Search

検索したいワードを入力してください

犬用ハーネスの付け方を解説!ハーネスの種類や商品15選

更新日:2020年09月16日

犬の散歩に欠かせないものは首輪とリードですが、最近は犬用ハーネスがとても注目されています。
それはハーネスを使用するほうが安全性の高いこと快適であるということです。ハーネスの複雑な付け方に不安を感じる人も、ここで付け方の紹介もしますので合わせてご覧ください。

犬用ハーネスの付け方を解説!ハーネスの種類や商品15選

犬用ハーネスの種類

犬用のハーネスはさまざまな種類や形状のもがあります。犬のタイプやサイズ、性格や年齢などによっても、ハーネスはそれぞれに対応したものが商品化されています。

例えば次のようなものが基本的なハーネスの種類です。

ハーネスの種類1:ソフトハーネス

ソフトハーネスというのは、一般的なハーネスとは違って胴回り全体を覆うベストのような形状になっています。そのため犬の首や喉などの負担を和らげる効果があります。

ですから子犬や小型犬など気管が弱い犬や、またシニア犬などにもとてもやさしい素材と形状になっているのです。

身体にぴったりとフィットしていますが、犬の行動を妨げることはなく、圧迫感もありません。犬にとってもとても安全で快適なハーネスといえるでしょう。

付け方は頭と前脚を通すだけのシンプルな付け方です。誰でも安心して使えます。

ハーネスの種類2:ベストハーネス

犬用のベストハーネスは、ベルトタイプのハーネスとは違って、生地の面積が多いため、力の負荷がかかる場所がひとつに集中せず、分散されるところに大きなメリットがあります。

引っ張り癖のある犬だと、どうしても首輪やベルトのあたる部分に大きな負荷がかかってしまいます。ベストタイプだとそういった心配はなくなります。

また生地が多い分、いろいろとオシャレを楽しむこともできます。

形状はH型や8の字型などのものがあり、ハーネスの付け方は首から通すものや足から通すものなど、それぞれの形状によって異なります。

ハーネスの種類3:ベルトハーネス

ベルトハーネスは、ハーネスの基本的な形状となります。ベルトタイプのハーネスには色々な形状があります。目的や犬の状態などによって、どのハーネスにするかを選びましょう。

またハーネスによっては付け方が複雑なものもあります。初めてハーネスを装着する方は、何のためのハーネスかをよく考えた上で決める必要があります。

購入をしたけれど、付け方が難しすぎて犬が馴染んでくれず、結局使えなかったということになってしまってはいけません。

ハーネスの種類4:介護用ハーネス

介護用のハーネスは、シニア犬や病気や怪我で思うように身体を動かすことのできない犬のために、考案されたハーネスです。

付け方はいたってシンプルで、柔らかな素材の生地で包み込むようにして胴体部分をお腹からのせていきます。

見た目はバッグのようになっていて、リードではなく飼い主が下げるようにして持つことができる取手がついています。

お散歩の途中で何かあった場合でも、飼い主が持ち上げて運ぶことが可能です。前脚または後ろ脚だけが不自由な犬のために、動かない脚を吊り上げて支えるハーネスもあります。

犬用ハーネスのメリット

犬用ハーネスを使うことのメリットについて考えてみました。

特に次の2つがあげられますが、基本的には、犬の安全と快適に過ごすことができるということにその答えがあるのです。

ハーネスのメリット1:脱走防止

引っ張り癖のある犬や、逃亡癖のある犬には、ハーネスは最適です。

ただし、付け方を間違えると、ゆるくてすっぽりと脱げてしまうこともあるので、使用する際には間違えないようにしっかりと注意事項を確認して装着するようにしましょう。

ハーネスの付け方は首輪とリードに比べるとかなり難しいですし、装着する際に慣れていなければ犬に嫌がられる可能性もあります。

しかし、しっかりとつければちょっとやそっとでは脱げることはありませんし、脱走はほぼ不可能になります。

ハーネスのメリット2:気管支の保護

首輪とリードを使用していると、特に小型犬や子犬、また引っ張り癖のある犬だと、首に大きな負担がかかってしまいます。力の負荷が首にだけ集中してしまうことが大きな原因となります。

首に負荷がかかりすぎると、気管支を傷つけてしまったりすることがあります。

その点ハーネスは力が分散されますので、体への負担があまりかからなくなって、そのような危険はかなり軽減されます。付け方さえ間違わなければとても安全で快適です。

犬用ハーネスの付け方

犬用のハーネスの種類はとてもたくさんあります。タイプによってもいくつかに分けられますが、犬の種類やサイズ、また何のためにハーネスが必要かによって選ぶようにします。

