Search

検索したいワードを入力してください

やんちゃ猫が暴れるのを落ち着かせるしつけ方とは?有効な対処法を紹介!

更新日:2020年08月08日

猫を飼っている家では、猫が急に暴れだしたり、いたずらをしたりなど、猫のやんちゃな行為に困っていることがあります。猫が暴れるときには原因や理由があります。そのため、暴れないようにしつけをすることと、その原因を取り除いてあげることが重要となります。

やんちゃ猫が暴れるのを落ち着かせるしつけ方とは?有効な対処法を紹介!

猫が暴れる原因とは?

昔は家の外で飼われることもあった猫ですが、今では室内飼いが基本となっています。猫を室内飼いすれば、事故や迷子の防止や、衛生面など、いろいろな面でメリットがあります。

しかし、家の中で猫を飼っていると、急に暴れ出したり、いたずらをしたりなど、猫のやんちゃな行為に困ってしまうという飼い主も多いです。

急に猫が暴れたりなどするときには、暴れることを防ぐために、まずは暴れる原因を把握する必要があります。

夜行性による活動時間の違い

飼い主に合わせて生活リズムを変える猫もいますが、基本的に猫は夜行性なので、朝や昼などはのんびりと寝て過ごすことが多いです。

日中寝て溜め込んだパワーを家猫の場合は、野良猫のように狩りで発散したりすることがありません。そのため、夜になると急に元気になって家の中を走り回る猫もいます。

明るい時間帯はいつものんびりしているので、夜になって急に元気に動く猫を見て驚く飼い主もいますが、その夜に活発に動き回っている姿が猫としての本来の姿となります。

蓄積されたエネルギーが発散されるため

家猫は明るい時間を寝て過ごすことで溜めたエネルギーを、本来の活動時間である夜に狩りなどに使うことがありません。そのため、夜になると溜めたエネルギーを発散するために、家の中を走り回ることがあります。

しかし、中にはおとなしい性格で、エネルギーを発散しなくても良いという猫もいます。ですが、毎日少しずつエネルギーが蓄積されていくことで、猫のテンションが上がるようなきっかけが起こると、手が付けれらないほど暴れるようになってしまうこともあります。

大きなストレスを感じている

猫も人と同じで、生活リズムを乱されたり、嫌なことをされたり、生活環境の変化に対応できなかったりなどすると、ストレスが溜まってしまうこともあります。

猫がストレスを溜めてしまうと、そのストレスを発散するために家の中でいたずらや、暴れるなどしてしまうことがあります。

また、いたずらや暴れるだけではストレスが発散しきれずに、ストレスを抱えすぎてしまうと、攻撃的な性格になってしまい、猫が威嚇やひっかき、噛みつき、夜鳴きなどをするような凶暴な猫となってしまうこともあるので注意が必要です。

夕方から夜にかけて狩猟本能が働く

先に述べた通り、本来の猫は夜行性です。そのため、夕方から夜に活動が活発になります。また、猫には狩りをする生き物なので、その活動が活発になる時間帯になると、狩猟本能が出てきます。

当然ながら、家猫の場合は狩りを行わなくても飼い主からエサをもらうことができます。狩りを行わない代わりに、おもちゃや家の中にある物を獲物に見立てて、狩りをするように遊ぶことがあります。

猫が遊んで楽しくなってくると、家の中を走り回ったり、暴れることもあります。

暴れる猫を落ち着かせるためのしつけ方法5つ

広い外の世界で自由に動ける野良猫と違って、家猫の場合は行動範囲に制限があり、狩りなどを行うこともしません。そのため、溜まったエネルギーやストレスを発散させるために、家の中で暴れることもあります。

家の中で猫が暴れると、猫にとって危険なこともあったり、片付けも大変になてしまうこともあります。そのため、家の中で猫が暴れる場合には、落ち着かせるためのしつけをしておく必要があります。
しつけの方法適した猫の性格難易度
無視する 構って欲しがりやすい3
褒める褒めてもらいたい甘えたがり2
慌てない構って欲しがりやすい3
叱る気弱ではない4
臭いで対処する 臭いや音に敏感5

暴れる猫を落ち着かせるためのしつけ方法1:暴れていても無視する

猫が暴れているときに、猫が暴れることを止めようとして追いかけたり、捕まえたりなどする飼い主もいます。

しかし、その飼い主が自分のことを追いかけたり、捕まえようとしたりなどしていることを遊んでもらっていると勘違いしてしまう猫もいます。

自分が暴れると飼い主が構ってくれると覚えてしまう猫もいます。そのため、猫が暴れても無視して、飼い主は構ってくれず、暴れても意味がないということを猫に覚えてもらうようにしましょう。

