Search

検索したいワードを入力してください

犬用リード12選|選び方ポイントや商品を紹介!

更新日:2020年09月15日

犬用リードは、カラーもデザインも多く、どれを選んだらいいのかわからないという人も多いことでしょう。ここでは、リードの選び方のコツから商品までくわしくご紹介します。リードの購入を考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

犬用リード12選|選び方ポイントや商品を紹介!

犬にリードが必要な理由とは?

犬の散歩の時にリードは必ずつけるものですが、リードは単に犬をつなぐためだけではなく、大事な役割があることをご存知でしょうか。

飼い主の気持ちを犬に伝えるリードコントロールは、最も大事な役割です。飼い主の意思がちゃんと伝わるように、愛犬にあった素材や長さのリードを選ぶ必要があります。

散歩やドライブ中に、犬が勝手に動いて思わぬ事故に合わないように、愛犬を守るためにもしっかりとリード選びをしましょう。

犬のリードの種類4つ

ペットショップや通販では、犬のリードは種類も豊富でどれを選んだらいいのかわからないという人も多いことでしょう。

どのような場合にリードを使うのか、その目的によってリードの長さが異なります。ここでは、4つの種類のリードを詳しく説明します。

周りの迷惑にならないように、また大事な愛犬が事故に合わないように、リード選びの参考にしてください。

犬のリードの種類1:ロングリード

一般的なロングリードは、大体5〜8メートルぐらいですが、10メートル、20メートル、50メートルと非常に長いものまであります。

ロングリードは、おもに犬を屋外でしつける時にリードです。ここでは、ロングリードのメリットとデメリットを詳しく説明します。

犬のしつけの有無や、飼い犬の大きさを考えて選ぶ必要がありますので、この記事を参考にして最も飼い犬にあったリードをお選びください。

ロングリードのメリット

ロングリードのメリットは、犬がまるでリードをつけてないかのように自由に動き回れる点です。

郊外の広場や、広く危険のない場所で使う場合は、犬はおもいっきり駆け回ることができるので活動的な犬は大喜びでしょう。ボールやフリスピーを使った遊びを取り入れて、たくさん遊んであげましょう。

5メートルほどのロングリードは、犬と少し距離をとることができるので、おいでなどのしつけに使うときにです。

ロングリードのデメリット

長いリードだと飼い主の意思が伝わりにくく、犬のコントロールは難しくなります。そのため通常の散歩や、車の中での使用にはできません。

家が密集しているような公園や子供たちが遊んでいる場所での使用は、すぐに犬に命令が出せず事故を起こしかねないので、使用しないほうがいいでしょう。

ロングリードのデメリットは、犬に命令が伝わりにくく普段使いできない点です。

犬のリードの種類2:スタンダードリード

スタンダードリードは一番基本的なリードで、デザインや素材も豊富で、どの犬種にも使用できるリードです。

リードの片方を飼い主が手に持ち、一方は犬の首輪とリードをつなぐためのナスカンがついているのが一般的です。長さは、1.2〜1.5メートルのものが多いです。

ここでは、スタンダードリードのメリットとデメリットについて詳しく説明します。

スタンダードリードのメリット

スタンダードリードの一番のメリットは、その種類の豊富さでしょう。おしゃれなデザインが多く素材もさまざまで、飼い犬に合った色や太さのリードを選びことができます。

愛犬を連れて公園やカフェへのお出かけは、飼い主にとっても楽しい時間です。ドッグウェアに合わせて、リードを選ぶのも一つの楽しみになります。

種類も多く、値段も比較的安価なものが多いスタンダードリードは、使いやすくです。

スタンダードリードのデメリット

スタンダードリードのデメリットは、その種類の豊富さゆえに、間違ったリードを選んでしまうことです。

リードには、適正体重が設けられています。飼い犬の大きさに合わせた太さや強度のリードを選ぶことが大事です。

細いリードはスタイリッシュに見えますが強度が弱く、大型犬にはできません。間違ったリードを選ぶと金具が外れるなど重大事故になりかねないので気をつけましょう。

犬のリードの種類3:フレキシブルリード(伸縮性リード)

フレキシブルリードは、手元のスイッチでリードの長さを調節できるリードです。道路では短めにし、公園では長めにできるなど、場所によってリードの長さが変えられるので便利なリードです。

ここでは、フレキシブルリードのメリットとデメリットを説明します。安価なリードが多くよく目にするリードですが、気をつけないと周りに迷惑になることもあるので注意しましょう。