それぞれのタイプのハーネスの付け方を見てみましょう。

付け方1:H型ハーネス

H型の犬用ハーネスは一般的なハーネスで、実に色んな種類のものがあります。大きな二つの輪を二本のベルトで繋いだもので、まさしくHの形をしています。

手ごろな価格ものから素材や用途によって高価なものまで存在します。

付け方は前脚をそれぞれの輪に通して装着するだけでとても簡単ですが、脚に触れられるのを嫌がる犬には不向きと言えるでしょう。

ただ慣れてしまえば次第に問題は解決しますので、根気よくしつけていくのも大切です。

付け方2:8の字型ハーネス

8の字型の犬用ハーネスは、二つの輪がちょうど背中の部分で結合された形になっており、まさしく8の字の形状になっています。

8の字型ハーネスの付け方は、ひとつの輪を頭から通して首からかけて、もう一つの輪はお腹を通して反対側へと回して装着します。

そして長さを調整して、バックルで止めるだけのとても簡単な構造となっています。

バックルやデザインなどによって多少の違いはありますが、首にかけて装着する付け方であれば、8の字型のハーネスとなります。

付け方3:ベスト型ハーネス

ベスト型の犬用ハーネスは、その名の通り、ハーネスがベストの形になっています。そのため、ベルト型のハーネスとは違って、肌に触れる生地の面積が広いものとなります。

つまり力がさらに分散されて、犬の身体への負担がさらに減ります。とても犬にやさしいハーネスです。そのため、弱い子犬やシニア犬、病気や怪我をしている犬などには最適です。

生地のデザインもさまざまなため、オシャレを楽しむこともできます。タイプはH型や8の字型などさまざまな種類がありますので、付け方もそれぞれに合わせて行います。

犬用ハーネスの注意点

犬用ハーネスは首輪とリードに比べると、圧倒的に犬にとっても飼い主にとっても安全で快適です。

しかし、付け方を間違っていたり、それぞれの犬に合ったりしたものでなければ、かえって危険で負担になってしまうことがあります。

注意点1:すっぽ抜け

犬用ハーネスが、その犬のサイズにちゃんと合っていないものであったり、付け方を間違えていたり、甘かったりすると、散歩の途中ですっぽ抜けてしまうことがあります。

ハーネスを購入する際は、見た目だけで決めるのではなく、ちゃんと犬に合ったものを探すようにしましょう。

かならず購入する前には、合わせてみることと、付け方や使い方についてはしっかりと確認しておく必要があります。

散歩の途中ですっぽ抜けはとても危険です。大切なワンちゃんを守るためにも、基本的なことはしっかりと守りましょう。

注意点2:摩擦

犬用ハーネスのサイズがちゃんと合っていなかったり付け方が甘かったりすると肌に触れるベルトや生地の部分が動くたびに、がくがくと擦れてしまうことがあります。

それがずっと続くと犬の肌を傷つけてしまうことになりかねません。

ハーネスのサイズはしっかりと確認をして購入することが必要で、また、ハーネスの肌に触れる部分の構造や生地にどのようなものが使われているか、しっかりと確認しておくことも大切です。

犬の肌によって合うものと合わないものがありますので、購入する際はしっかりと合わせてから購入するようにすべきでしょう。

犬用ハーネスの活用法

首輪とリードよりも安全で信頼性も高く、また飼い主にとっても犬にとっても快適なアイテムである犬用ハーネスですが、そのほかにはどのような活用法があるのでしょうか。

また楽しみ方はあるのでしょうか。

活用法

  1. リードをつけていない時に捕まえられる
  2. トレーニングやリハビリの時に体を保定できる
  3. ファッションとして楽しめる

活用法1:リードをつけていない時に捕まえられる

まだしつけがちゃんとできていない犬だと、リードを放してしまったら、呼んでもなかなか戻ってきてくれません。

捕まえようにも、小さな子犬や小型犬ならまだなんとかとらえることもできますが、中型犬以上ともなると、首輪だけでは持つところも少なくて至難のわざとなります。

しかしハーネスをつけていると、手で持つ部分がたくさんありますので、捕まえやすくなります。そして強く持ってもそれほど体に負担がかかりません。

活用法2:トレーニングやリハビリの時に体を保定できる

体の弱い子犬やシニア犬、また病気や怪我をしている犬などの、歩行補助としてもハーネスは大きな役割を果たしています。

付け方を間違わなければ、付けているだけでも体を安定させてくれます。歩行のトレーニングやリハビリの際には飼い主がしっかりと横についており、犬は安心して歩行することができます。

