Search

検索したいワードを入力してください

三毛猫のオスが生まれる確率とは?三毛猫のオスが少ない理由に迫る!

更新日:2020年09月21日

三毛猫とは白、黒、茶色の毛が混じった猫のとこです。三毛猫の毛の色を決める遺伝子が性別を決める染色体上にある関係で、オスの三毛猫は3万分の1の確率でしか生まれません。そんな希少なオスの三毛猫は、幸運を招くと言われ、招き猫のモデルにもなっています。

三毛猫のオスが生まれる確率とは?三毛猫のオスが少ない理由に迫る!

三毛猫とはどういう猫?

三毛猫とは、黒、白、茶の三色の毛を持つ猫の総称です。日本ではよく見かける三毛猫ですが、海外ではとても珍しい色柄の猫で、英語では「Calico cat」と言います。

ここでは、三毛猫の特徴や種類、オスの三毛猫が生まれる確率について紹介していきます。

三毛猫の性格と特徴

三毛猫は、丸顔に小さめの目と離れ気味の耳を持ち、鼻はピンクを持つ子が多いです。短めの手足とがっしりした体格で、尻尾は曲がっていたり短かったりすることも珍しくありません。

また、三毛猫はマイペースで好き嫌いが激しく、非常に猫らしい性格と言われています。「常に自分が一番でいたい」というお姫様のような性格なので、多頭飼いする場合には拗ねてしまわないように扱う必要があります。

三毛猫の性格と特徴

  • 丸顔で小さめの目、離れ気味の耳
  • 手足が短め、曲がり尾
  • マイペースで猫らしい性格
  • 警戒心がつよく簡単には心を開かない

三毛猫の種類

三毛猫は毛の模様によってトビ三毛、キジ三毛、縞三毛の3種類に分けられます。それぞれの種類にはどのような特徴があるのでしょうか?

以下では三毛猫の3つの種類を紹介します。

トビ三毛

トビ三毛は、大部分を白い毛が占めていて、ところどころに黒や茶色の毛があるタイプです。黒や茶色の毛が生えている場所は、頭やしっぽ、お腹や背中など個体によってさまざまです。

トビ三毛の性格は、神経質で好き嫌いが激しいと言われています。白い毛の猫は遺伝子疾患を持ちやすいことから、生き残るためにいつも神経をとがらせており、トビ三毛は白い毛の部分が多いため、このような白猫の性格を引き継いでいるのでしょう。

キジ三毛

2つめの三毛猫の種類はキジ三毛です。キジ三毛は、白、黒、茶色の毛が混じったキジトラ模様の三毛猫です。キジトラとは、お腹を中心に白い毛が生え、背中側にはこげ茶色ベースの毛に黒の縞模様が入った模様です。

他の三毛猫よりも三色の毛が生えていることが分かりにくく、茶と黒が混じった色にも見えるため、全体的にこげ茶の印象が強いタイプです。また、体全体が白っぽくパステルカラーな印象のキジ三毛もいます。

縞三毛

3つめの三毛猫の種類は縞三毛です。縞三毛は、黒と茶色の柄の中にしましま模様があり、色の境界がぼんやりしているタイプです。野良の三毛猫の中で、比較的多く見られる柄です。

縞三毛の性格は、他の三毛猫よりもおとなしく母性が強いと言われています。母性が強いために、自分の子供に危険が及ぶと全力で守ろうとする気の強い一面もあります。また、比較的運動能力が高いタイプと言われています。

日本では縁起物

三毛猫は、その三色のカラーから、日本では古くから縁起物とされ、招き猫のモデルにもなっています。

まずベースカラーである白は、「来福招福」という意味があり、清潔・純粋を連想させるため「幸せを包み込んで育てる」というイメージがあります。

また、黒には「魔除け厄除け」といった意味があり、茶は古くから「無病息災」の色として、麻疹や疱瘡の神が嫌う色であると信じられてきました。

オスの三毛猫の確率は低いって本当?

オスの三毛猫が生まれる確率は低いという話を聞いたことがありませんか。

ズバリ、それは事実です。では実際にはどれくらいの確率でオスの三毛猫が生まれるのでしょうか。また、なぜオスの三毛猫の確率は低いのでしょうか。

ここでは、オスの三毛猫が生まれる確率と、確率が低い理由を紹介します。

オスの三毛猫は3万分の1

次のページ:確率の低いオス三毛猫を見かけたら幸運が訪れるかも?

初回公開日:2019年08月20日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related