Search

検索したいワードを入力してください

おしゃれな犬小屋を手作りしよう!安くて簡単なDIYキット6選

更新日:2020年09月15日

飼い主が「マイホーム」を手に入れると嬉しいように、ペットのワン君も「マイ犬小屋」を手に入れると喜ぶはずです。ただ、ワン君は犬小屋の建材やデザインについて自己主張しないので、飼い主としてはワン君の気持ちを忖度し快適に過ごせる居住環境を提供する責任があります。

おしゃれな犬小屋を手作りしよう!安くて簡単なDIYキット6選

愛犬が快適に過ごせる犬小屋とは

ワン君に手作りの犬小屋をプレゼントする場合、外見的におしゃれな小屋にこだわるばかりでなく、ワン君が快適に過ごせる設置場所・構造・材料などにも配慮する必要があります。

手作りの犬小屋で暮らすペットの健康管理において、直射日光・雨・風などから避けられる環境を選ぶことが大事なことです。また、自分で作る小屋を風通しの良い場所で湿気を防ぐことも犬小屋作りの耐久性の面から考慮すべきことです。

犬小屋のDIYキット6選

愛犬にかわいい犬小屋を作ることを一念発起するのは良いとしても、自ら犬小屋の建て方を勉強したうえさらに犬小屋の設計図まで引くことは飼い主にとっては難儀なことです。

愛犬の小屋自作を思い立った時は、まずは近所のホームセンターなどに出向き色々なメーカの犬小屋diyキットを見て廻ると良いでしょう。

もし自力で犬小屋自作ができる商品があれば、店員から犬小屋キットに関する作業のやり方などの情報を集めてから判断して下さい。

犬小屋のDIYキット1:コンパネ

手作り犬小屋の製作にはコストパフォーマンスの点から、コンパネ材料を使った自作小屋作りは見逃せません。

手作り犬小屋の大きさは犬種によって変わりますが、中型犬なら1.5枚のコンパネ材を使った組み立て小屋キットが安価に販売されています。

注文書(pdfデータ)をFAX送信するだけで裁断した材料が届きます。材料が届いたら日曜大工よろしく、電動ドライバーを使って組み立てとコンパネ塗装を行って下さい。

犬小屋のDIYキット2:ダンボール

安価で身近な材料のダンボールを使った簡単な小屋の作り方がありますが、材料がダンボールで風雨に弱いことから室内犬用の手作り犬小屋です。

なお、雨露がしのげるガレージの中に設置する場合は、屋外犬用として使用することは差し支えありません。

近場の100均ショップでダンボールだけを買い求めて簡単な手作り小屋の建て方もできますが、面倒であれば通販サイトを利用すると小屋キット激安商品も販売されています。

犬小屋のDIYキット3:厚板タイプ

大型犬にな簡単な手作りの犬小屋は、厚板タイプの2×4木造枠組み壁工法という犬小屋作り方の方法です。

この手作り犬小屋は、木材の骨組みをフレーム状のパネルにした6面体のツーバイフォー小屋自作という工法ですが、頑丈に作れるので大型犬の手作り犬小屋に適しています。

なお、この手作り犬小屋の組み立て方法は大きめの長いビスを使うため、電動のインパクトドライバーを使って組み立てると良いでしょう。

犬小屋のDIYキット4:カラーボックス

手作りの犬用の簡単な小屋の建て方には、ホームセンターなどで手に入りやすいカラーボックスを利用した方法があります。

この方法は手作りの犬小屋diy簡単キットを使用するのではなく、愛犬のサイズに合わせたカラーボックスを購入するだけの犬小屋作成の方法です。

カラーボックスの開口部を側面にするだけなので手間いらずですが、入り口にすだれを垂らすと狭いところが好きな犬の習性に訴求し喜んで使ってくれます。

犬小屋のDIYキット5:すのこ

室内犬用の小屋作り方簡単便利な方法は、木質感を楽しめるすのこ板を利用した愛犬の手作り小屋作り方です。

手作り犬小屋のベース部分にはカラーボックスを使い、上部のすのこ板をヒンジで固定すると観音開きの蓋として使用できる仕組みです。なお、上部に柔らかい木質感溢れる蓋があるとワン君も落ち着いて過ごしたり眠ったりできます。