またいつでも飼い主が手助けすることができることも、お互いにとって大きな安心へとつながります。

活用法3:ファッションとして楽しめる

犬用ハーネスには実に様々なデザインのものが商品化されています。機能を重視するのはもちろん大切ですが、せっかくなのでオシャレも楽しみたいものです。

商品もそれら顧客のニーズに合わせて、機能プラスデザインの充実をはかったものが次々と誕生しており、ひとつの用途でも選ぶのはひと苦労です。

洋服の上からも装着することが可能なものも多く、組み合わせを楽しむこともできます。

犬用ハーネス商品15選

犬用ハーネスはとてもたくさんものが商品化されています。どれが自分が飼っている犬にとってベストなのか、本当に迷ってしまいます。

ここに商品を15選あげてみました。参考にしてみてください。

1:胴輪 ソフト 首輪 簡単着脱 調節可能 歩行補助 引っ張り防止 咳き込み軽減【Rabbitgoo】

「Rabbitgoo 犬 ハーネス 中型犬 13.5-22.5KG」は、SからXLまでの4つのサイズがあり、金額は1,999円です。

表地はオックスフォードを使用しているためとても丈夫で、内側はスポンジメッシュ素材で柔らかく通気性もいいため、とってもやさしく、また肌が擦れることもなくピッタリフィットし付け方も超簡単です。
サイズ素材価格
商品詳細SからXLまで4つのサイズ表地はオックスフォード 内側はスポンジメッシュ 1,999円

2:老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用【ペティオ】

「ペティオ (Petio) 老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用 」はS、M、L、2L、3Lの5つのサイズがあります。値段は2,222円です。

シニア犬が年とともに足腰が弱ってきたときや、病気や怪我をしている犬の歩行補助として使用するハーネスです。

オス・メスともに排泄が可能な形状となっています。付け方も面ファスナーとタッチバックルによってとても簡単です。

素材は裏表ポリエステルで軽量素材で、抗菌・アンモニア消臭のメッシュとなっているため、通気性もよく、快適で安心して使用できるようになっています。
サイズ素材価格
商品詳細S、M、L、2L、3Lの5つのサイズ裏表ポリエステルで軽量素材2,222円

3:ハーネス 犬 胴輪 小型犬 中型犬 大型犬 四点調節 咳き込み軽減【Pettom】

「Pettom ハーネス 犬 胴輪」はS,M,L,XLの四つのサイズがあります。金額は2,380円です。

胸の部分と背中の部分がパットになっており、引っ張り癖のある犬などには、体への負担が軽減されて快適です。

ハーネス本体は、ナイロン素材でふわふわのパットが何重にもなって縫製されているためとても丈夫です。

またサイズの調整は4箇所でできるようになっており、それぞれの犬の微妙な大きさにも対応できるようになっています。付け方も簡単です。
サイズ素材価格
商品詳細S,M,L,XLの四つのサイズナイロン素材2,380円

4:丈夫な犬用ハーネス 犬ハーネス ハーネス【JC HOUSE】

「JC HOUSE 丈夫な犬用ハーネス 5-10KG」は小型犬用45-60㎝、中型犬用55-75㎝、大型犬用70-99㎝の3つのサイズをそろえています。金額は1,480円から、となっています。

付け方はスポーツタイプのハーネスに比べると、簡単に装着することができます。また犬の動きを制限しませんし、快適で安全です。

通気性に優れた材質で、洗っても色落ちせず、型崩れも防止されています。OUKO専門認証のミシン糸を採用しており、とても丈夫でタフな良品質素材となっています。
サイズ素材価格
商品詳細小型犬用45-60㎝、中型犬用55-75㎝、大型犬用70-99㎝の3つのサイズ通気性に優れた材質1,480円から

5:THAIN 犬 ハーネス 小型犬 中型犬 犬用ハーネス

「THAIN 小型犬 中型犬 犬用ハーネス ベストハーネス」のサイズはXS、S、M、Lの4種類となっています。金額は1,059円です。

表地はポリエステル100%の素材で、裏側は通気性が優れていて、またやわらかで犬の肌にやさしいクッションメッシュ素材を使用しています。

軽くて快適なパッドがついていることと、何箇所かで長さの微調整ができることも特徴です。ワンタッチ式になっており付け方もらくらく簡単です。
サイズ素材価格
商品詳細XS、S、M、Lの4種ポリエステル100%1,059円