フレキシブルリードのメリット

フレキシブルリードのメリットは、場所によってその長さを手元のスイッチで簡単に変えられる点です。

公道ではリードを短めに持ち飼い主の横を犬が歩くようにし、公園では長めに持ち飼い犬をのびのびと動き回れるようにしてあげられます。

近くにドッグランや広いスペースがなくても、フレキシブルリードであれば、飼い犬は近くの公園で開放感を味わうことができます。

フレキシブルリードのデメリット

フレキシブルリードのデメリットは、急に犬が飛び出した時に、コントロールが難しくなる点です。操作に慣れておらず手元のスイッチの調節が遅れたり、飼い主がよそ見した時に飼い犬が急に飛び出すなど事故を起こしかねません。

また、リードがワイヤー製のものは見えづらく、リードを短くする時に飼い主が摩擦でやけどをすることもあります。

フレキシブルリードは使いやすいリードですが、慣れるまでは広い公園で使うことをします。

犬のリードの種類4:マルチファンクションリード

マルチファンクションリードは、名前のとおりさまざまなファンクションを備えたリードです。とても便利な使い方ができるので、使い方に慣れれば便利でなリードです。

ここでは、マルチファンクションリードのメリットとデメリットを説明します。素材やデザインも多いので、こだわりのある飼い主も満足の一品が見つかるでしょう。

マルチファンクションリードのメリット

マルチファンクションリードのメリットは、その機能の多様さです。スタンダードリードとしてはもちろん、マルカンを使用すればショートリードとしても利用可能です。

ショートリードと組わ合わせて、肩がけやタスキ掛けでハンズフリーにもなります。公園で手を洗いたい、荷物を取りたい、などちょっとした時にとても便利なのでです。

マルチファンクションリードのデメリット

マルチファンクションリードは、素材やデザインが豊富なので、自分の飼い犬に合ったものを選ぶのが難しくなります。

特に大型犬は力が強く、金具がはずれたりすることも考えられますので、飼い犬に合った強度のものを選びましょう。

また体にタスキ掛けをする場合は、大型犬の力では女性は引っ張られやすく危ないので、使用の際には気をつけましょう。

犬用リードの選び方5つ

犬用リードを選ぶ時のポイントは、人によってさまざまなです。種類や素材が豊富で、ファンクションもいろいろとありますので、ここではリードを選ぶ時のいくつかのポイントを説明します。

リードの一番の役割は、飼い主の意思を伝えるためです。リードを使う目的や飼い犬に適した強度を考えながら、自分好みのデザインを選びましょう。

犬用リードの選び方1:犬種に合わせた長さ・太さで選ぶ

犬用リードは、子犬のときに購入したものをそのまま使い続けている人もいるでしょう。犬用リードは、犬種に合わせた長さや太さを選ぶことがポイントです。

ここでは、犬用リードを選ぶコツを5つ紹介します。小型犬から大型犬まで、リードを選ぶときに考えるべき長さ、素材、ポイントを詳しく説明します。これからリードの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。
リードの長さ素材ポイント
小型犬1m未満布製、ナイロン製、革製細く軽いもの
中型犬1~2m布製、ナイロン製、革製デザイン重視でもOK
大型犬1~2mナイロン製、金属製丈夫なもの

小型犬の場合

小型犬は、軽くて素材の柔らかいものを選びましょう。小型犬の中には、足腰の弱い犬種もいますので、強く引っ張ったときに力が入りすぎると、飼い犬がけがをしかねません。

散歩もそれほど長い距離を歩く必要がないので、耐久性より、素材やデザインで選んでも大丈夫です。おしゃれなデザインのものがたくさん販売されているので、飼い犬に似合うものを選びましょう。