しつけをするタイミング

暴れても無視するというしつけの仕方は、当然ながら猫が暴れているときに行います。最初は暴れる時間が長いこともあるため、片付けが大変なこともありますが、猫のしつけのためにしばらく我慢しましょう。

ただし、飼い主に構って欲しくて暴れる猫には効果のあるしつけ方法ですが、余ったエネルギーの発散や、狩りをするかのように遊んでいる場合などには、暴れても飼い主が止めないことで逆効果となってしまうこともあります。

暴れる猫を落ち着かせるためのしつけ方法2:おとなしい時だけ褒める

猫も人と同じで褒められると喜びます。そのため、おとなしいときに褒めるようにして、暴れるよりも、おとなしくしている方が飼い主に褒めてもらえるということを覚えてもらいましょう。

猫が褒めてもらいたくて、暴れることをやめることがあります。

飼い主に構って欲しくて暴れる猫であれば、上記で述べた暴れるときには無視するというしつけの方法と合わせて行うと良いでしょう。暴れることが無意味で、おとなしくしている方が飼い主に褒めてもらえると覚えてもらいましょう。

しつけをするタイミング

おとなしくしているときに褒めるのであれば、寝ているときではなく、起きているけどおとなしく座っていたり、走り回ったり、物を倒したり壊したりなどせずにお利口に遊んでいるときに褒めるようにしましょう。

どのようなときに、どのような行動をしていれば、飼い主に褒めてもらえるのかを覚えてもらうようにしましょう。ただし、おとなしすぎる猫は運動不足などにならないよう、健康面には注意を払ってあげましょう。

暴れる猫を落ち着かせるためのしつけ方法3:騒いで慌てない

暴れる猫を止めようとして、毎回追いかけたり、捕まえたりなどしていると、猫は飼い主に遊んでもらっているつもりになったり、暴れると飼い主に構ってもらえると覚えてしまう可能性があります。

そのため、猫が暴れても無視をすることが大切です。また、飼い主に構って欲しくて暴れる猫は、暴れながら飼い主の様子を見ていることもあります。

もし、無視をしていても、目線があってしまったり、騒いだり、慌てたりなどすると、構ってはもらえないが気にはしていると猫が判断して、構ってもらえるようにさらに暴れてしまうこともあります。

しつけをするタイミング

暴れる猫を無視するしつけの方法を取る場合、猫に行動を気にしていることを気づかれてはいけません。そのため、猫が暴れている間は、少し可哀想ですが猫を徹底的に無視するようにしましょう。

また、家を留守にしている間に、猫が暴れて家の中を散らかしたとしても、猫を無視して片付けをするようにしましょう。構って欲しいことが理由で猫が暴れている場合には、暴れることで構ってもらえると勘違いをさせてはいけません。

暴れる猫を落ち着かせるためのしつけ方法4:しっかりと叱る

飼い主に構って欲しくて、家の中を暴れる猫は無視をして、暴れても飼い主は構ってくれないということを覚えてもらわないといけません。

家の中で暴れている理由がストレス発散や、遊んでいるだけであれば、無視をしてしまうと、猫は暴れても飼い主は怒らないと覚えてしまい、逆効果となってしまいます。

そのため、遊んだりすることで暴れている場合には、しっかりと猫を叱って、いけないことをしていると理解してもらいましょう。人の言葉はわからなくても、飼い主が怒っているということは伝わります。

しつけをするタイミング

猫を叱るときは時間が経ってから叱っても、猫は何が理由で怒られているか理解することができません。むしろ、何も悪いことをしていないのに怒られたと思ってしまう可能性もあります。

そのため、猫が悪いことをして叱る際には、その場で叱る必要があります。悪いことをしたときに、すぐに叱ることで、今の行動で飼い主を怒らせてしまったと猫は理解をすることができます。

ただし、気の弱い性格の猫を叱ると飼い主のことを怖がってしまうようになるので、叱り方と猫の性格に注意しましょう。

暴れる猫を落ち着かせるためのしつけ方法5:くさい臭いで対処する

猫が暴れるときは、何かに夢中になっていることが多いです。そのため、夢中になっているものから、気をそらせることで、猫の動きを止めることができる場合があります。

猫の気をそらせるのであれば、臭いや音で反応させることが近く必要がないので効果的です。

匂いであれば、おやつなどの猫の興味を惹く臭いでも良いですが、これでは暴れるとおやつがもらえると覚えてしまう可能性があるので、異変を感じさせるようなくさい臭いの方が良いでしょう。また、臭いでしつけるためのグッズなどもあるので、利用しても良いでしょう。