6:PoyPet 2018犬ハーネス

「PoyPet 2018犬ハーネス ハンドル付き」のサイズはXS,S,M,L,XLの5サイズとなっています。金額は2,399円です。

付け方は、首回りに一箇所と胴回りに2箇所のバックルがあり、細かな体型の調節をすることができます。

どんな犬でも体にぴったりとフィットするため、より快適で安全に使用することができます。

表面の素材はオックスフォードを使用しており、内部は通気性とやわらかさに優れたスポンジメッシュが使用されています。
サイズ素材価格
商品詳細XS,S,M,L,XLの5サイズオックスフォードを使用2,399

7:犬用ハーネス 20-36KG 犬用 ハンドル付き【Petshy】

「Petshy 犬用ハーネス ハンドル付き」はS、M、Lの三種類のサイズがあります。金額は2,390円です。

首回りと胴回りに二箇所ずつ、調整できるようになっており、どんな犬にでも100%体にフィットすることができるようになっています。ハーネスの付け方は誰でも簡単にできます。

表地は丈夫なオックスフォード素材を使用し、内側には柔らかくて肌触りの良いスポンジメッシュを使用しています。
サイズ素材価格
商品詳細S、M、Lの三種類オックスフォード素材2,390円

8:犬用ハーネス【cocomall】

「cocomall 犬用ハーネス 犬用胴輪 ドッグ ペット用品 ハーネス 3M反射材料 訓練 ナイロン製 小型犬、中型犬、大型犬に向け 通気性 調節可能」はXS,S,M,Lの四種類のサイズがあります。

カラーバリエーションも豊富です。金額は2,399円です。

3M反射ステッチが入っているため、光に反射する素材となっており、夜にライトで照らすとよく目立ちます。夜の散歩でも安全で安心して行くことができます。

ハーネスの素材は高級なオックスフォードの素材を使用していて、肌触りもよく摩擦によって肌をいためることもありません。付け方もそれほど難しくはありません。
サイズ素材価格
商品詳細XS,S,M,L高級なオックスフォードの素材2,399円

9:犬用ハーネス フロントレンジハーネス【RUFFWEAR】

「[RUFFWEAR(ラフウェア)] 犬用ハーネス フロントレンジハーネス 」はXS,S,M,L/XLの4種類のサイズがあります。金額は5,832円です。

ハーネスの素材は420デニール・ナイロンリップス有数で軽くて体にやさしい生地となっています。付け方は、首を通したあと、バックルで装着することができ、とても簡単です。

RUFFWEARは犬用アウトドアのブランドで、ハーネスはとてもがあります。アウトドアでももちろんですが、普段使いにも使いやすい形状、デザインとなっています。

4つのアタッチメントで細かい調整が可能です。
サイズ素材価格
商品詳細XS,S,M,L/XL420デニール・ナイロンリップストップ5,832円

10:iikuru 犬 ハーネス 小型犬 中型犬 犬用 リード いぬ 胴輪 子犬 引き紐 ペット 首輪 デニム x734【iikuru】

「iikuru 犬 ハーネス 小型犬 中型犬 犬用 リード いぬ 胴輪 子犬 引き紐 ペット 首輪 デニム x734」のサイズはM,Sの二種類です。子犬や小型犬、中型犬までの対応となっています。

金額は1,580円です。

ベストタイプのハーネスで良質でやわらかいデニムの生地で作られており、通気性もよく犬の体をやさしく包み込むようにフィットします。

付け方は、足をいれるだけで簡単に装着することができます。
サイズ素材価格
商品詳細M,S良質でやわらかいデニムの生地1,580円

11:Rant Bell(ラント ベル) 小型犬 ハーネス リード セット ドット柄 かわいい 肉球【Rant Bell(ラント ベル)】

「Rant Bell(ラント ベル) 小型犬 ハーネス リード セット ドット柄 かわいい 肉球 」のサイズはS,M,Lの三種類があります。金額は1,380円です。