中型犬の場合

中型犬は、たくさんの運動量が必要な犬もいれば大人しい犬もいます。中型犬の場合は、個体差がありますので、まず自分の飼い犬について考えてみましょう。

元気いっぱいの飼い犬であれば、引っ張る力もそれなりにありますので、強度のあるものを選びましょう。

中型犬用のリードは、素材もデザインも種類が多いので、ドッグウエアにぴったりのリードを選んでもいいでしょう。

大型犬の場合

大型犬の場合は、まず強度を一番に考えましょう。性格の優しく穏やかなゴールデンレトリバーでも、引っ張る力はとても強いです。

大型犬は、成犬になると子犬のときに比べてずっと体格が大きくなりますので、成長に合わせて買い替えることをします。

特に力の強い犬種は、金属製のリードがです。周りの人たちに迷惑をかけないように、飼い犬の事故を防ぐためにも丈夫なリードを選びましょう。

犬用リードの選び方2:デザインで選ぶ

犬用リードは、たくさんのデザインが出ており、リード選びは飼い主にとって楽しみの一つです。値段も安いものから、有名ブランドの高いものまでさまざまです。

カラーもバリエーションも豊富なので、飼い主の好みのものを選びましょう。飼い犬の毛色にマッチするものを選ぶのも一つの方法です。

毎日の散歩が楽しくなるようなデザインを選びましょう。

犬用リードの選び方3:素材で選ぶ

リードの素材は、大きく分けて、布製、革製、ナイロン製、金属製の4つに分けられます。

布製リードは、カラーやデザインが豊富で値段も安いものが多いので、迷った場合はまずこのタイプのものが一番のです。

革製リードは使えば使うほど、手にしっくりと馴染む手触り感がポイントです。ただ、水に弱いのが難点です。ナイロン製リードは、耐久性に優れ安価なものが多いです。

金属製のリードは、とにかく丈夫さが特徴で大型犬にです。

犬用リードの選び方4:犬への負担や機能で選ぶ

犬用リードは、犬への負担や機能を考えて選ぶのも一つの方法です。肌の弱い犬もいますので、特に金属製のリードを選ぶ場合は大丈夫かどうか確かめてから使いましょう。

機能性の優れたフレキシブルリードやマルチファンクションリードは、普段使いもできますので、トレーニングが終わった飼い犬にぜひです。

機能性の優れたリードを使ってみると、散歩の楽しみも増えることでしょう。

犬用リードの選び方5:飼い主の使いやすさで選ぶ

犬用リードを選ぶときは、飼い主の使いやすさも大切なポイントです。犬用リードの一番の役割は、飼い主の意思を伝えるものなので、まず飼い主が握りやすく軽いものを選びましょう。

フレキシブルリードであれば、腕の動きに合わせてリードが伸縮するなど、機能的なものも多くです。

ライトが付いたもの、ゴミケースが付いたもの、さまざまなリードがありますので自分の使いやすいものを選んでみてください。

犬用リード12選

可愛い飼い犬との散歩は、飼い主にとっても楽しみの一つです。いくつか準備して、日によってシーンによって、異なるリードを使うという人もいることでしょう。

ここでは、犬用リードを12個ご紹介します。それぞれの商品について、特徴や価格、素材について詳しく説明しますので、リードについて知りたいという人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

犬用リード1:伸縮リード巻き取り式ドッグリード【Asika】

ワンタッチで、リードの伸縮やス有数&ロックが片手でできる便利な仕様のリードです。上質で耐久性に優れたナイロンロープはストレッチ性に富み、飼い犬の急な飛び出しで突然切れてしまう心配もありません。

取っ手部分は人間工学に基づいた設計でデザインされており、滑りくく握り心地がよいのもなポイントです。

リードも最長5メートルまで引き伸ばせることができ、十分な長さがあります。耐荷重が50Kgまで対応可能で中型大型犬にです。
商品名Asika
特徴軽量、高強度、ワンタッチ操作
価格2,360円
タイプフレキシブルリード
素材ナイロンロープ

軽量で使いやすく最長5メートルまで自動調整が可能

Asikaは、軽量で使いやすく、十分長く引き伸ばせる点が一番のです。手元のワンタッチでリードを伸縮できるので、操作の煩わしさはありません。

散歩だけでなく、公園で自由に遊ばせてあげたい、という飼い主にぴったりな商品です。公道を歩くときは、飼い主の横を歩かせる必要がありますが、広場ではのびのびとさせてあげましょう。

犬用リード2:伸縮リード巻き取り式ドッグリード犬用【WeinaBingo】

WeinaBingoの一番のポイントは、最長8メートルまで引き伸ばせる点です。公道では、短めに設定する必要がありますが、公園では、最大限に自由にさせられます。

また、リード部分は、ABS素材が使用され、優れた耐衝撃性も備わっています。40kgまでなら力の強い大型犬にも使用でき、もちろん中型犬や小型犬にも適しています。

人間工学に基づいたエルゴノミクス・デザインのハンドルは、滑りくくマットな仕上げでおしゃれにこだわる飼い主にも大満足な仕様となっています。快適な握り心地を提供しつつ、片手で簡単に操作できます。
商品名WeinaBingo
特徴高強度、ワンタッチ操作、最長8メートル伸縮可能
価格1,899円
タイプフレキシブルリード
素材ABSプラスティック

