Search

検索したいワードを入力してください

愛犬に快適な生活を与えよう!犬用ケージ11選

更新日:2020年09月15日

犬をかわいがっていても、「犬にはケージが必要」ということを知らない人が結構います。ケージは、犬を閉じ込める場所ではなく、犬がくつろげる場所なんです。本記事ではケージをご紹介しています。愛犬にもっとも適したケージを探しだしてください。

愛犬に快適な生活を与えよう!犬用ケージ11選

犬にとってケージはどんな意味がある?

犬をペットショップなどから迎い入れるとき、「ケージやサークルを準備しておいてください」と言われます。

ケージというと、犬を閉じ込める檻状のものを思い浮かべるせいか、ケージをしても抵抗を感じる飼い主さんもいます。

しかし、犬の習性や本能を考えると、ケージは犬が快適な生活を送るために必須なものであることが理解できるはずです。

犬のケージの種類

一般的に「犬のケージ」というと、本来の「ケージ」を指している場合もあれば、本来「サークル」と呼ばれるタイプの囲いを指す場合もあります。

ここでは、ケージの中に「サークルタイプ」と「ケージタイプ」というケージの種類があるという前提で、それぞれの特徴をご紹介します。

飼い犬のタイプや飼育場所の状況にあわせてタイプを選択しましょう。

サークルタイプ

ここではサークルタイプのケージを使うメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

ドッグサークルと呼ばれるタイプのケージは、側面のみで天井や床面がないタイプのケージです。製品によっては、床面や天井などを別売りで入手することも可能です。

開放的な感じのするケージですが、運動能力の高い犬は、ジャンプして脱走できるので、できない犬種もあります。

メリット:掃除しやすい

ドッグ用サークルは、いわば枠だけで、天井も床面もないので掃除が簡単です。サークルを動かして掃除をしたい場合に、壁面のみ動かせば済むことになります。

床にエサコーナーやトイレコーナーが作ってある場合、これらをちょっと寄せれば掃除ができてしまいます。

まめに掃除をするので、障害物をなるべく部屋に置きたくないという家庭にタイプです。

デメリット:崩れやすい

ペット用サークルは、床面と天井面がないので、壁面がしっかり固定されていない製品もあります。いわば、ついたてを立てているイメージのケージです。

片方向から強い力がかかることで、倒れてしまったり、本来の形を失って崩れる可能性があるのでやんちゃなワンちゃんにはできません。

大型犬や体重の重い犬が想定外の力をかけてしまったときに、サークルが崩壊する危険性はゼロではありません。

クレートタイプ

ここではクレートタイプのケージを使うメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

クレートタイプとは、持ち運び可能な、バッグのような形状の犬小屋で、住処というよりはあくまでも移動用の籠なので、ワンちゃんと一緒に移動することが多い人にです。

一匹が収まる程度の大きさなので、トイレや食事をするスペースは取れません。

メリット:持ち運びにもそのまま使える

クレートタイプは、持ち運び可能なように取っ手がつき、大きめのバスケットのような形なので、犬が中に入った状態で持ち上げて運ぶことができます。

移動に使用することを前提に作られているので、犬を中に入れて持ち運んでも、基本的に犬が傷つくことがないように設計されています。

大切なワンちゃんと一緒に長距離を移動するときにケージです。

デメリット:汚れた時の対処が大変

クレートタイプのケージの中で、犬がそそうをしてしまった場合などは、掃除が少し面倒です。

クレートタイプは、側面の1か所が出入り口になっていますが、その他の面はふさがれているので、汚れをすべて目で確認して取り除くのが困難です。

また、ケージの素材もプラスチック製と布製があり、布製の場合は汚れがしみ込んでしまうと、さらに掃除が難しくなります。

ケージタイプ

ここではケージタイプのケージを使うメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

ケージタイプと呼ばれるのは、床面・天井・壁があります。金属製が一般的ですが布製のモノもあります。小型犬用だと、大きめの鳥かご程度の大きさのものもあり、移動にも使えます。