犬小屋のDIYキット6:防音タイプ

室内犬用の日曜大工小屋の作り方の最後にご紹介するのは、マンションなどでも安心して飼える防音タイプの手作り犬小屋です。

防音タイプの手作り犬小屋は二重構造であり95dbの鳴き声を40dbまで軽減する防音性能があるため、屋外の騒音が気になる時は遮音できるメリットがあります。

昼間は開放し夜には扉を閉鎖できる構造になっていますが、犬の健康状態を損なわないように電動式の換気装置を備えているので安心です。

手作りグッズの作り方紹介

愛犬の犬小屋を探してもピッタリくる物に巡り会うことがありません。diyを利用すると日曜大工犬小屋設計図を作ってくれますので、犬小屋手作りににチャレンジしてみませんか。

手作り犬小屋のオリジナルキット商品を扱っている「犬小屋製作工房k」やdiyのための素材や工具を取り扱っている「ハンズマン」に行くと、屋外犬や屋内犬を問わず自分で作る小屋キットを必ず手に入れることができます。

設計図

diy初心者が愛犬のために手作り犬小屋を作るためには、手始めにインターネットから自分好みの設計図を手に入れ、ホームセンターなど材料を裁断してもらうのがです。

必要な材料や工具などもホームセンターで同時に入手できますが、分からないときは販売員によく聞いてからチャレンジしてみて下さい。なお、設計図を入手する際は、できれば展開図があるとさらに判りやすいです。

必要な材料・道具

設計図を基にした手作り犬小屋に必要な材料は、比較的加工しやすいベニヤ合板やコンパネなどがありますが、高級感を出すなら北米産のSPF材や日本産のヒノキ材が良いでしょう。

その他の材料としてビス・接着剤・塗料などがありますが、補強用の連結金具を選ぶと良い場合があります。なお、材料の組立はビス固定が一般的であり、簡易小屋作り方でも電動カッターや電動ドライバーは必需品です。

作り方・コツ

犬小屋の作り方において重要なことは、事前に設置する場所(屋外か室内)・構造(容積・耐候性・堅牢性など)・デザイン(彩色・配色など)を検討しておくことが失敗しないコツといえます。

基本方針を決めたら完成品の購入、キット商品の組み立て、完全なdiy手作りなどの選択肢があります。選択肢によっては、購入費用や製作時間がずいぶん異なりますので事前調査を十分にしておくことをします。

DIYするときのポイント3つ

愛犬の手作り犬小屋作りの楽しみ方は、犬舎の作り方やデザインや色彩を考えたり、使用する材料を選択するなどdiy作業の過程を楽しむことです。

最初から精度にこだわり過ぎたり完璧を追い求め過ぎると気が重くなり、そのうち興味が失せて放り投げてしまうことがままあります。少しばかり寸法を間違えてガタツキがあっても、いつも可愛がってるワン君なら決して嫌な顔をすることがありません。

DIYするときのポイント1:設計図を作る

特に屋外犬の犬小屋diyを楽しむためには、大きさや形状をイメージすることや必要な材料を手配するためにも設計図を描くことが必要です。

たかが犬小屋と行っても設計図を描くことはそう簡単ではありません。そんな時はネット検索するとたくさんの犬小屋設計図がありますので、気に入った設計図をプリントアウトして活用して下さい。

DIYするときのポイント2:床は丈夫に作る

屋外犬用の犬小屋作りで注意が必要なのは、太い床材を用いて丈夫に作ることが重要です。

犬小屋の床材は地面の近くで年中湿気にさらされることになり、長年使っていると徐々に腐食し細菌などの微生物が繁殖したりシロアリや団子虫が湧くことが心配されます。

その意味から、床材として耐水性のあるカラーコンパネなどの強度の強い材料を使うことをします。

DIYするときのポイント3:失敗も個性と考える

初めてdiyにチャレンジした場合、寸法を間違えて少々いびつな格好をした犬小屋ができたとしても、世界に一つだけの個性を持った作品だと考えれば自然と愛着が湧いてきます。

初心者がdiyを楽しむためには、はなから完璧なできばえを求めすぎないことです。diyの良いところは我を忘れて没頭するところにあり、日常生活で溜ったストレス発散の一つと考えても良いのではないでしょうか。

大切なペットに心のこもったDIY犬小屋で快適に過ごしてもらおう

我が家の大切な家族の一員である愛犬にとって、diy犬小屋で快適で健康的な生活を過ごすことは何より重要なことです。

diy犬小屋を作る時はサイズやデザインなどに目先が向きがちですが、それ以外にも堅牢性や居住性などにも配慮することが必要です。特に壁材や床材の選定にあたっては、有害な接着剤を含む合板の使用に注意が必要です。

初回公開日:2019年08月01日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related