最長8メートル40㎏までの犬種に対応した丈夫な素材

最長8メートルと、フレキシブルリードの中でもこれほど長く引き伸ばせるものは少ないので、たくさん遊ばせたいという飼い主にな商品です。

また40kgまで対応できるので、ほとんどの犬種に使えるほど丈夫であるという点も安心です。WeinaBingoは、瞬時にブレーキがかけられるよう、ブレーキボタンを親指で押すだけという点も大きいポイントです。

犬用リード3:ドギーウォーカー犬用リード【ドギーマン】

ドギーウォーカー犬用リードは、超小型犬から大型犬までの4サイズ✕2カラーが揃ったシリーズです。平ヒモタイプのリードで、ヒモ全長が反射材になっており、夜の散歩をサポートします。

ボディーカラーは、シックなパールカラーで上質感があり、ヒモ部分と同じカラーでとおしゃれな色合いとなっています。

大きめのボタンを押すとロックされ、もう一度押すとロックが解除になります。フリーの状態では、ヒモのたるみを防ぐ作りなので、動き回る犬に絡まることもありません。
商品名ドギーマン
特徴4サイズ✕2カラーの豊富なサイズ展開、ワンタッチ操作
価格1,001円〜1,458円
タイプフレキシブルリード
素材ナイロン・ポリプロピレン

SSからLLまで揃ってるおり成長に合わせたサイズ選びが可能

超小型犬用のSSサイズから大型犬用のLLサイズまで揃った、豊富なサイズ展開が魅力的な商品です。

ハンドルは、どのサイズでもしっかりと握りやすい作りになっており、ハンドルの内側には、滑りにくい素材が使用されています。

歩行時の腕の動きにあわせて使いやすいように、ハンドルやボタンが設計されているので、飼い主の腕や手首に余計な負担がかからず、長めの散歩でも心地よく使えます。

犬用リード4:丈夫な犬用リード【ALIPET】

活動的な中型犬や大型犬にとても丈夫な犬用リードです。登山用のヒモと、優れた耐久性能のフックが採用され、耐荷重は460kgと大型犬が引っ張っても大丈夫な作りになっています。

長さは155cmで、公道での散歩に適していながら、また公園でゆっくりと自由に動き回るのにも十分な長さになっています。どのシーンでも、飼い犬をコントロールするのにバランスがいい長さです。

カラーも6色揃っており、明るい色を選べば、デザイン的にもおしゃれでです。
商品名ALIPET
特徴高耐久性、夜光材質
価格599円
タイプスタンダードリード
素材ナイロン

スポンジ取っ手で持ちやすく夜光設計だから夜道も安心

大型犬にも適した頑丈さながら、取っ手部分は触感のいいスポンジで手に優しく、飼い犬の急な引っ張りにも手がやけどすることはありません。

ヒモ部分は夜光材質採用で、夜の散歩中にも自転車や人にぶつかるなどの事故を防ぐことができます。

コストパフォーマンスもよく、とりあえず丈夫なリードを探している人にな商品です。

犬用リード5:ペット用スリップリードロープ 【GrandLine】

GrandLineは、首輪とリードが一体化された設計で、飼い犬の首にストッパーを通し調節して使用します。ハイキングやジョギングのときに、さっと取り出して使えるなど、携帯にとても便利なリードです。

リードの太さが、0.6cm、1cm、1.4cm、と3種類ありますので、飼い犬の大きさに合った太さを選びましょう。スライド式なので、首元の調節で飼い犬も苦しくならないように設計されています。

光に反射する糸が使用されているので、夜道の散歩でも安全です。アウトドアが好きな活発な飼い主にな商品です。
商品名GrandLine
特徴豊富なカラー展開、夜光材質、
価格1,399円
タイプスリップリードロープ
素材ナイロン

ペットのしつけに便利でカラーバリエーションが豊富

GrandLineは、特にリーダーウォークのトレーニングになリードです。丈夫でしなやかな素材が使われ、持ち手部分もしっかりとしており、握りやすく手に馴染みます。飼い犬の急な動きでも手が傷つくことはありません。