エサの場所やトイレの場所など決められ、飼い犬に安住の場所を与えてあげることができるのでケージタイプです。

メリット:脱走を防げる

ケージタイプには天井も床もあるので、犬の脱走を防ぐことができます。どんなに活動量の多い犬でも脱走できないのでです。

天井があるので、閉鎖感があります。ケージに入るワンちゃんが動き回れる程度に、適度な広さのケージを選んであげましょう。

各種ケージタイプの中で、もっともタイプなので、状況が許す限りケージタイプの設置をします。

デメリット:物の取り出しが面倒

ケージタイプでは、天井も床も固定されていることから、奥にあるものをとる、ケージをくまなく掃除する、といったことが難しくなります。

掃除などのメンテナンスをしやすくするためにも、購入する際に、ケージの奥に手が届くか、または天井などを簡単に外すことができるかなど、確認しておくことをします。

ケージの選び方

ここでは、犬のケージを選ぶときに、考えてあげるべき選択ポイントをご紹介します。

犬のケージを選ぶときに、飼育環境など、飼い主側の都合で選んでしまう人もいますが、一番は、ケージを使う犬が快適に過ごせるかがポイントになります。

可愛がっている愛犬の視点も考えての、愛犬のケージ選びをします。

安全性で選ぶ

ケージは犬が長い時間をすごすこともある場所なので、ケージをなめたりかじったりする可能性もあります。有毒な素材が使われていないことをまず確認することをします。

素材が安全であっても、構造が考えられていないと、犬がぶつかったときなどにケージが倒れてしまったり、崩壊してしまったりする危険性もあります。構造も要チェックです。

広さで選ぶ

ケージの大きさは、犬の大きさに対して広ければ良いというわけではありません。かといって、身体にぴったりのサイズもではありません。

犬にとって安心できる大きさというのがポイントになります。ケージサイズの目安となるのは、伏せをしたときと立ち上がったときの犬のサイズです。

伏せをしても、脚がケージの外にはみ出さない程度の奥行と、立ち上がってもゆとりをもって方向転換できる高さと幅が必要です

掃除しやすいかどうかで選ぶ

愛犬を衛生的な環境で飼育してあげるために掃除は欠かせません。しかし、手の届かないところがあったり、掃除しにくい構造だったりすると、掃除がおざなりになってしまいます。

毎日掃除をしても苦にならない、掃除をしやすい構造のケージを選ぶようにしましょう。掃除のしやすさという観点だと、サークルタイプがです。

おしゃれかどうかで選ぶ

持ち運びに使うケージの場合は、持ち歩きに違和感のない適度なおしゃれさも必要になるでしょう。

また、おしゃれな部屋で飼うことを想定している場合も、部屋の調度品などとマッチしたケージを選びたいものです。

しかし、一番はワンちゃんが快適に過ごせるケージがであるということを忘れずに、ケージを選んであげてください。

犬のケージ11選

ここでは、愛犬が快適にすごせるケージをご紹介します。サークルタイプもケージタイプもありますが、それぞれのメリットを活かしつつ、よりデメリットを感じない商品がです。

愛犬がケージでくつろぐ姿を想像しながら選びましょう。また、きれいに保つためにも、掃除のしやすさも重要なポイントになります♪
商品名特徴価格掃除の楽さ
Hewfliペットフェンスパネルを結合させるだけで簡単に組み立てられ、パネルの追加による増設も可能\4,250
Wooce ベビーサークルゲートとしてもサークルとしても利用可能\12,999
ペット サークル 折りたたみ BIGWING サークル折りたたみ可能\3,999
アイリスオーヤマ ウッディサークル掃除しやすい素材でできたサークル\11,798
LEMKA ペットケージ移動にも使えるとってつき\4,580
アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ組み立て簡単なので、外出先へも持参できる\3,868
アイリスオーヤマ コンビネーションサークル追加連結可能で、ケージを増やすことができる\9,709
ペティオ (Petio) トイレのしつけが出来る ドッグルームサークルトイレトレーニングもできるケージ\12,971
アイリスオーヤマ リラックスケージかわいいドッグハウス型のドッグケージ\10,380
アイリスオーヤマ インテリアウッディサークルしっかりとした作りのドッグサークル\16,790
FEANDREA ペットケージ折りたたみもできる金属ケージ\6,120

犬のケージ11位:Hewfliペットフェンス

コネクタにパネルを差し込んでジョイントするだけの組み立てて、簡単に作り上げることができるサークル型のケージです。

お掃除のときは、組み立てたままでも簡単に掃除できますが、いったん分解して何もない状態にして掃除することも簡単にできます。いったん分解したパネルを水洗いするのも簡単。

