Search

検索したいワードを入力してください

ティーカッププードルが大きくなった?本来の大きさや正しい選び方

更新日:2024年05月06日

ぬいぐるみみたいで、どこにでも連れていきたくなるサイズ感のティーカッププードルは、があります。子犬のときに予想される成犬時のサイズというのは、必ずあたるのでしょうか。どんなところから予想するのでしょうか。興味がある方はぜひご覧ください。

ティーカッププードルが大きくなった?本来の大きさや正しい選び方

ティーカッププードルとは?

ティーカッププードルとは、紅茶のカップにおさまるほど小さいサイズのプードルという意味合いですが、この名称は正式な犬種名ではありません。

公式にプードルのサイズ別にをあらわすと、小さい順番にトイ、ミニチュア、ミディアム、スタンダードとなります。

ティーカッププードルは小型遺伝子をもつ個体を交配した結果できた、トイプードルよりも小さい、超極小サイズのプードルです。

ティーカッププードルの特徴

よく言われている、ティーカッププードルの体重2kg以下という基準は、正式なものではありません。

ですが、ティーカッププードルより一回り大きいサイズのトイプードルの平均体重3-4kgを踏まえると、ティーカッププードルの体重が2kg以下ということが目安になります。

外見については、ティーカッププードルの成犬を子犬と見間違えるほど、とても小さいサイズ感です。

ティーカッププードルは、プードルの中でも体重がとても軽く、体のサイズもすごく小さいという特徴があると言えるでしょう。

ティーカッププードルの性格

犬全般的に、体が小さいほど神経質な性格が多いと言われていますので、体が小さいティーカッププードルにもあてはまる部分があるでしょう。

ですが、平均的にはトイプードルと同じようにティーカッププードルは明るく好奇心旺盛で、社交的で飼いやすい性格の場合が多いです。

もちろん、性格には個体差がありますので、決めつけないようにしましょう。

ティーカッププードルが大きくなった!本来のサイズとは?

ダックスフンドを飼っている人の中でよくあるのですが、ミニチュアダックスフンドを飼ったはずがスタンダードダックフンドになった!という、予想外の成長です。

ティーカッププードルを飼ったはずが、どんどん大きくなった、トイプードルのサイズになった、という例もあります。

それは一体なぜなのでしょうか?トイプードルとの違いやティーカッププードル本来の大きさなどについて解説します。

ティーカッププードルの成犬の大きさ

ジャパンケネルクラブの基準によると、トイプードルのサイズについて体高が24-28cm(理想は25cm)とあります。

一般的に、ティーカッププードルはトイサイズより小さいサイズなので、体高はトイサイズの基準以下であると言えます。

あくまでも目安になりますが、ティーカッププードルの成犬のサイズは、体高24cmに満たないものと言えるでしょう。

ティーカッププードルとプードルの違い

プードルのをサイズで分類した名称で、トイ、ミニチュア、ミディアム、スタンダードがあります。

ちなみに、プードルの中で一番大きいサイズのスタンダードプードルは、平均的なデーターによると体高45cm-60cm、体重16-25㎏となります。

ティーカップの平均的なデーターの体高24cm以下、体重2kg以内と比較すると、同じ犬種なのかと思うサイズ差があります。

正式なサイズの名称ではありませんが、ティーカッププードルは、プードルの中の極小サイズといえるでしょう。

ティーカッププードルの正しい選び方

先にティーカッププードルの平均的なサイズについて触れましたが、ティーカッププードルの子犬が成犬になって大きくなったサイズは、予想できるものなのでしょうか。

ティーカップの子犬を選ぶ時にはどのような点を気にすればいいでしょうか。いくつかのポイントをご紹介しますので、ご参考になさってください。

ティーカッププードルの正しい選び方

  1. 両親のサイズを確認する
  2. 顔の大きさを確認する
  3. 首と足を確認する
次のページ:ティーカッププードルを飼う際の注意点

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related