カラー展開が豊富なので、お気に入りのカラーが見つかるでしょう。首輪が苦手な犬にもさっと取りつけられるので、毎日のお散歩が楽しくなります。

犬用リード6:ペットハーネス&リードセット【SINGPET】

SINGPETは、通気性のよい材質で飼い犬にも快適な作りになっています。汚れても簡単に洗えすぐに乾くので、普段使いにぜひ利用したいハーネスです。

背中の部分が3М反射フィルムなので、夜にも光が照射されると反射するので、夜道での散歩の事故を防いでくれます。

サイズもXSからXLまで豊富で、カラーも4種類あります。サイズを選ぶときには、胴回りサイズを参考に選びましょう。毛の長い犬は、毛を少し手で押さえてから測りましょう。こだわりのある人にな商品です。
商品名SINGPET
特徴簡単着脱、夜光素材、通気性がよい
価格1,299円
タイプハーネス&リード
素材ナイロン

ハーネスデビューにシンプル設計

首回りと胴回りのサイズを調節し、ストッパーを止めるだけで着脱ができます。着脱が簡単なので、ハーネスデビューの犬にです。

ロック機能が付いており、ボタンを押すとロックされ、飼い犬が活発に動いてもハーネスが抜け落ちることがありません。

さらに、飼い犬の体に触れる部分は柔らかく、摩擦によって皮膚が痛くなることがないので、皮膚の弱い犬にです。

犬用リード7:小型犬用ロングリード10m【ザ・ブラックラブカンパニー】

犬用グッズ専門店、ザ・ブラックカンパニーのオリジナル商品で、一つ一つ職人さんが丁寧に手作りで制作しています。

訓練競技中の紐なし脚側行進時に、ナスカンとリングを接続し、身体にタスキ掛けして使用できるので、両手が空きとても便利な点がです。

ナスカンは、2種類の大きさがあるので、飼い犬にあった大きさのものを選びましょう。体が小さくても力の強い犬には、大きめのナスカンをします。ナスカンは、飼い犬の不意な動作で外れることがあるので、注意して使いましょう。
商品名ザ・ブラックラブカンパニー
特徴最長10メートル、豊富なカラー展開
価格2,980円
タイプロングリード
素材ポリエステル+ゴム

カラバリ豊富で軽くて丈夫な定番ロングリード

ザ・ブラックラブカンパニーのリードは、30センチから10メートルまでたくさんの種類があります。普段の散歩から、トレーニング用の10メートルロングリードまで、いくつか購入しシーンによって使い分けるのもです。

カラーも豊富なので、お好きなものを選びましょう。リード部分は、ラバーリードになっており滑りにくく手に馴染みます。摩擦によって手を怪我することもありません。

犬用リード8:2019年最新・伸縮ドッグリード【JuneLady】

巻き戻し数が30,000回から50,000回に1.6倍以上アップした最新版のリードです。 最大引張力が驚異の221kgとなっており、特に大型犬にです。

ワンタッチ式の操作でス有数やス有数解除がスムーズにでき、自分の好きな長さに簡単に調節できます。最大5メートルまで自在に伸縮し、飼い犬が自由に動けるようにサポートします。

さらに巻き戻ししやすいように、絡まりにくい収納口がついており、飼い主が気楽に使えるように設計されています。
商品名JuneLady
特徴高強度、ワンタッチ操作
価格1,680円
タイプフレキシブルリード
素材ナイロン

カラーで高強度の中大型犬向けリード

飽きのこないカラーのハンドルは、防衝撃性や耐久性のあるABS素材で作られており、手にフィットして持ちやすい点がです。

リード部分は丈夫なナイロンが採用され、厚く広いので犬が遊んで噛んでも切れる心配がありません。

ハンドル部分は軽くワンタッチ式で操作が行えるので、フレキシブルリードを初めて使う人にも安心して利用できるのでです。

犬用リード9:優れた耐摩耗・耐久性の犬用リード【HOUSMART】

5メートルまでの伸縮機能付きで、手元でスムーズに収納できます。従来品に比べてよりコンパクト、軽量になり、さらに使いやすくなりました。

リード部分は、丈夫なナイロン素材が採用され、より厚くなり耐摩耗性も優れています。今までの商品に比べて、切れにくく絡みにくくなり、長時間の散歩で使用するのにです。

持ち手は、程よい硬さのラバー素材が使用され、フィット感がよく滑りにくい構造です。40kg以下の犬に対応可能で、小型中型犬にです。
商品名HOUSMART
特徴軽量、ワンタッチ操作、ゴミケース付き
価格1,388円
タイプフレキシブルリード
素材ナイロン

頑丈なブレーキ機能とゴミケース付きで普段使いに

ロックとロック解除が、手元の操作一つのボタンで簡単にできます。巻取り式の伸縮リードは、飼い犬を遠くからコントロールできるようになっています。広場や公園で使いたいという飼い主にです。