常にきれいに保っておきたい人に商品です。

組み立て・分解が簡単

この商品のポイントは、なんといっても組み立て・分解が簡単なことです。組み立てと分解が簡単だと、気軽に分解掃除をしようという気にもなれます。

分解すれば、個々のパネルを水洗いなどで、気が済むまできれいにすることができるので、きれい好きなひとに一品です。

ただし、組み立てと分解が簡単な分、安定性は弱いので、重量級のワンちゃんにはあまりできません。重量級のワンちゃんには強度を足してあげましょう。

犬のケージ10位:Wooce ベビーサークル

部屋と部屋・廊下・階段との間を遮るゲートしても、多角形状のサークルとしても使えるベビーゲートです。

ゲートとして使う場合も、サークルとして組み立てる場合も、組み立ては簡単ですが、しっかりと安定するので、ドッグサークルとしての利用も可能になっています。

特に赤ちゃんも犬もいるというご家庭には「一石二鳥」の効果があるので、商品です。

サークルだけれどしっかり安定

この商品のポイントは、「サークルだけれど安定している」という点です。ゲートとして使う場合も、サークルとして使う場合も、組立てが簡単なのに、しっかりと安定します。

また、最近の家の内装に多い白を基調にしており、ゲートとしておいても、サークル型に組み立てておいても、部屋に調和します。

サークルが手狭になったらゲートとして使い、広い空間を愛犬にあたえてあげることができるという点でも商品です。

犬のケージ9位:ペット サークル 折りたたみ BIGWING サークル

本商品は折りたたみペットサークルです。子供用のプレイルームテントのような作りなので、安定性には欠けます。

安定性に欠けるといっても、床においたときに、少しふわふわしているといったイメージです。

自宅でのケージとして利用している人もいますが、外出時の車内用ケージや、出先で使用するケージとしての使い方がです。

携帯用のケージとして折りたためるので便利

本商品は、使用しないときは折りたたみサークルで、携帯時には専用バッグに収納して持ち運ぶことができます。

そのため、自宅で常に使用するケージとしてというよりも、車内設置や、行楽地で使用するケージとしての活用がです。

折り畳みサークルですが、天井部分がふたのようになっており、飼い主さんがのぞいたり、ワンちゃんを取り出したりできます。

愛犬を連れて行楽地にでかけることが多いご家庭にケージです。

犬のケージ8位:アイリスオーヤマ ウッディサークル

本商品は、安定感が心配されるサークル型ケージでも、サークルを固定させる上部の枠や、床部分を設けることで、安定感が確保されています。

床面がある分、サークル型ケージの利点である掃除のしやすさが失われそうですが、簡単に掃除をできる素材が採用されているので、心配ありません。

おとなしくいワンちゃんにサークルです。活発な子はジャンプして脱走してしまう可能性があるので、あまりできません。

強度と掃除のしやすさに配慮されたサークル型ケージ

本商品は、サークル型ケージのメリットである「掃除のしやすさ」を残したまま、デメリットである「不安定」な構造を克服したサークル型ケージです。

安定性を確保するために、不安定となる箇所を組み立て時に補強していますが、専用の部品を使うことで、組み立てを煩雑にすることなく実現させています。

強度確保のひとつとして、「床面」をあえて組み込んでいますが、滑りにくく、汚れが落ちやすい素材を採用し、面倒な掃除は省けるよう工夫されています。

犬のケージ7位:LEMKA ペットケージ

本商品は、中小型犬用として販売されているペットケージです。床面はトレーになっており、簡単に取り外すことができるので、掃除もとっても簡単です♪

このサイズだと、小型犬用としてです。普段の寝場所として使用し、旅行などのときはこのケージのまま連れ歩くことができるので、旅好きなご家庭にもです。

耐久性が高いので活発な子にも

四方が囲まれているケージであり、さらに、厚い亜鉛めっき鋼材が採用されているので、強力な硬さを持ち、抗圧性能が良い商品です。

活発に動き回り、ジャンプなども得意な子には、本商品のように頑丈な素材でできたケージがです。

ケージの重さは約5Kgあり、7.5Kgまでの犬に対する耐用があるので、犬を入れたまま持ち歩くことも可能です。

犬連れの車旅行のときも、いつものケージのまま犬を連れ歩くことができるので、犬のストレスをためずに済みます。

犬のケージ6位:アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ

本商品は、簡単に折りたたむことができる、携帯可能なペット用ケージです。組み立てというほどの作業もなく、広げればケージの形になります。

プラスチックや金属でできたケージと異なり、テント型のケージでは中でワンちゃんが何をしているか見えないという不安がありますが、本商品はメッシュ状なので観察できます。

折りたたみがとにかく簡単

折りたたんで収納するのも、収納から取り出すのも、とにかく簡単にできるように作られているケージです。

普段リビングなどで放し飼いにしていて、急な来客のときなどだけケージを使いたいと考えているご家庭にもです。

いつでもパッと取り出せるので、急な来客だからといって慌てることもなくなります。

折りたたみ式なのに、犬の水入れを取り付けることもできるので、しばらく愛犬を隔離する必要があるときに設計といえるでしょう。

犬のケージ5位:アイリスオーヤマ コンビネーションサークル

本商品は、「サークル」という名がついていますが、床部分があり、追加連結により天井部分も組み込まれるので、ケージ型と同じ強度が見込まれます。

トイレ付きのトイレトレーニングセットなどケージ種類を選ぶことも可能です。複数匹のワンちゃんを飼育している場合は、上下にケージを連結したり、横方向に連結したりできます。