噛みぐせノン

ローションタイプで手足に塗ることで猫から噛まれてしまうことを防ぐことができます。原料は天然香料ラベンダー、またたびエキス、ワサビエキス、マリンコラーゲンなどです。

ヒッカキノン

スプレータイプで猫に爪研ぎされたくない場所に吹きかけるだけで簡単に使うことができます。原材料は柑橘、木酢、山葵などで、猫の嫌がる複合臭で爪研ぎを防いでくれます。

暴れる猫が落ち着かない時に有効な対処法

家で猫が暴れる場合には、猫が暴れないようにしつけをすることも重要ですが、猫が暴れてしまう原因を把握して、その原因に対して対処して解消してあげることも重要です。

しかし、猫が暴れる原因や理由は猫によって異なります。また、対処方法にもいくつかの種類があります。そのため、対処方法は猫の暴れる原因や理由に合わせて実践してあげる必要もあります。

暴れる猫の対処方法

  • 運動させる
  • ストレスの原因を排除する
  • 生活リズムを合わせる
  • 首の後ろを優しくつかむ
  • スキンシップを取る

猫にたっぷり運動させる

猫は夜行性のため、明るいうちは寝たりなどしてエネルギーを蓄えています。しかし、家猫は蓄えたエネルギーを発散する場があまりありません。そのため、溜め込んだエネルギーを消費するために家の中で暴れることがあります。

もし、エネルギーの発散が理由の場合は、飼い主が遊んであげるなどして、暴れる前にたっぷりと運動をさせてエネルギーが余らないようにしましょう。運動をしていれば、エネルギーは消費され、疲れて暴れることもなくなります。

ストレスの元を排除してあげる

猫も人と同じで、ストレスが溜まると攻撃的な性格になってしまうこともあります。ストレスが原因で暴れている場合には、そのストレスの原因を排除してあげましょう。

猫のストレスは生活環境や、運動不足、飼い主の接し方など、いろいろな理由が考えられます。何が猫のストレスの原因となっているかは、一緒に生活をしている飼い主が一番よく分かるはずなので、早く見つけて解消してあげましょう。

人間の生活リズムに合わせる

本来、猫は夜行性です。そのため、夕方以降に行動が活発になります。しかし、人は夜行性ではないため、夕方以降は静かにゆっくり過ごすという人も多いです。

そのため、活発に動ける時間に飼い主が構ってくれないことで、猫が飼い主に不満を持ってしまうことがあります。

しかし、飼い主が明るい時間帯などに構ったりなどしていると、猫は飼い主の生活リズムに合わせることもあります。生活リズムが一致すれば、食事や睡眠、遊ぶ時間なども一致するため、飼い主への不満が解消される場合もあります。

猫の首の後ろを優しくつかむ

猫が暴れる場合には、猫を捕まえて叱るというしつけの方法があります。しかし、猫を叱る前に、まずは猫をおとなしくさせる必要があります。

猫は首の後ろを優しくつかむと、おとなしくなるという習性があります。これは母猫が子猫を咥えて持ち上げるときと同じ体勢で、おとなしくしなければならない体勢であるという名残からくる習性です。

猫の首の後ろをつかむと皮膚がよく伸びて、痛そうと思う人もいますが、このとき猫は痛みを感じることはありません。

スキンシップをして精神的に安心させる

飼い主とのスキンシップ不足が、猫が暴れる原因の1つになってしまうこともあります。飼い主のスキンシップがが不足することで、猫が精神的に不安を感じてしまうことがあるためです。

そのため、エサをあげるだけでなく、適度に一緒に遊んであげたり、撫でてあげたりなどスキンシップを取るようにしましょう。猫の精神が安定すると暴れなくなることもあります。

暴れる猫に適切なしつけをして落ち着かせよう

猫を飼っている家では、家の中で猫が急に暴れだしたり、いたずらをしたりなど、猫のやんちゃな行為に困ることがあります。

猫が暴れるのであれば、何か原因や理由があるはずです。そのため、暴れないようにしつけをして落ち着かせることと、その原因を取り除いて猫があんしんして暮らせる環境を作ってあげることが重要となります。

初回公開日:2019年08月09日

記載されている内容は2019年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related