ハンドル部分にゴミケースが付いているので、排泄物を処理するときにすぐにビニール袋を取り出せて便利です。マナーを守りながら、ペットライフを楽しみましょう。

犬用リード10:手首式伸縮リード【VSTYLE】

手首にマジックテープで取り付けて使用する伸縮リードです。最長3メートルまで引き伸ばせるので、飼い犬も十分自由に動き回ることができます。

ハンズフリーで使用できるので、電話していても荷物を持っていても邪魔になりません。さらに本体部分は180グラムしかなく、手首への負担はなく、ジョギングなどスポーツを一緒に楽しみたいという飼い主にです。

伸縮リード部分は、ヨーロッパより輸入した落下傘用ナイロン素材が使用され丈夫な作りになっています。高品質で優れた耐久性の商品です。
商品名VSTYLE
特徴手首式伸縮リード、夜行素材
価格2,280円
タイプ手首式フレキシブルリード
素材ナイロン素材

手首につけるリードでハンズフリー

フレキシブルリードには珍しく、手首に取り付けて使用するリードです。マジックテープでの装着なので、緊急で外したいという場合も簡単に取り外すことができます。さまざまな手首の太さに調節できるので、性別に関係なく使用できます。

リードの長さを固定するカードにリード部分を引っ掛ければ、好きな長さに設定できます。耐荷重は30kgまで可能で、小型中型犬にです。

犬用リード11:ライト付き伸縮リード【Makife】

最長5メートルまで引き伸ばせるフレキシブルリードで、飼い犬も開放感を味わうことができる長さです。耐荷重は20kgで、小型中型犬にです。

リードの伸縮はダブルキー操作になっており、大きなボタンを押すとリードは固定し、小さいボタンを押すとリードを巻き戻すことができます。ロック&ブレーキがワンタッチ操作で簡単にできるのでです。

ハンドル部分は、握りやすいグリップ様式で、普段の散歩に便利です。さらに便利なゴミケース付きで15個のエチケット袋を内蔵しています。
商品名Makife
特徴LEDライト付き、ゴミケース付き、軽量
価格1,598円
タイプフレキシブルリード
素材ナイロン

ライト付きで夜の散歩をサポート

明るいLEDライトが付いており、夜でも安心して散歩が楽しめます。ライトは固定されていて、片手でリードの操作と懐中電灯の操作が楽にできるなリードです。

働きながらペットを飼うとなると、夜の散歩が多くなりがちです。ライトが付いていると、排泄物の処理にも便利で、安全性も高まります。

夜の散歩が多いという人には特に商品です。

犬用リード12:2頭引き伸縮リード【Makife】

2頭飼い用の伸縮リードです。それぞれが、最長3メートルまで長くなり、ロックボタンでヒモを長くしたり巻き戻したり、片手でワンタッチ操作できるようになっています。

耐荷重は22kgで、小型中型犬用です。ヒモ部分は、密度が濃い耐久性抜群の素材が使われ、十分な強度があり安心して使えるのでです。

ヒモ部分は、緑とオレンジのカラーで、おしゃれな飼い主も満足できるデザインです。2頭飼いでも飼い犬を自由に遊ばせたいという飼い主にです。
商品名Makife
特徴2頭引き用、ワンタッチ操作、高耐久性
価格3,229円
タイプフレキシブルリード
素材ナイロン

多頭飼い用リード

手元に4つのボタンがあり、それぞれのボタンでロック&ロック解除します。伸縮リードのナスカン部分が360℃回転する作りになっているので、2匹の飼い犬が動き回ってもリードが絡まることはありません。

2頭一緒の散歩は、飼い主の負担も大きくなりますが、手元のボタンで簡単に操作できるのでです。

多頭飼いでも、毎日の散歩は必須ですので、少しでも負担が軽くなるリードを選びましょう。

可愛い愛犬に合ったリードを選ぼう!

犬用リードを選ぶときは、まず散歩のときにどれぐらい飼い犬を自由にさせてあげたいのか考えます。それから、飼い犬に対して十分な強度のあるリードを選ぶようにしましょう。

デザインもカラーも種類が多く、選ぶのに迷ってしまいますが、毎日使うものなので自分好みのものを選びましょう。

散歩は、飼い犬との大事なコミュニケーションの一つです。散歩の時間を楽しめるように、この記事で商品をぜひ試してみてください。

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related