好みの方向にケージを増やせる

複数のケージを連結することを前提に設計されているので、すでに複数の犬を飼育しているご家庭にも、これから増やそうと考えているご家庭にもケージです。

連結の仕方によっては、掃除が難しくなる可能性があるので、メンテナンスまで考えて、増設していくようにしましょう。

トイレ部分のトレイは引き出せないので、掃除のことを考えると、ベッドの下に敷くマットやトイレマットなど、飼い主さんが工夫しておくことをします。

犬のケージ4位:ペティオ (Petio) トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル

サークル型のケージとしては、床面も設置されており、天井はないものの、上部の形状も固定されるため、安定感があります。

トイレトレーニング用に、トイレスペースと住居スペースが分けられており、トイレの汚れは住居スペースには及ばないように工夫されています。

残念ながら、大型犬用サークルはなく、中型犬までのワンちゃんへのとなっています。

トイレを覚える工夫がされているケージ

トイレスペースと居住用スペースとが明確に分けられており、きちんと仕切りもあります。

トイレトレーニングをするワンちゃんのために、これからドッグケージを準備しようと考えている飼い主さんにです。

トイレスペース専用の取り出し口も、居住スペース専用の出入り口もあるので、ワンちゃんの出入りにも、飼い主さんが掃除などのメンテナンスを行う際にも便利に使えます。

超小型犬から中型犬まで対応できるサイズ展開がされています。

犬のケージ3位:アイリスオーヤマ リラックスケージ

無機質な感じの犬用檻といった見た目のケージではなく、布カバーのおかげで、とてもかわいい見た目のドッグハウスです。

布カバーは汚れそうですが、消臭・抗菌加工がされており、汚れてしまったら水洗いすることも可能です。どうしても汚れが染みついてしまったら、別売りの布カバーに交換可能です。

キャスター付きなので、簡単に動かすことができ、お掃除のときにも役立ちます。

布カバー付きだけど掃除もしやすい

本商品は布カバーで囲われているので、掃除がしづらそうに見えますが、カバーを外すと天面も開けることができるようになっています。

天面が開くので、上から覗き込む形で隅々まで掃除できます。布カバーも水洗い可能なので、お掃除のときには、まめに洗濯してきれいな状態を保ってあげましょう。

布カバーは、すっぽり囲うことも、全面を巻き上げて開けておくことも可能です。小型犬用ケージと中型犬用ケージがありますが、大型ケージのサイズ展開はありません。

犬のケージ2位:アイリスオーヤマ インテリアウッディサークル

本商品は、なんとなく木のぬくもりを感じるような色合いで、ワンちゃんもくつろぐことができるケージです。サークルという扱いですが天井も床面も設置されています。

四方が囲まれているので構造上もしっかりしています。天井部分の天面パネルは、犬グッズ収納場所として想定されているので、耐荷重は5kg以下です。

色合いが素敵なケージ

ドッグケージには、プラスチック製、布製、金属製などがあり、それぞれかわいい色やカッコいい色が工夫されていますが、本商品のように温かみを感じる落ち着いた色はレアです。

室内用なので、フローリングの色調とマッチしますが、畳の部屋においても畳にもなじむ色合いです。天面にはペットグッズ収納も可能です。

入口の開閉も大きく、トレーも洗いやすい素材なのでお掃除もしやすく、かわいい愛犬を常にきれいなケージで過ごさせてあげられます。

犬のケージ1位:FEANDREA ペットケージ

出入り口が2か所ある、しっかりとした金属製のペットケージです。

しっかりした作りながらも、折りたたみができるようという特徴を持っています。


犬用の柵部分は、加工がほどこされているためさびにくく、室外犬用のケージとしてもです。床面のトレーは、ケージの外から引き出せるので、掃除も簡単にできます。

しっかりした作りなのに折りたためる

写真で見た感じでは、かなりしっかりしたケージに見えます。実際に購入した人も「作りがしっかりしている」と評価しています。

それにもかかわらず折りたためるというのは、利用場面が広がり、家庭用だけでなく、外出用の利用も考えられます。家庭においても、ワンちゃん不在時や、部屋の掃除の際にたためるのは、かなりの利点といえないでしょうか?

犬の不在時など「ケージが邪魔!」と感じたことがある人にケージです。

愛犬に快適な生活を送ってもらおう

犬用ケージについては、「犬を閉じ込める場所」という誤った認識を持っている人もいますが、本当は犬がくつろぐことができる「リビング」の役目を果たしてくれるものです。

まだ犬用ケージを用意していないという飼い主さんは、さっそく愛犬のサイズや性格にあったケージを選んで与えてあげましょう。

愛犬が快適にすごすためのアイテムなので、必ず用意してあげることをします♪

初回公開日:2019年08月26日

記載されている内容は2019年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related