Search

検索したいワードを入力してください

犬がしっぽを振る理由と気持ち・しっぽを噛む原因と対処法

更新日:2020年09月19日

犬のしっぽは犬が生活していくうえでの必需品です。犬はしっぽを使って感情を表現するだけでなく、動くときにもしっぽからの力に頼っています。そしてしっぽは折れやすいものでもあります。しっぽにはどのような機能があり、もししっぽがけがをしたらどうすればよいのでしょうか。

犬がしっぽを振る理由と気持ち・しっぽを噛む原因と対処法

犬のしっぽはどんなもの

デリケートな犬のしっぽ

犬のしっぽは非常にデリケートで、強く引っ張るだけで折れたり、けがで壊死することもあります。気をつけてあげてください。

犬のしっぽの機能

バランスコントロールや方向転換

犬のしっぽには、体のバランスをコントロールする機能があります。走っている時はしっぽが下半身の安定の役目を果たし、転倒を防止しています。方向転換には、しっぽを軸としています。

保温効果

犬は寒い時期には体を丸めて眠りますが、この時しっぽが布団のような役割をしています。鼻をしっぽに埋めて、冷たい空気を吸い込まないようにしています。

犬がしっぽを振る理由と気持ち

犬はしっぽで自分の感情を表します。犬がしっぽを振ると喜んでいる、という考え方が一般的ですが、実際はそれだけではありません。喜んでいると思いうっかり近づいて、威嚇されたという経験をした人は多いでしょう。犬はしっぽを振ることで、不安な気持ちを表現することもあります。

しっぽを振っているからと言って、必ずしも犬が相手に対して友好的な気持ちを持っているというわけではありませんので、注意をしてください。

犬のしっぽの振り方で感情を見分ける方法

しっぽを早く振っている時

犬が興奮状態になっています。しっぽの動きが早ければ早いほど、興奮状態が強くなっています。これは嬉しい場合によくあることですが、その興奮状態は嬉しさから来るものではない場合もあります。

犬に近づいた時に犬が歯をむき出して唸る、後ずさる、あるいはお尻を上げる体制で体を低くした時は絶対に無理に近づかないでください。興奮状態にある犬は、飼い主でも静止が困難な場合があります。興奮状態にあるほど力加減ができず、噛みつかれて大けがをさせられる可能性が高くなります。

腰を落としてしっぽを振る

愛情や尊敬を表現する時の状態です。飼い主に対する態度でよく見られますが、飼い主以外でも犬自身が気に入った人に対して行うことがあります。この時は非常に友好的な状態にあるので、犬に話しかけながら撫でてあげてください。相手に対しての愛情が深いほど、しっぽの動きも早くなります。

しっぽを水平状態にしてゆっくり振っている

犬がリラックスした状態にあります。人が好きな犬はこの時にも触って大丈夫ですが、飼い主以外には触らせたくないという犬は避けてください。気持ちを乱されて、突然怒り出す場合があります。

しっぽを水平状態にしている

次のページ:犬がしっぽを追いかける理由

初回公開日:2017年11月04日

記載されている内容は2017年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related