Search

検索したいワードを入力してください

便利な犬の水飲み器12選!用途別に商品を紹介

更新日:2020年09月15日

犬は毎日たくさんのお水を飲みます。なので水飲み器選びはとても重要です。今は、片手で携帯できるものや、お水がおいしくなる器、循環式と種類はさまざまです。愛犬の体型、年齢、家を留守にする頻度など、犬の健康のためにも目的にあった水飲み器を選んであげましょう。

便利な犬の水飲み器12選!用途別に商品を紹介

犬の水飲み器の必要性

そもそも、犬はどのくらい水を飲むのでしょうか?犬は“犬の体重(kg)×50~60(ml)”が水分摂取量の目安とされています。

例えば4kgの犬だと、4kg×50~60=200~240ml 飲むということになります。最低でも500mlの半分は飲むということになります。

筆者も3kgのチワワを飼っていますが、夏は得に水を多く飲みます。1日で500mlのペットボトルがなくなるほどです。

1日にたくさん水を飲みますので、水飲み器は室内でもお散歩中にも必要となってくるでしょう。たくさんの種類の水飲み器から、愛犬にあったものをみつけてあげましょう。

水飲み器の種類

犬はたくさん水を飲むので、水飲み器は必需品です。ではどんな種類があるのでしょうか?

犬の水飲み器といっても、ただのお皿だけではありません。使う場所や犬の気を惹かせるもの、最新機能がついたものなど、色々な種類がでているんです!

これから、さまざまなシーンで役に立つ、基本的な水飲み器の種類をご紹介いたします!

お散歩にも便利な携帯用水飲み器

お散歩のときは、運動量も多く夏は特に気温も暑いので、犬はたくさんお水を飲みます。なので、お皿となる軽くてコンパクトな水飲み器が必要となるので、必ず準備してあげましょう。

お散歩で使う水飲み器は、リードを手から離せないので、片手で使えるものが便利です。その他では、折りたたみ式のお皿型もあります。

外で使うものなので汚れやすいです。簡単に洗うことができるものが、衛生面に優れていてです!

家用に便利な陶器製の水飲み器

家用には重みのある陶器製の水飲み器がです。

室内ですと、犬が走り回ってぶつかってしまったり、何かの衝撃でいつの間にか倒れてこぼれてしまっていたなんてこともあります。そんなことがない様に、安定感のある水飲み器だと、飼い主さんもストレスがなくなります。

家用は長い時間使いますので、清潔を保てる陶器がよいでしょう。

自動で給水する機械式の水飲み器

家を留守にする時間が長い飼い主さんに特になのが、自動機械式の水飲み器です。

自動機械式の水飲み器には、2種類あります。“循環式”と“ウォーターディスペンサー型”です。

“循環式“は、タンクに入れた水をポンプで循環させて抗菌フィルターで常にろ過している状態なので、いつでも新鮮でおいしい水が飲めます。

“ウォーターディスペンサー型“とは、ろ過する機能はなく、愛犬が一定量の水を飲むと自動給水される仕組みになっています。そのため、機能が少ない分循環式に比べるとコスパがいいです。

何を優先するかで、どちらの自動水飲み器を使用するか考えて購入しましょう。

犬の水飲み器の選び方

次のページ:ペットの犬の水飲み器12

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related