ドット柄と肉球のマークが特徴のベストタイプのハーネスです。内側の生地はクッションメッシュ素材を使用しており、通気性もよく肌触りも快適です。

胸全体をカバーしているため、犬の体への負担を軽減してくれます。付け方は、頭を通して、前脚を通すだけで簡単に装着することができます。

背中の金具でサイズを微調整することができます。
サイズ素材価格
商品詳細S,M,Lクッションメッシュ素材1,380円

12:Ranphy 超小型犬 小型犬 猫 胴輪 ハーネス リード セット 通気性 可愛い ドット柄 クラウン フラウンス付き【Ranphy】

「Ranphy 超小型犬 小型犬 猫 胴輪 ハーネス リード セット 通気性 可愛い ドット柄 クラウン フラウンス付き」はサイズが豊富です。

S(胸囲32㎝、犬の体重は0.5-1㎏),M(胸囲34㎝、犬の体重は1-2.5㎏),L胸囲(42㎝、犬の体重は2.5-4.5㎏),XL(胸囲50㎝、犬の体重は6.5-8.5㎏)の4種類があります。

金額は1,317円です。通気性のいいエアメッシュ素材の生地です。子犬や小型犬、また猫や小さな動物にも適しています。

サイズについては測定値を考慮する必要があるため、他のハーネスのサイズに合わせて購入すると合わない場合があるので注意しましょう。付け方も簡単です。
サイズ素材価格
商品詳細S(胸囲32㎝、犬の体重は0.5-1㎏),M(胸囲34㎝、犬の体重は1-2.5㎏),L胸囲(42㎝、犬の体重は2.5-4.5㎏),XL(胸囲50㎝、犬の体重は6.5-8.5㎏)の4種類エアメッシュ素材1,317円

13:【Tona】犬ハーネス 猫ハーネス リード セット ペット用品 デニム 猫 小型犬 中型犬 服 牽引ロープ安全 調節可能 軽量 通気 簡単脱着式 ソフト お散歩 春 秋 星【Tona】

「【Tona】犬ハーネス 猫ハーネス リード セット ペット用品 デニム 猫 小型犬 中型犬 服 牽引ロープ安全 調節可能 軽量 通気 簡単脱着式 ソフト お散歩 春 秋 星 」のサイズはS,M,Lです。

金額は1,320円からです。デニム素材で通気性がよく、とても軽い素材のハーネスです。胸全体をカバーしていて犬への体の負担も少なく、付け方も簡単です。

デニムの生地と星の柄がかわいく、アウトドアでも普段使いでも大活躍のハーネスです。サポート体制も万全で、安心して使用することができます。
サイズ素材価格
商品詳細S,M,Lデニム素材1,320円から

14:KINLO ハーネス&リードセット 散歩 が楽しくなる選べる カラフルくま柄 胸あて式 犬用リード 小型犬 介護 ハーネス ソフト 軽量 クッションメッシュ 首輪 胴輪 おでかけ 安心安全 丈夫ペット用品【KINLO】

「KINLO ハーネス&リードセット 散歩 が楽しくなる選べる カラフルくま柄 胸あて式 犬用リード 小型犬 介護 ハーネス ソフト 軽量 クッションメッシュ 首輪 胴輪 おでかけ 安心安全 丈夫ペット用品 」はS,Mのサイズがあります。

金額は352円です。裏地はやわらかく通気性もいいクッションメッシュ素材です。付け方も簡単で、洋服のようにおしゃれなデザインが特徴のいいハーネスです。
サイズ素材価格
商品詳細S,Mクッションメッシュ素材352円

15:LeafIn ペット ハーネス 首輪 リード セット 犬用 ベスト 牽引ロープ ペット用品 中小型犬 猫 散歩 お出かけ用 ワンちゃん 簡単脱着式【LeafIn】

「LeafIn ペット ハーネス 首輪 リード セット 犬用 ベスト 牽引ロープ ペット用品 中小型犬 猫 散歩 お出かけ用 ワンちゃん 簡単脱着式 」はS,M,Lの三種類となっています。

金額は1,080円です。

クッションメッシュ素材で、通気性がよくソフトな素材で犬の体にやさしいハーネスです。付け方は足を入れるだけで簡単に装着することができます。

チェック柄でとてもオシャレで洋服感覚を味わうことのできるハーネスです。
サイズ素材価格
商品詳細S,M,Lの三種類クッションメッシュ素材1,080円

犬用ハーネスの正しい付け方で愛犬を守ろう

愛犬が安全で快適に散歩するためにも、ぜひハーネスを使ってみましょう。ハーネスは付け方が少し複雑ですが、慣れれば問題ありません。

またハーネスは正しい付け方をしなければ、かえって危険です。しっかり練習し、付け方を覚えてハーネスを快適に使いこなしましょう。

ハーネスには色んな種類や形状があります。用途やデザインなどから選ぶのも大切ですが、愛犬に合ったものをよく吟味して選ぶようにしましょう。

初回公開日:2019年08月28日

記載されている内容は2019年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related