥カゴから出して遊んでいると、はむはむと甘噛みをしてくることがあります。インコを飼っている人なら分かる「インコあるある」です。

飼い主としては愛らしい姿ですが、甘噛みにはどんな理由があるのか気になったことはありませんか。インコがどんな気持ちで甘噛みしてくるのか、インコの甘噛みの理由をご紹介します。

インコが甘噛みする理由

  1. 飼い主に対する愛情表現
  2. 仲間意識からくるもの
  3. じゃれている
  4. 甘えている
  5. 毛づくろいの代わり

インコが甘噛みをしてくる理由1:愛情表現

インコが甘噛みをしてくる理由は、基本的には愛情表現です。インコには手がないので、クチバシを手の代わりのようにして飼い主に愛情表現をしてきます。

本気ではない痛くない程度の甘噛みは、インコからの「大好き」のサインです。犬や猫が飼い主にじゃれついてくるのと同じ、と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

インコが甘噛みをしてくる理由2:仲間意識

インコが甘噛みをしてくる理由には、愛情表現のほかに仲間意識もあります。インコ同士のカップルは、お互いに羽を啄むなど、毛づくろいをして愛情表現をしますが、人間には羽がありません。

そのため、甘噛みという方法で仲間意識を飼い主に伝えています。「私とあなたは仲間だよー」と、インコが行動で示しているのが甘噛みです。そう考えると、とても可愛らしい行動です。

インコが甘噛みをしてくる理由3:じゃれている

飼い主に遊んで欲しくて、じゃれているのもインコが甘噛みをしてくる理由です。インコは遊ぶのが大好きな性格をしています。

インコにとって甘噛みは「遊んで」のサインだったり、飼い主と遊んでいるつもりで取っている行動です。

鳥類は犬や猫よりも感情表現が乏しいと思いがちですが、インコは人間のように感情が豊かです。

仮病を使ったり嫉妬したりと、まるで人間のような心を持っています。飼い主にじゃれるのも、そんな感情表現の一つです。

インコが甘噛みをしてくる理由4:甘えている

インコは複数のカップルで群れをつくり生活する習性を持っています。そのため、1羽でいると不安になり、「かまって欲しい」「遊んで欲しい」という気持ちを飼い主にアピールしてきます。

甘噛みはインコが飼い主に甘えているしぐさといえます。

インコのオスは特に甘えたがりで、飼い主に対しても全力で甘えてきます。メスは比較的ひとり遊びをすることができるので、遊ぶ時間があまり取れないならオスの飼育はおすすめしません。

インコが甘噛みをしてくる理由5:毛づくろいの代わり

インコが甘噛みをしてくる理由は、ただ単純に毛づくろいの代わりをしている場合もあります。

インコが飼い主を仲間や恋人と認識している場合、スキンシップのために毛づくろいの代わりに甘噛みを行う事があります。

この場合はインコからのスキンシップなので、「ありがとう」という気持ちでいましょう。しかし、甘噛みが痛かったり流血するような強さの場合は、叱る必要があります。

インコに甘噛みされた時の対処法

インコの甘噛みは、愛情表現だったりじゃれていたりと、決して飼い主に対して反抗的な態度を取っているわけではありません。しかし、甘噛みとはいえ流血してしまうような場合もあります。

できれば甘噛みを止めさせたい飼い主さんは多いのではないでしょうか。インコに甘噛みされたときの対処法をご説明します。

インコに甘噛みされた時の対処法対処法1:息を吹きかける

インコに甘噛みされたら、インコの顔に向かって息を吹きかけましょう。

息を吹きかけるという行動は、インコが怒りをあらわにする行為なので、「飼い主が怒っている=飼い主に怒られている」と理解することができます。

飼い主の怒りをストレートに伝えることができるので、インコに甘噛みされたときの対処法としては、もっともおすすめです。

インコに甘噛みされた時の対処法対処法2:視線を合わせる

インコに甘噛みされたときは、インコとしっかり視線を合わせるのも効果的です。ただ視線を合わせるのではなく、「コラ」や「ダメ」などと短く叱った後にインコと視線を合わせることが大切です。

これを何度も繰り返すことで、飼い主が視線を合わせてくるのは叱られているからだと理解するようになります。雛から育てているインコなら、さらに効果があるでしょう。

インコに甘噛みされた時の対処法対処法3:手を揺らす

インコに甘噛みされたら、噛まれた手を揺らして、インコが不快になる状況を作りましょう。

このとき、「ダメだよ」など短い言葉で叱ることも忘れてはいけません。言葉で叱っても甘噛みを止めない場合、手を揺らしてください。

手を揺らすときに乱暴にするとインコのクチバシを傷つけてしまうことがあるので、インコを傷つけない程度にしてください。

甘噛み以外の感情表現

インコは甘噛み以外にも、さまざまな方法で飼い主に対して感情表現をしてきます。人間のように拗ねたり甘えたりと多くの感情を持っているのがインコです。

インコは甘噛み以外にどんな方法で感情表現をするのでしょうか。また、どんな感情を表しているのか見ていきましょう。

甘噛み以外の感情表現1:羽を広げて足を延ばす

インコが羽を広げて足を伸ばしているときは、リラックスしている証拠です。私たちも体を解したいときやリラックスしたいときに「伸び」をすることがありますが、それと同じです。

せっかくリラックスしているので、インコが羽根を広げて足を伸ばしているときはそっとしておいてあげましょう。

インコが飼育環境にもすっかり馴染み、リラックスして生活できていることを表しています。その飼育環境を維持できるように努めましょう。

甘噛み以外の感情表現2:首を上下に振る

インコを見ていると首を上下に振って、まるでリズムを取っているような行動をしている事があります。インコが首を上下に振っているときは、喜びの感情を表現しています。

うれしくてうれしくて仕方がないとき、楽しいときに口笛を吹いてしまうような感覚でしょうか。とにかく上機嫌なときは首を上下に振っているので、そんな姿を見かけたらご機嫌だということです。

甘噛み以外の感情の表現3:髪の毛に触れてくる

これもインコを飼っている人にとっては「インコあるある」ですが、インコを放鳥して遊んでいると肩や頭に乗って髪の毛に触れてくる事があります。

髪の毛に触れてくるのは、飼い主に対する愛情表現と信頼を表している行動です。

仲間に対する毛づくろいのつもりで、髪の毛に触れてきます。インコの毛づくろいは愛情と信頼の証です。しかし、痛いぐらいに引っ張ってくる場合は、怒っていたりする場合もあります。

甘噛み以外の感情表現4:いたずらしてくる

インコがいたずらをするのは、基本的に「構って」の合図です。インコが飼い主にいたずらしてくるとき、インコではなく他のことに夢中になっていませんか。

そんなときに、「もっと構って」「もっと遊んで」と自分に注目を集めるためにいたずらします。

ただし、物をかじるのはいたずらではなくインコの本能です。インコは興味があるものはクチバシでかじって確かめようとします。かじられたくないものは隠しておくなど対策をしておきましょう。

インコの甘噛みは愛情表現

インコの甘噛みついてみてきましたがいかがでしたか。インコの甘噛みは飼い主に対する愛情表現です。インコは飼い主に対して深い愛情を示してきます。

甘噛みもそのなかのひとつですが、インコは他にも泣き声やしぐさなど全身を使って「好き」を伝えてきます。一度インコと生活すると、メロメロになる人が多いのはそんなインコの性格のせいではないでしょうか。

Related